「『坂の上の雲』では出てこない真実が
次々と出てきた。」


これは実際にこの講座を
受講したお客様の生の声です。

日本の運命を任され、
見事勝ちをもたらした英雄・乃木希典

教科書にほとんど描かれていないばかりか、
司馬遼太郎によって”愚将”として描かれたため、
彼の本当の功績を知っている人はほとんどいないでしょう…

彼のように、
教科書やメディアに隠されてきた
歴史の裏を知れば、
あなたの考え方や世界を見る視点が
大きく変わってくるでしょう…

日本の歴史のターニングポイントが知れる
西鋭夫の真実の歴史講座
「幕末・明治維新・日清日露戦争編」が
特別価格で買えるのは明日11月10日までです。
↓ ↓ ↓
詳しくはこちら
------------------------------------------------------------


「教科書から削除しなさい」

その時から正しい歴史を学ぶ機会が制限されました…

1945年8月30日。

マッカーサー元帥が日本に降り立ち、
GHQによる占領が始まりました…

彼らによる占領の目的は、ただ一つ。

「日本人を骨抜きにさせること」

日本の強さ、その強さの根源となる文化、
精神を根本から徹底的に破壊し、
日本人が二度と立ち上がれないように
することでした。


その目的を果たすため、
検閲、憲法改正、文化統制など、、、
GHQはあらゆる政策を実行します。

「躍進日本」など、
日本の国家の拡張に関する言葉や
「わが国」など、
愛国心につながる言葉、

そして何より、
戦前や戦時中に活躍した、
日本の英雄たちに関する言葉が、
ことごとく教科書から消し去られました。


日露戦争の勝利に大きく貢献し、
類稀なる武士道を示した乃木希典も、

「乃木は『強い日本』を象徴する
 人物なので、歴史から抹殺せよ」


と教科書から削除されました…

マッカーサーが
軍人として尊敬していたとも
言われているほどですから、
見逃されるわけもありませんでした…


日本が滅亡の危機にあった時、
まさに命をかけて日露戦争に
挑んだ先人。

今の私たちがこうして
日本で平和に暮らしているのも
乃木をはじめとした先人たちの
おかげとも言えるでしょう。

しかし、私たちは
そんな日本を救ってくれた人物を
教わる機会すら失われてしまったのでした...


実際、私たちが習ってきた歴史と言えば、
「日本とロシアがその昔、戦争しました…」
くらいなもので、教科書で言うと、
1ページも使われていません...

しかし、そのたった1行2行の出来事が
現在も私たちに大きな影響を
与え続けているのです。

もしかしたら私たちは、
自ら学ぼうとしない限り
本当の歴史を知る事が
できない
のかもしれません...

今回は、そんなGHQによって
歴史から消されてしまった
乃木希典の偉業を描いた
videoを作成しました。

彼のことを正しく知ると、
自分の今の暮らしがあることを
先人に感謝し、
また自分が英雄と同じ日本人であることを
誇りに思えることでしょう。