ブログへの訪問、
ありがとうございます♡



ココロ重視で育てたい♡
子育て心理カウンセラーの古澤加奈恵です


このブログでは、
幼稚園教諭の経験や子育て心理カウンセラーの知識を活かし、
ココロ重視の子育てをしている私自身の子どもたちとの日々や
子育てへの私の思いなども含め、
心の育て方や関わり方のコツを織り交ぜながら、更新しています♡


※私がお伝えしている子育ては、
人格形成や心の育ち、成長のことになります






いつも、いいね!や読者登録、
とっても嬉しいです♡
ありがとうございます♡

これからもどうぞ、よろしくお願いします♡


宝石赤記事まとめ宝石赤
子育てのコツ
なぜ、心を育てることが大切なのか?
我が家の子育ての日々
私の頭の中のつぶやき
クライアントさんからの感想


ベル我が家のファミリー紹介ベル

グラサン穏やかで優しくて平和心の持ち主である父
ニコニコ豊かなココロを育みたい母
ほっこり小心者だけど意外と頑固な長男坊(3歳2ヶ月)
ウシシ自己主張強めで、声が大きい次男坊(1歳9ヶ月)











みなさんは、
しっかりしている子や手がかからない子って言われたら、
どんなイメージですか?







おとなしかったり、
聞き分けがよかったり、
大人の言うことをよく聞き、指示に従ってくれたり、
飲み込みが早く、教えたらすぐできるようになったり、
そんなイメージかな?





ついなんでもできてしまうから、
つい言えばわかってくれるから、
つい飲み込みが早いから、
だから、 親も
もう、自分でできるよね。と言ったり、
言わなくても、わかるよね?と思っていたり。




そんな風に、
大人もつい知らず知らずに、その子を早くひとり立ちさせてしまっていたりする

{8E580903-42F8-4138-AB11-B3B2327EEC99}


技術面だけじゃなく、気づかないうちに、
心まで早くひとり立ちさせてしまっていることがあります






大人が、きちんと意識していないと、
しっかりしている子や手のかからない子の心を、
見落としてしまうことがあるんです






子どもは、
どんなにしっかりしている子でも、
やっぱり甘えたい気持ちや構って欲しい気持ちは持っています







だけど、
しっかりしているから、自分である程度できてしまうし、
下の子がいたりすると、
ママに自分まで甘えたら、ママが大変だからと
我慢していたりすることもあります






私が幼稚園の先生をしていた時、
いろいろな子どもたちと関わる中で、感じたこと。





しっかりしている子や手がかからない子は甘えるのが下手だということ。

{C32DA184-A9E6-413E-9D25-D77A5DFF076E}



甘えたいのに、甘えられなかったり、
出来なくても、なんとか自分で頑張ろうとしたり、
手助けして欲しいのに、手伝ってって言えなかったり。







少し大人びてて、我慢することが上手だったりします






小さい頃からしっかりしていて、
教えるとすぐ覚えてくれてたり、
話すとすぐ理解してくれる子ほど、
甘え下手で、我慢強いように感じました

{D305EF07-A801-42F4-B61D-7FB388004F32}


つい大人も、何でもできてしまうし、
話せば何でもわかってくれるので
きょうだいがいる場合やママが忙しい時など、
あなたならできるでしょ?
あなたなら、わかるよね?
とその子が甘えを出す前に、その気持ちを抑えてしまう





だけど、
その子は、心の中に
【ママと一緒にしたい】
【ママと一緒にいたい】
そんな思いを秘めていることがあります






だから、
ときにはママのほうから、甘えさせてあげることも大切だと思います

{CECFCD7A-1A02-4F82-B299-FB854E5989C6}


我が子がしっかりしている、
あまり手がかからない、
育てやすいほうだと思ったママは、
ときにはママの方から
『ママと一緒にしよう』とか『ママのところにおいで』と、
声をかけ、お子さんを自分から誘ってみるといいかもしれません




ほんのささいなことでも
ママが自分に意識を向けてくれたことや
ママと一緒にできるということ、
ママが自分を誘ってくれたということは、子どもの心を満たしていくものです

{CD51E997-28F4-4D46-9297-7BD85A85AAC3}


そして、
しっかりしている子には、ママも自然とその子に求めるハードルが上がっています





だから、
自分でしてね
自分でできるよね?
とひとり立ちをさせてしまうのかもしれないですね




その子に求めるハードルが高いから、できないことがあると
なんでできないの?
なんでわからないの?
と思い、否定的にとらえてしまいがちになる可能性があります





手のかかる子は、
できないだろうと初めから思っているから、
できなくてもあまり落胆しないですよね?
そもそも求めているハードルが低いから。



だけど、
しっかりしていて、手のかからない子は、
ママも初めからできるものだとハードルをあげているから、
できなかった時の落胆が大きくなる

{58DDB87A-AF6F-41E1-BCD8-F29E22D964DE}


だけど、
ママの期待に応えたい子どもは、
ママの落胆する姿に傷つき、ママの期待に応えられなかった自分に落ち込み、
自分はダメなんだと自分のことも否定してしまうんですよね





しっかりしていて手のかからない子に気をつけることは、
【時々その子の甘えを引き出してあげること】
【できないことがあっても温かく認めてあげること】
なんじゃないかなぁと思います





きょうだいがいたりすると、
やっぱり手のかかる子に目がいくし、
手のかからない子は、確実に
ママの目が向けられている時間が、少なくなる






上の子より
下の子の方に手がかかるように、
関わっている時間も
手のかかる子の方が多いですよね?





だからこそ、
手のかからない子ほど、
声をかけ、心をしっかり見てあげることが大切だし、
心を満たしてあげるように気にかけておくといいのではないかなと思います

{50B6FEF7-94FE-417E-A1E7-FC5D0D62EE0B}