From:平野朋之
横浜のオフィスより、、、

 
みなさん、おはようございます。

 
先週の月利の話いかがでしたか?
月利3%って、確かに一見小さい数字に見えてしまいます。

 
今、インターネットとかで出回っている情報の中には

 
月利100%といったようなものもあるので、
少ないと思った方が多いかもしれません。

 
しかし、100万円の資金から始めても
3%運用だとしても、25年後には驚くべき金額になりますので、
是非一回で大きく勝とうとせず、堅実に勝ちにいくための
トレーニング、勉強を続けてみてください。

 【注:月利3%25年複利・税金無しで計算すると、7 098.51348倍になります】

 


堅実に利益を上げる、地道に利益を積み重ねるというのは
非常に大切です。
人間はメンタルというものがあります。

 
技術や、勉強不足であればあるほど、欲張ってしまったり、
安易なエントリーなどが多く、
結果大きな損失を招くきっかけにもなります。

 
今回少しでも皆さんのトレードのヒントになって頂けるよう、
FXで勝てない人の9割近くがやってしまいがちなことを
4つご紹介します。

 
1つは、「継続的に利益をあげているプロ」から
正しく学んでいないことです。

 
今、FXや投資に関する本というのはたくさんありますが、
ついついそれだけに頼って自分流の解釈になり、
結果断片的な知識だけで、体系的に学べていないということが多いです。

 
2つ目は、「トレードの手法」を手当たり次第探すことです。

 
確かに私も手法を探すことはやっていますが、
そればかり追い求めていても利益にはなりません。

 
また、表面的なテクニックを駆使したところで、
万が一の対処法をもっていないことには
そのテクニックの良さを生かしきれませんので、
宝の持ち腐れ状態となってしまうのです。

 
3つ目は、正しい方法論をもっていても負けが続くケースがある
ということを理解していないことです。

 
これをまず大前提として考えないと、どうしてもその先勝てないです。
また、プロのトレーダーでも連続して負けることはあります。

 
どんなに素晴らしい手法で、勝率が7割のものでも、
実際私でも6連敗とか平気でしてしまうことがあります。

 
百戦錬磨みたいなことは中々ないものと思って頂きたいです。

 
トレードというものは極端に言うと、
「買い」か「売り」かの2択しかないので、
その中で勝ちだけ続けるというのは本当に難しいと言うのが
私の考えです。

 
そして最後は、正しい状況把握とその状況に合わせた手法が
実行できないということです。

 
マーケットの動きは、どこかのジャングルのように
予測不可能なことが起きるものだと思って、常に行動しないといけません。

 
曖昧な手法を独学で学んでなんとなくマーケットという
予測不可能な世界に飛び込んでいる人が多いようですが、
もし何かに襲われたり、道に迷ったりしたらどうするのか?

 
あらかじめ想定して武器やツールやトレーニングで
対策すると思うのです。

 
山登りのイメージに近いかもしれませんね。

 
大事なことなので繰り返しますが、
マーケットというものは予測不可能なことが起きます。

 
すなわち、
変化が多い世界です。

 
その変化に柔軟に対応するには
それに対処する裁量を磨き、
対処する力を身につけ、
実行できるようにならなければいけません。

 
他にあえて足すとすると、
「これはいい!」、「今が決断の時」と思ったら
実際に行動に移すことが大切です。

 
トレードはその時々で多くの判断をしないと
いけないときがあります。

 
その時に躊躇してばかりしていると、折角のチャンスを
失い、その後悪い流れがやってくることが多いのです・・。