日記写真

実を言うと、6月で車検が切れてるCBR1000RR
こいつも盆休みにユーザー車検を受ける事にします(^^)/

  

Chapter 1.

日記写真

まず車体をチェックしてみると・・・

 

  

Chapter 2.

日記写真

1.タンデムステップが無い
2.シングルシートになっている
3.スクリーンに保護のふちゴムが無い
4.ブレーキオイル交換
5.納税証明
6.自賠責保険
7.車検書類
8.陸運支局へユーザー車検予約
9.リンバンを借りる

 

 

  

Chapter 3.

日記写真

そうそう、車両を購入時に、送ってもらっていた純正部品が有りました。

 

 

  

Chapter 4.

日記写真

まずは、タンデムステップの取付部に付いていた化粧パネルを取り外します。

 

 

  

Chapter 5.

日記写真

そして、を取り付け!

しかしここはシルバーなんですね?
どうせなら黒だったらイイと思うのですが・・・

 

  

Chapter 6.

日記写真

続いてシングルシートを外して、タンデムシートに交換!!

 

 

 

Chapter 7.

日記写真

ブレーキオイル交換、ディスクパットの残量有り!

オイル漏れ、作動不良部分無し!!

  

Chapter 8.

続いてスクリーンの確認です!

私のCBRは社外品の位置の高い物に変更されていますが、車検の許容範囲は4cmまでらしいです。

そこで純正を測ってみると、11cm!!

 

Chapter 9

そして社外品を測ってみると、14cm  +3cmなのでOKでしょう!

 

 

 

Chapter 10

後はスクリーンにふちゴムが無いのでホームセンターで買った来たエッジゴムを取り付けします。

 

 

 

Chapter 11

ふちゴムも取付しました。

 

 

Chapter 12

続いてブレーキオイルの交換!

ここは定期的に交換しておくと安心ですね(^^♪

 

 

Chapter 13

左右のキャリパーのエアー抜きから、綺麗なブレーキオイルが出てくるまでオイルを抜きます。

 

 

Chapter 14

ブレーキオイルタンクのキャップは洗浄して乾燥させ、取り付ける際にゴム部品の表面にシリコングリスを薄~く塗布しておきます。

これはゴムの劣化やケースの腐食防止に試しているんですが、イイ感じです。

 

 

Chapter 15

リアのブレーキオイルタンクは、タンデムステップの奥に付いているので、タンデムステップを外し、6mm取付ボルトの長い物を用意して、手前に出しておくと作業しやすいです。

タンク内のオイルが抜けるまでオイルを抜いて、キッチンタオルでタンク内を清掃しておきます。

 

Chapter 16

そして、新しいブレーキオイルと抜き替えします。

 

 

 

Chapter 17

これで車検整備は完了!

 

 

 

Chapter 18

.日記写真

後はマフラーですが、純正マフラーは無いので、これで行くしか無いですね~

 

  

Chapter 19

日記写真

念の為にコレも持って行きましょう(^^)/



ええっと、自賠責は25か月入ってOK
リンバンは13日に市役所に借りる手配OK
納税証明、定期点検記録簿、書類OK
陸運支局にユーザー車検の予約OK

後は持ち込んでみるだけですね(;^ω^)

それと台風の影響で雨が降らない事を祈ります。