「愛と哀のキう山」 第2話(もつれる三角関係) | ひでまのわんたんめん。

ひでまのわんたんめん。

マビノギトリアナサーバーで活動中のつんつん頭の兄ちゃんです。ひでまと呼ばれよくいじられています。そんなひでまの日常をありのまま伝えるわんたんめん!!


テーマ:


オロビとジェリは親の兄弟の孫のおじいちゃんのいとこの妹のお父さんが同じという、ほんのちょっと遠い親戚だった。


小さい頃たった一度遊んだだけでオロビは恋に落ちた。

ひでまのわんたんめん。



左から共に親戚のひげマックス・オロビ・ジェリ



そしてオロビはひげマックスがいなくなった隙に




ひでまのわんたんめん。





ジェリを寝取った。



そんなオロビは、ジェリが実はトマトのことが好きと知り、悲しみ自暴自棄になった。


そしてひげマックスに相談した。



オロビ「なんで自分じゃないんだ・・・」


ひげ「ほら、トマト君あれでメットとると意外とイケメンだから!」

ひでまのわんたんめん。

オロビ「自分だって・・・・」

ひげ「オロビ君もなにか隠し持ってるの!?」



オロビ「自分だって・・・」








ひでまのわんたんめん。



オロビ「股間にアジアの大砲を!!」


ひげ「それならいけるよ!攻めの体勢くずすな!」




オロビ「ありがとう・・・オレがんばるよ・・・」




その頃、都に引っ越したトマトを狙う女の姿があった




ひでまのわんたんめん。













彼女の名は「おと珍」  




ひげマックスと漫才コンビを組む大阪の(清楚で可憐な←本人の希望により入)お姉さまであった。


ひでまのわんたんめん。


                                       第3話に続く。




 ※このドラマはフィクションです。実際の人物・団体等とはほとんど関係がないと思われます。