2005年07月12日

叩く子供

テーマ:子育て

娘の 保育園に 無差別に たたく子供がいます


娘は 案の定 朝 保育園行きたくないーーがはじまり


私としては 対応策を考えてみた



「今度 その子が 叩いてきたら 叩きかえしな」



そういうと 娘は目を見開いてうなずいて 起き上がった



保育園の 担任には 連絡ノートで


「叩かれたら 叩き返しな と言ってます


娘が叩いても 謝らせないで下さい 先方の親とは 戦う覚悟があります」


と書いておいた



夕方 迎えに行くと 担任の先生がいて その件について話てきた


「今 その子には たたいてはいけない と教えてるとこなので 



他の子供達には 言葉で やめてというように 言っています



叩かれたら 先生に言いなさい と言ってるので



叩いたら 叩きかえすのは どうかと思います」 と言われました




「たしかに 先生が見てくれるのが理想ですが 見てないところでやられるのだから


子供にとっての防御は 必要だと思います」 と言い返した



(だって この間なんて パンツにウ○チを べっとりついてて


明らかに 拭いてもらってない というのが あった)



先生との話は 娘が他の友達と一緒に帰りたい とせかされ 中断されて


話は 途中になってしまいましたが



一緒に帰った子の親に聞くと やはり叩かれる やめてといってもやめないらしい





おかしな話だな としみじみ思ったのは


叩かれたら 先生に 逃げる という 事が すでに起きてしまってからの対応


ここは 警察か?問題が 起きないようにするには どうしたらいいか


は あまり考えないのだろうか


子供達は 意味もなく 叩かれ続けていて それを我慢しろ ってことだね



実際 自分もその子に 叩かれたけど  むかついた



今度やられたら 叩いてやろうと 思ってる



娘が その子の親の前で 叩かれたのを見た


親は 怒らなかった   むかついた





叩かれる痛みは 知った方がいい



私は この問題を解決するため 断固 戦います!




AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

ヒデカさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

5 ■あきらめないで

ヒデカさん、こんばんは、今日のお二人の文章を読んで私なりに考えて見ました。文章で読む限り相手方のお子さんの家庭に問題がありそうです。幼稚園の先生も一応幼児教育のプロです。娘さんはこれからの人生、いろんな事があるでしょう。娘さんの人生最初の社会の試練だと考えて、幼稚園での問題の解決にはしばらく、幼稚園の先生に任せたらどうでしょうか。

4 ■言ったんですよ

担任に言ったんですが‥‥
担任は自分が言ったこと憶えていなかった‥‥
むしろ最悪なのは、「パパいなくて寂しいね、って先生言った?」
と、娘に確認したこと‥‥

ダメだこりゃあ、と思いました。

3 ■わかるわかる

私も身をもってわかってもらうっていうのはやります。
「こんなことされたらほうら痛いでしょう?」ってね。他人、特に子供がいない人に対して叩く叩かないのはなしはなかなか通じないのは現実ですね。私も肯定はしませんが場合によってはありだと思います。
「おとうさんいなくて・・・」の話は、私だったら直接抗議する!園長も同席させて話をします。子供の心が傷つくのは許せない!

2 ■ありがとう

maicoさん、長文ありがとう

確かに戦闘体制のために、先生に通じなくなっています。
しょうがない、ここは悪役に転じて先生方に危機感を持っていただこうと思いました。

担任の先生は明るいのか軽いのか、あまり危機感を感じない先生で、
娘に、「パパいなくて寂しいね」 と言ったらしく、娘は傷ついてた事がありました。
悪気がないものって、どうなんでしょう?
私は娘が手を出してた頃に、同じ痛みをさせるために、あえて同じように、つねったりしてました。
娘は当然泣きます、泣くまでやります、痛みを知るためにやりました。

それがいいかどうかは、わかりませんが、自分の子育てでした。
そういう意味で、同じく その叩く子にも、私なりの教え方をしようと思ったのです。
虐待としつけのために叩くのは似てるようで、違うのは、そこに感情がない事だと、私は思っています。
憎しみや快感の為にに叩くのは虐待、心を痛めて叩くのがしつけだと思っています。

何故今日の教育は叩くことを悪くとらえるのかが、私には逆に不思議です。
子供を教育するのに、時には叩くことも必要だと思いますが、
この事を言うと、反感を世間にもたれると、しみじみ今回感じました。

1 ■一意見です

私も娘の保育園の同じクラスに「叩く・つねる・噛む」子がいました。過去形にして良いのかどうかわかりませんが、娘の話からは最近出てこなくなったので治まってきたのでは?と勝手に思っています。
小さい子供に罪はないと私は思います。かといって我が子が叩かれたりしてるのを我慢させるのも理不尽です。叩く子はきっと(私の推測では)家庭環境になんかしらの問題があったりするのでは?と思うのです。
あと言葉が遅い子がそうなりやすいのでは?とも思います。
3歳くらいってかなり個人差も激しいのでかんしゃくが出てしまったりする子もいたりしますしね。
だから正していくには周りの大人の根気が必要ではないでしょうか?
私の場合、同じクラスに女の子が少なくその子と娘が接する機会がとても多く(叩く子は女の子)、いつもいつもその子の文句を言っていました。3歳児くらいからそのような事が起こり始めていて最近までずっとありました。娘には「何かされたら強くやめて!って言いなさい。それでもやめないなら先生に言いなさい。それでもやめないならお母さんが言ってあげる。」といってありました。
そうこうするうちに子供たちも自分たちで少しずつ解決する術をみつけるようになり(もちろん先生にもたんびにこちらは気にしてる事を伝えつつ)、途中その子はあまり皆から遊びに入れてもらえないような事にもなったりしながら今にいたります。
せっかくご縁があった子供ですから皆で育てていこうって言うのはどうでしょう?こちらが先に戦闘体制に入ってしまっては対するあちらの大人や先生方も構えてしまって通じるものも通じなくなる可能性も無きにしも非ず・・・。
今までのいろんな話を聞いていると先生たちの対応に問題ありな感じもするけどね。
えらそうな事を述べてしまいまして&長文済みません。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。