▼四国新聞杯(GCタイプ) | 勝ち組在籍方法!競馬記事書庫
2016-03-31 12:35:44

▼四国新聞杯(GCタイプ)

テーマ:★指数活用法

お疲れ様です(*^^)/


hide指数、チェックコメント、勉強回顧の各種お手続きは金曜15時迄となります。締め切り時間にお気を付け下さい。



▼指数・コメントの使い方

良く分かるhide指数&チェックコメントの解説編



┏━━━━━━━━━━━━━┓

..........四国新聞杯(GCタイプ)

┗━━━━━━━━━━━━━┛


 少頭数にしては珍しいパターンになったので紹介しておきます。



 少頭数のレースはよっぽど引っ張る馬がいないとスローで隊列も短く団子状態になりやすいんですがこの四国新聞杯は少頭数にしては縦長隊列の消耗戦になりました。こうなるとGCタイプが天下になります。




 終わってみればGCタイプ(↑赤いマーク)のワンツー決着。



 これがどういうことかというと、GCタイプは徐々に加速する事でトップスピードを長く使える持続力の高いタイプの馬です。




 画像的に見づらいかもしれませんが↑少頭数にしてはかなり縦長の隊列になっているのが分かります。



 こうなると先行勢は逃げ馬を追いかけるので早めにスパートする事になり、それに引っ張られるように後方勢も押し上げて動きます。





 そうるすとギアチェンジタイプの馬は結果的に早い段階から前を追いかける展開になって自然と徐々に加速して行く事に繋がります。そもそも騎手がその馬がGCタイプだと分かって乗っているケースの方が少ないので必然的にそういう形になった方が結果に繋がります。これが隊列が短くなると追い出しを我慢するような形になって瞬発力勝負になってしまうので急激に加速出来ないGCタイプには出番がなくなってしまいます。


 さらにGCタイプにとって鬼門となるのが包まれて動けなくなることです。一度ブレーキがかかってしまうともう一度ギアを上げなおす事になるので間に合わなくなってしまいますから包まれる心配がない少頭数というのはプラス材料です。




 これはあくまでも結果論からの話をしています。こういう展開が想像されるときの例として適切だったので記事にしましたが、この四国新聞杯自体を予想する時にここまで縦長の隊列になることは想像しづらいです。こういう展開が想像されるような逃げ馬がいた場合などにこういう結果になりやすいということで展開パターンの引き出しの1つとして紹介します。




 消耗戦になりそうならば包まれない条件でのGCタイプは浮上機会が高くなります。逆に消耗戦にならないならばキレ味勝負では分が悪くなる事が多いです。よって自分から消耗戦に持ち込めれば安定して強い競馬を見せてくれるので中山ダート1800mで動きやすい枠のGCタイプは狙いになりやすいですし、ハイペースのレースなどでも狙って面白いです。




■hide指数入門こちら


■勉強回顧(競馬講座/重賞検討会)お申し込み→ こちら





勉強回顧  チェックコメント&hide指数





Facebookも更新中
興味があったら目を通してみて下さい^^

https://www.facebook.com/kachigumizaiseki





hide@勝ち組在籍方法 http://www.hide-s.com/




hide@勝ち組在籍方法!さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス