バラバラになった家族を一つにするために・・・

テーマ:

久しぶりの搭載です。

 

昨日、昔貿易でお世話になった

取引先の元社長さんと食事をしました。

 

何を食べようかと悩みましたが、

久しぶりにホルモン系にしようか

という話になり、牛のホルモン焼きに決定

 

 

こんな感じのホルモン焼きです・・・ 旨そ~~~でしょう!

(昨日写真撮ってませんでしたので、ネットから借用しました。すみません。)

 

 

とても美味しかったです。

その社長さんも私もお肉が好きなので・・(^^;;

 

 

 

いろいろ昔の話をしながら、その方が

今いろいろ悩んでいるのに気が付きました。

 

 

 

その方は今50代後半で奥さんと別れて

7~8年になるのでしょうか??

 

 

今でもたまに元奥さんと連絡は取ったり

してるようですが、深い話はしないそうです。

 

 

 

 

話してて不思議だな~と思ったことが

何で離婚したのか聞いて見ると

奥さんが「別かれて独立したい」というから・・

と言う答えでした。

 

 

 

この方は当時も離婚したくなかった

のですが、「奥さんが離婚を望んだので

離婚した」のです。

 

 

 

特に喧嘩したとか仲が悪かった

訳でも無かったようです。

 

 

 

 

今その方は今非常に寂しい孤独の中で

一人苦しんでいるようです。

 

 

誰にも相談できず、

喧嘩や愚痴を漏らす相手もいない・・・

 

 

 

 

 

 

私もその場でカウンセリングすることも

できないので、一つアドバイスだけ

しました。

 

 

 

 

まず、勇気を出して前の奥さんと

なぜ離婚したのかとか、昔の話も

しながら、腹を割って会話して見たら

どうか?

 

 

 

この方はまだまだ未練が残ってるので、

益々寂しく気持ちがずるずる引きずられて

生きているように感じました。

 

 

 

何か新しい事をするにも、心が整理されて

いないと何をしても心に何かが残って

いるので上手く行かなかったりするものです。

 

 

 

 

この方の場合、前の奥さんと白黒はっきり

させるというより、まだ前の奥さんを

忘れられずにいるので、奥さんの気持ちも聞いて

まずは友達のように話しながら、

「復縁できるのであれば復縁した方がいい」

とアドバイスしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私も含め皆さんも人の目を気にするのは

同じではないかと思います。

 

 

こんな事言ったら変な人と思われるんじゃないか?

 

 

こんな事言ったら嫌われるんじゃないか?

 

 

先走って考えているので、結局

言いたいことは言えずに終わってしまう。

 

 

 

 

良く考えて見ると人が言ってた事

そこまで記憶してる人もいないんですよね。

 

 

自分一人で思い込んでいる事が

とても多いんです。

 

 

 

 

 

 

自分から心を開いて話して見ると

意外と「私もそうなのよ」とか

「俺もそうなんだよ」とかいう人

結構いたりするものです。

 

 

 

 

自分の気持ちを素直に言うことで

自分を助けてくれる人も見つかります。

 

これ以外と本当なんですよ。

 

 

まずは近くにいる人を大切にしたいですね。

 

 

応援してます。(^^)

 

 


にほんブログ村

 


テーマ:

     

8日間ほど仕事で中国出張してました。

 

2週間ぶりの搭載ですね。

 

今回の出張は中国山東省の煙台と言う所に

行ってました。

山東省でも中堅の港都市とも言えますが

空気も綺麗で過ごし易い所でした。

 

 (中国のレストランで、かぼちゃの姿焼きでしょうか?

    中にもち米が入ってて甘くて美味しいかったです。^^)

 

 

 

 

 

さて・・・

皆さんは、毎日毎日朝目覚めて

初めに思うことは何でしょうか?

 

私の目標が一つあります。

先ずは朝起きて全てに“ありがとう”

と言える自分になる事です。

 

これ、なかなか難しいんですよ。

 

 

朝起きると先ず何が見えますか?

 

横に夫や妻、子供たちが見えませんか??

 

それから、鏡に映る自分が見えます。

 

 

まず、“ありがとう”と言ってあげる人は

誰か分かりますよね。

横に誰かがいてくれることが、ありがたいのです。

 

私もまだまだ現在進行形ですよ。

 

自然に心から“ありがとう”

と言える自分を目指してます。

 

 

また、朝起きて窓から太陽の光が入り、

窓を開けると少しひんやりとした風が入り、

それから鳥の声や人が動く音、車の音など

いろんなエネルギーを感じている自分が

います。

 

 

よく考えて見ると、私が何もしなくても

既に「私の環境はここにある」のです。

 

 

人それぞれ違う環境なのです。

貧しい、裕福、大家族、喧嘩、別れ、和解、

多忙、その他いろいろあると思います。

 

 

しかし、何か感じられる自分の環境が

あることは事実だと思います。

 

 

その環境を自分の思い通りに変える事は

できるでしょうか??

 

 

皆さん多分ずいぶん長い間その環境を

変えようと戦って来られたはずです。

 

戦うから悩むのです。

 

 

多分、殆どの人が“幸せ”になろうと

努力して来たと思います。

 

 

では、私も含め周りの人達全て幸せでしょうか??

 

 

ちょっとここで世界幸せ指数の資料見て見ますか。

 

<世界幸福度ランキング2018>

第1位: フィンランド
第2位: ノルウェー
第3位: デンマーク
第4位: アイスランド
第5位: スイス
第6位: オランダ
第7位: カナダ
第8位: ニュージーランド
第9位: スウェーデン
第10位: オーストラリア

 

ここでは10位まで紹介いたします。

(興味のある方は検索してください。)


残念ですが、日本は54位だったようです。

 

 

世界でも経済大国の日本ですが、

かなり低い数値です。

 

 

この“幸せ”の基準は何でしょうか??

 

 

人の性格は“十人十色”といいます。

では、幸せと感じるのも“十人十色”

でしょうか?

 

 

自分を取り巻く環境にも

いろいろな人がいると思います。

 

 

では、私も含め皆さんの環境は全て

ご自分で作り上げた環境でしょうか?

 

< 例えば >

私は日本国の生れ

 

私はOOの子供

私の実家の家業は農家

私はOOと兄弟

私はOO年O月O日生れ

私はOO小学校卒業、OO中学校卒業

私の友達はOO

 

その他いろいろあると思います。

 

 

大きく囲える環境はすでに

私にある環境だと思います。

 

 

私が努力して変えられる

環境は何があるでしょうか?

 

 

努力し良い大学に入り

住み易い家を買って

子供と一緒に幸せそうに暮す・・

でしょうか?

 

 

このように言うと

反論される方もいると思います。

 

 

しかし、生活が豊かに成ると

感じてたことが感じなくなったり

します。

 

 

豊かな生活が幸せだと勘違い

し始めるのです。

 

 

単純に考えて見ましょうか。

 

 

子供に必要なのは物質でしょうか?

目に見えない愛情でしょうか??

 

 

愛情だというのも分かると思います。

 

 

私に必要なのも愛情なのです。

 

 

その私に必要な愛情は、

私を取り巻く環境の中に

隠されています。

 

 

取り巻く環境に“ありがとう”

と心から毎日言って見てください。

 

 

少しずつ変化があると思います。

 

 

心から“ありがとう”

言えるまでは時間が掛かりますが

心で感じることが大切だと思います。

 

 

取り巻く環境を一つ一つ受け入れる

自分になる努力が必要です。

 

 

応援してます。(^^)

 

 


にほんブログ村

 


テーマ:

 

朝起きて、

 

朝食作って、

 

お弁当作って、

 

会社に行って、

 

夕方帰宅しながら買い物、

 

夕食作って、

 

後片付けして、

 

お風呂入って、

 

夜12時・・・やっとベットイン、

 

しかし、夫がモソモソ近づいてくる・・・

 

 

もう体力の限界!!

 

 

 

私も思うのですが、日本の奥様たちは

頑張り過ぎだと思います。

 

 

これでは体を壊してしまいます。

 

 

また、日本の男性社会でも

それは同じ事が言えます。

 

 

残業や仕事の責任を追及され、

ストレス漬け になっている。

 

 

 

そんな旦那様たちも多いと思います。

 

 

 

日本人はなぜこんなに

頑張るのでしょうか??

 

 

 

ちょっと昔の事思い出して頂けますか。

 

 

学生時代に部活動とかされた方多いと思います。

 

中学1年で部活に入ると、

まず先輩たちが練習するのを回りで見ながら

運動部ですと先輩たちの練習する姿勢や

ラケットの振り方、シュートの仕方、

ダッシュの仕方、跳び方、さまざまな

基本的な姿勢などを見て学んだりします。

 

 

その日々の練習の中で欠かせないのが、

声出しや応援です。

 

「行け行け~」

 

「声出して~」

 

「大丈夫大丈夫」

 

「頑張れ~」

 

「しっかり~」

 

「ドンマイドンマイ」

 

いろんな掛声があったと思います。

 

全世界の中でも日本だけにある掛声があるそうです。

 

「頑張れ」だそうです。

 

 

公式試合などに成ると、監督から

 

「悔いの無いように戦って来い」

 

「今まで頑張ってきたようにやればいい」

 

「燃え尽きてこい」

 

「これが最後の試合だと思っていって来い」

 

 

どうですか?

何か硬くないですか?

 

 

アメリカやヨーロッパなどでは、

 

「試合を楽しんで」

 

「気楽にやってこい」

 

「リラックスして」

 

「力を抜いて」

 

「明るく元気良く」

 

 

とか、とても柔らかく自然な感じ がします。

 

 

世界と日本はここまで応援の違いが

出てしまっているのでしょうか?

 

 

 

真面目に頑張ろうと集中しても失敗したり

すると、なぜかその失敗が何度となく

繰り返したりします。

 

「空回りする」といいますが、気持ちが

焦っているのです。

 

 

仕事でも家庭でも、よくご自分の心に

フォーカスして見るといいです。

 

 

 

上手くいかない時や失敗が続く時

 

そんな時は何もせずに立ち止まり、

取り巻く環境を把握し、しばらく

考えて見てください。

 

 

 

そして、私は楽しんで行動しているのか?

 

失敗を恐れていないか?

 

結果だけを出そうとしていないか?

 

機械的に仕事だけをこなそうとしていないか?

 

 

 

それでも整理できない時は、

会社であれば上司に相談する。

 

家庭であれば夫に相談する。

両親に相談する。

 

 

など、自分だけの思いで悩まず、心を

外に向けてあげるともっと楽に成ると思います。

 

 

「みんなより頑張らないと・・・」

「失敗したらどうしよう・・・」

とか初めに考える癖は、未来の子供たちにも

悪影響です。

 

生活を楽しめる私になりましょう。

 

 

応援してます。

 

 


にほんブログ村

 


テーマ:

 

 

生きることが辛いと感じる時あると思います。

 

私もそうなのですが、いろんな思いが頭の中を駆け巡ります。

 

 

 

 

生きるってどういう事でしょうか??

 

 

 

 

 

 

お金さえあれば何不自由なく暮せるのに・・・

 

 

夫さえしっかりしてくれたら楽になるのに・・・

 

 

姑と一緒に住んでなかったらこんな思いしなくていいのに・・・

 

 

 

 

 

 

頭の中でいろんな思いがぶつかり絡みあっています。

 

 

 

 

 

この思いをどのように整理したら良いでしょうか??

 

 

 

考えれば考えるほど他人のせいにしてしまう・・・

 

自分の惨めさに心が押しつぶされてしましそう・・・

 

 

 

 

誰か・・・ 助けて・・・。

 

心の中は、孤独で真っ暗・・

 

 

 (熊に襲われる経験する人はいないですよね・・・)

 

 

 

 

誰でも心が整理できない、こんな経験あると思います。

 

非常に苦しいですよね。

 

そんな心を整理する方法ですが、

最も良いのが第三者に聞いてもらい整理してもらうことです。

 

このような興奮状態では一人ではなかなか冷静に整理できないです。

 

 

 

 

 

 

また、昔のことなど思い出して見てください。

 

小さい頃・・ どんなとき気分が良かったか?

 

どんな時心地よかったか?

 

 

 

 

 

 

私は田舎育ちなので、広い畑、山、森などに行くと気持ちが良かったです。

 

しかし、私は両親と一緒にプチ旅行行くのが一番心が和みました。

 

今考えるとその瞬間だけは何も考えずに両親と会話や食事・・

楽しかったこと覚えてます。

 

 

 

 

人間は一人では生きて行けないといいます。

 

本当でしょうか??

 

 

以前、インドで狼に育てられた少年や

ナイジェリアではチンパンジーに育てられた少年など

ニュースなどが有りましたが、動物に育てられた人間は

人間社会に戻ろうとしても、結局言語障害があり

人間社会での生活は難しいといいます。

 

 

 

人間は食べれば育つものではない事は分かると思います。

 

では、何が必要でしょうか??

 

 

両親の愛情+言葉です。

 

 

愛情は時として言葉は要りませんが、人が言葉を通じて

親から愛情とその全てを相続するのです。

 

また、言葉を通して未来を作る子供たちに伝えられる。

 

教育が可能になるのです。

 

 

 

人は苦しいとき、苦しいと話せる知人がいて、

その心が癒されるようになっています。

 

 

人は誰かに理解され、共感したとき心のエネルギーが巡回し

楽になるのです。

 

なので、言葉には力があります。

 

言葉に感情や愛情が乗って流れるのです。

 

だから心が楽になり和むのです。

 

 

しかし、言葉も一つ間違えると凶器に変身します。

なので、親子喧嘩、夫婦喧嘩、兄弟喧嘩、

いろいろな 喧嘩の中にもルールが必要 なのです。

 

言っていい言葉、絶対に言ってはならない言葉があるのです。

 

人間社会で喧嘩することもあると思いますが、

相手を殺すことが目的でしょうか?

 

 

例えば、人間としての価値を下げる言葉や、

その相手が最もコンプレックスに感じている部分を

言われるとその言葉は凶器そのものです。

 

 

言葉と言う武器で刺されても目には見えないので、

直ぐには治療せず放置してしまいます。

 

あなたは、体から血がダラダラ出ていたらどうしますか?

まずは、病院にいきませんか?

 

では、心から血がダラダラ出ていても

なぜ病院に行かないのでしょうか?

 

どんな傷でも早く治療した方が治りも早いのです。

 

もしかすると、その心の傷は一生残ってしまうかもしれません。

 

 

 

そんな、辛い思い、悲しい思い、怒り、恨み、不の心を

感じる時は、勇気を出して誰かに話して見ることが大切です。

 

受け止めてくれる人は近くに必ずいるはずです。

 

 

応援してます。

 

 

 


にほんブログ村

 


テーマ:

今日は我が家の夕食からアップしますね。

 

娘がパスタが食べたいとリクエスト・・

 

早速お父さん台所でトントンいい音しますね。(笑)

 

スタンダードなトマトパスタとほうれん草と玉ねぎ、

きゅうり、コーンのグリーンサラダ。

 

料理はやはり作ってあげる事が楽しいですよね。(笑顔)

 

(写真は娘が撮ってくれました。)

 

 

 

 

 

さて、今日は「夫婦喧嘩したくない。」

 

と言う我が家の課題でもありますが

考えて見たいと思います。

 

 

歴史上永遠の課題ですね。

 

 

喧嘩の原因は何でしょうか?

 

 

その夫婦、家庭の状況、環境などもあるので

一概には言えませんが。

 

 

私の立場を理解してくれない夫? 奥さん?

 でしょうか??

 

 

自分の思いをぶつけ合うキャッチボールが

上手く行けばお互い納得したりするのですが・・

 

ボールを落としてしまうと、

「何で私の投げたボール落とすの?」

「わざと落としたでしょう?」とか

 

火に油を注いでしまう状態になってしまいます。

 

 

このように成るとお互い傷だらけになり

疲れてしまいます。

 

喧嘩は本当に必要な事なのでしょうか?

 

たまに考えるのですが、

喧嘩をしなくて良いのであれば

しない方が良いですよね?

 

多分、皆さんも同じ気持ちだと思います。

 

 

兄弟よりも夫婦と言う関係がとても難しい関係だと

いうこと理解してください。

 

元々育った環境も違う二人が一緒に住んで

いるのですから・・・

 

しかし、旦那さん、奥さんもご両親から見たら大切な

息子、娘さんなんです。

 

自分の立場を意見するのは悪い事ではありませんが

相手の意見も聞く事も大切だと思います。

 

 

喧嘩腰に話すのでしたら、少し時間を置いて話す事。

 

それと重要な事は、白黒はっきりさせようとしない

 

白黒はっきりさせ、「私が白だ!」

 

あんたが悪い、「黒!」・・反省しなさい。

 

それが結論でしょうか??

 

 

はっきりさせる事が全て良いとは思えません。

 

 

人は大人になっても老人になっても心は

成長し続けているのです。

 

 

心の成長には必ず誰かの愛情が必要です。

 

善悪、白黒と区別すると家庭内でも夫、奥さん、

子供、家族に前科というレッテルを貼ることにも

なるのです。

 

 

分かっていても、「これから気を付けよう」という

姿勢で家族を守って上げられたら如何でしょうか?

 

 

家族は他人では有りません。

 

家族は問題があっても家族なんです。

 

家族を捨てないでください。

 

 

必ず「この家族で良かった」と思う瞬間があるのです。

 

 

 

応援してます。(^^)

 

 

 


にほんブログ村

 

 

Ameba人気のブログ