▼4/21本日の寝言(レース解説) | 勝ち組在籍方法!競馬記事書庫
2018-04-20 19:01:20

▼4/21本日の寝言(レース解説)

テーマ:☆注目レース

hide指数、チェックコメント、勉強回顧の各種お手続きは開催前日15時迄となります。締め切り時間にお気を付け下さい。



良く分かるhide指数&チェックコメントの解説編          

┏━━━━━━━━━━━━━┓

..........本日の寝言

┗━━━━━━━━━━━━━┛

-----------------------------

寝言とは指数出馬表をパッと見て直感的に感じた事を寝言を言うくらいの気楽な感じでダラダラと綴ったものです。予想ではなく第一印象の感想です。午後のレースは勉強回顧の当日更新にて馬名入りでもう少し詳しく当日の馬場状態も含めながら書いています。

-----------------------------

 


hide指数・勉強回顧のお申込み締切は本日15時です、お早目に。→こちら



[競馬コラム]出来るだけ考えないレースを狙う(4/8中山7R)


[競馬コラム]東京開催でさらに狙いのポイント


▼東京開催の狙い処


福島1R

 メンバー的にはやや薄目ですがその割りには先行馬が多いので多少ゴチャゴチャした展開と結果になりそう。出来るだけロスなく好位で無駄脚を使わない馬が有利になりそうな展開。


福島2R

 芝の一発目になります。今週からBコースになりますが先週もそんなに悪い訳でもありませんでした。少し内側が掘られてきてましたが内が急激な失速をしているというほどの印象でもなかったので基本的には前々で運べる馬重視とまずは考えておきたいです。その上でレースを見ながら馬場は微調整して行きましょう。そう考えるとここも出来るだけロスが少なくなおかつ前で運べる指数の高い馬が有利になってくるレース。ロスなく馬群の中で溜めてるような馬には注意。


福島3R

 低レベルメンバーです。前で運ぶ馬も限られていて逃げ馬もいないので指数の足らない馬でも前で運んで展開の後押しがあれば割り込む余地があるので穴になってもおかしくないような低レベル。



福島4R

  障害。


福島5R

 障害。



東京1R

 東京開催が始まるのはワクワクします。何ででしょうねー。指数的にも狙いやすい競馬場の1つだと思います。それだけ力を発揮しやすいノビノビとした走りが出来るコースです。ただ、ダート短距離の場合は1200mがないので距離が延びると都合が悪い馬にとってはしばらく行き場がなくなります。今朝のメルマガでも配信しましたが直線が長いということで差し馬にばかり目が行きがちかもしれませんが基本的には前に有利な競馬場です。騎手も直線が長い事を意識しすぎて追い出しが遅くなるので結果的に前が残る事が多数あります。出来るだけ開催が始まる前までにいくつか過去の東京のレース映像を見ておくことがお勧めです。予想をする上での距離感覚だったりとか仕掛けのイメージなどを切り替えるのに必要な作業です。

 このレースも低レベルメンバーではありますがまだまだ未勝利としてはマシな方だと思います。シッカリ前で運べてそこそこの指数を出している馬もいるので基本的には指数上位組と初出走組が優勢。


東京2R

 こっちのレースは低レベルな集まりです。1Rと比べてもらっても指数の色合いが違うのが分かります。ここまでレベルが低いと距離延長で覚醒する馬とかもいたりするので思わぬ馬が激走したりすることもありますからよっぽど狙いたい馬でもいない限りは無理して手を出さない方が良いです。


東京3R

 いつ勝ち上がってもおかしくないですが常に詰めの甘い脚しか使えないという馬がいます。ここも人気を被る事になるんじゃないでしょうか。力関係でいうとこの中では当然勝ち上がってもいいだけ相手には恵まれています。とにかく詰めが甘いので善戦マンになりがちです。勝ってもおかしくはない相手関係ですがこういう馬はいつ勝ち上がれるか分からないので単で狙うのは避けた方が良いです。3連複軸にしたりとか買い方の工夫をして1着じゃなくても当たるような狙い方がお勧めです。そう言っても単勝はだいたい1倍台になるんですよね(笑) いつ勝ってもおかしくないですが、同じくらい勝ちきれなくてもおかしくない詰めの甘さです。さすがに今回は相当相手には恵まれてますし展開も恵まれ層なのでいい加減勝たないと…って感じはありますけどね(笑) ちょっとでも不安なら頭では狙わないというのが基本。


東京4R

 ここも低レベルですねー。例年この時期にここまで低レベルなレースが多かったかなーって思います。例年はもう少しマシだったと思うんですが今年は年明け早々くらいからレベルが低くなってます。強い馬と弱い馬の差が激しい感じがしています。中間があまりないですね。このレースもコレといって目につくような馬がいません。展開的にも落ち着いた流れになりそうなので力よりも展開を生かした馬が結果を出してもおかしくないです。


東京5R

  これが東京の芝の一発目になります。特殊な形状をした距離なのは天皇賞秋でお馴染みです。このレースでは逃げ馬がいないので展開的にはやや考えづらいところがあります。チェックコメントをパッと見渡しても特別コレといって触手の動くような馬がいるわけではないので個人的にはこの程度なら無理に掘り下げることはしません。恐らく芝は良好だと思いますがその確認をする程度のレースにするのが良いかなーと思います。東京開催もまだまだ先は長いので焦ることはありません。


京都1R

 低レベルメンバーで力差がハッキリしています。前で運べそうでそこそこ指数のある馬が外枠にそろってます。ただズバ抜けた指数を持ってるわけでもなくてたまたま相手が薄いので目立つというだけなのでそんなに信頼までは出来ないかなと言う感じ。せめてもう少し枠が良ければなーという感じです。個人的にはこういうレースは不安しか感じないので無理してまで手を出すどころかこれ以上は掘り下げません。ポンと前で楽をした馬がそこそこ粘り込むんだろうなーって感じです。なにがポンと前で運ぶかがいまいちハッキリしません。


京都2R
 ここまで見てきた未勝利戦の中では比較的メンバーレベルとしてはマシな感じです。最低これくらいの指数の配色がないとレベルが低すぎます。このレースを見てもらうと馬柱の背景色で青を出している馬が前で運びますのでその中でも指数の高い馬というのをチェックしてあげる作業をすればOKです。最終的な決め手はチェックコメントや馬場を加味して考えればいいですが初出走馬以外でいえばほぼそこら辺の馬でのワンツー決着になりそう。未勝利戦の中では買いやすそうなレースパターン。



京都3R
 ここも薄メンバーではありますが力差にメリハリを感じますので狙えなくはなさそう。やや詰めの甘さが目立つ馬がいて人気にもなりそうなので券種を含めて買い方での工夫は必要になりますが馬柱の背景色が青や赤の馬と指数の高い馬を中心に考えていくといいと思います。



京都4R
 内回りの芝でフルゲートになります。赤指数を続けている馬がいますがそれほど位置取りのいい馬ではないのでこれが前で運べるようなら結果に繋がってくると思いますが前で運びきれなかった時に包まれて進路が無くなる恐れがあります。上手く運べばいいんですが圧倒的な人気になるようだと位置取りを悪くした時のリスクの方が目立ちます。



京都5R
 フルゲートですが力差が激しいので論外の馬を削っていけば半分くらいしかまともにレースに参加できなさそうな感じ。1戦叩かれての変わり身があるとか、芝に変えての変化があるとか、そういったことがないとなかなか力の差を埋めるのは難しそうです。展開的にもかなり落ち着いた流れが想像されるので前で運べて指数の高い馬というのが圧倒的に有利になりそう。芝状態が良いとなると中途半端な位置で外々を回していると間に合わなくなるので出来るだけ指数の高い馬の中でもしっかり前で運べた方が好ましいです。

  
            
        
       
           


hide指数はPDF馬柱出馬表形式・全36レースで1日400円のお手頃価格。


チェックコメントも閲覧可!

スマホ・タブレットで利用出来ます。


勉強回顧  チェックコメント&hide指数


--------------------------------------------

▼申し込みフォーム一覧
http://www.hide-s.com/mousikomi.html               
     
        

■勉強回顧(競馬講座/重賞検討会)お申し込み→ こちら

勉強回顧  チェックコメント&hide指数


■hide指数入門こちら

 


以下リンク先のチュートリアルでも再確認してみましょう。


良く分かるhide指数&チェックコメントの解説編                                                  

Facebookも更新中
興味があったら目を通してみて下さい^^

https://www.facebook.com/kachigumizaiseki



hide@勝ち組在籍方法 http://www.hide-s.com/


hide@勝ち組在籍方法!さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス