2枚目にクロールバージョンを掲載テンポが上がっても腕や手先を力ませず、上腕骨の回旋動作... | 原英晃の「ケイゾクのカタチ」

原英晃の「ケイゾクのカタチ」

40歳を越えても未だ進化を続ける、鉄人スイマー原英晃によるブログ。
“究極のアンチエイジング”と“継続は力”であることを、自らの身体で体現中!


テーマ:
この投稿をInstagramで見る

2枚目にクロールバージョンを掲載🏊‍♂️ テンポが上がっても腕や手先を力ませず、上腕骨の回旋動作や手首の角度のコントロールができるように😉 #Repost @ryo_wonderyears with @get_repost ・・・ (English Below) スイムスマーターキットを用いたエクササイズで好きなものの1つに、メトロノームをストロークレートに見立ててのプル [サウンドオンにしてみて下さい] 。最初はフォームを確認できる程度から、徐々にテンポが上がって、最後は50mで目指すテンポにまで上げてみた。 Working on my pull at a higher stroke rate with the metronome apps and the Smarter Kit is one of my favorite drills (sound on if you are interested.) Started out relatively slow and gradually ascend your turn over as metronome picks up its pace to the stroke rate you wish to achieve in the 50m race. The goal here is to maintain the good technique with more optimized work of muscle groups even at higher stroke rate. #スイムスマーターキット #俺の発明品 #水泳 #スイミング #平泳ぎ #ファンクショナルトレーニング #smarterkit #swimming #breaststroke #drill #mastersswimming #mastersswimmer #myinvention #roadtogwangju2019 #世界マスターズへの道

Hideaki Hara/原 英晃さん(@hara_vincitore)がシェアした投稿 -