あなたは次の情報が、
何を表しているのかわかりますか?




もしかしたら、漢字や画像を見て
わかったかもしれませんが、

この情報は、
沖縄の辺野古埋め立ての県民投票について、
2月24日に挙げられた記事です。

つまり、日本のことについて
取り上げられています。でも…

なぜか中国語で書かれています。

そして、この情報は、
中国のメディアが報じたのではなく、
沖縄の歴史ある新聞社、
『沖縄タイムス』がネット上にあげた記事です。

日本の新聞社が、
県民投票の開票状況を
中国語で報じている…

どうして、日本語ではなく、
中国語で速報を流したのでしょうか?

不可解な動きは
これだけではありません…

投票翌日の25日には、
尖閣付近の領海に中国公船4隻が
侵入していました。

それにも関わらず
地元メディアは一切、
抗議をするような報道をしませんでした…

日々の最新情報を扱うはずの新聞社なのに…
しかも、自分たちの生活に
危険を与えるような出来事なのにです。

いったい、今、沖縄では、
何が起きているのでしょうか?

米軍基地があることもあり、
沖縄は日本にとって
国防の要と言ってもおかしくないはず…

そんな大事な場所であるからこそ、
われわれ日本人が正しく考え、判断するための、
正確な情報が入ってきてほしいと
思いませんか?

そこで今日は、沖縄の実態を
わたしたち日本人に、
ありのままに報じてくれる先生を紹介します。

それが、惠 隆之介氏です。

沖縄に生まれ育ち、
36年以上沖縄の歴史・諸問題を研究してきた
元自衛官のジャーナリストです。

今では、ご自身のFacebookやTwitterで
定期的に情報を配信しています。

多くの日本人にとって貴重な情報なので、
ダイレクト出版政経部門として、
日々ご覧いただければと思い、
共有させていただきました。

ぜひ、以下よりご登録頂き、
情報を受け取って頂けたらと思います。

Facebookは >こちらをクリック

Twitterは >こちらをクリック


p.s.
沖縄に忍び寄る中国の脅威、
そして、歪められた沖縄の歴史について
惠先生に講義をしてもらった動画も
あります。

くわしくは、こちらから御覧ください。
>クリックして講義を確認する




*このメールは惠 隆之介氏のご紹介です。