▼危険な人気馬:GCタイプ | 勝ち組在籍方法!競馬記事書庫
2016-03-17 23:26:29

▼危険な人気馬:GCタイプ

テーマ:★予想編

お疲れ様です(*^^)/


hide指数、チェックコメント、勉強回顧の各種お手続きは金曜15時迄となります。締め切り時間にお気を付け下さい。



▼指数・コメントの使い方

良く分かるhide指数&チェックコメントの解説編



┏━━━━━━━━━━━━━┓

..........危険な人気馬:GCタイプ

┗━━━━━━━━━━━━━┛



先週は危険そうな人気馬が結構多かったように感じた週でしたがその中の1つ東風Sを紹介します。







 ここで人気になっていたグランシルクですがどうしてもこういうタイプは取りこぼしそうな雰囲気があるパターンでした。





 ただでさえ前に行く馬に有利なコース形態をしている中山マイルですが、それで内枠にGCタイプ(ギアチェンジタイプ)のグランシルクだと脚の使い方がかなり難しくなることが想像されます。




 ギアチェンジタイプとは徐々に加速することでトップスピードに乗せていけるような脚を使う馬なので急激な加速などが出来ないのが特徴です。その代りスピードに乗せてしまえばかなりイイ脚を長く使えます。



 そうするとこの枠だと内側でジッとしていたとしたら追い出しが直線に入ってからになって馬群の中を捌かなくてはならなくなってしまいます。

 馬群を捌くには瞬間的な加速力のあるSタイプの馬の方が向くのでなかなか加速していかないGCタイプには好ましい条件ではないです。よっぽどロスがあっても包まれない外枠から早めに動いて行く方がトップスピードに持ち込めます。かといって、内枠から後方に下げて外に出して追い上げるのでは無駄な動きが多すぎますからどちらにしても人気になっている割りには取りこぼしが多くなりそうな危険な人気馬という予想に繋がります。実際のレースでは後方に下げて外に出して強引に動く競馬をして脚を伸ばしてきましたがやはり無駄な動きが多かった分で6着までが精一杯となりました。





 同日に行われたフィリーズレビューで3着に入ったキャンディバローズもGCタイプなんですがこの馬は騎手の好判断とも言える逃げだったと思います。馬群の中で競馬をしていたらグランシルクとは違って好位で運べる馬ではあるものの進路を探すのに手間取って仕掛け遅れになりやすいですからよっぽど逃げてしまった方が結果には繋がりやすいです。



 この馬は3着に粘ったと思われがちですが、実はこれは脚を余して終わっています。GCタイプなので追い出しを我慢しても急激には伸びないので、「さてここから伸びようか」というところでゴールを迎えた形となってしまってます。テン乗りだとGCタイプは結構難しいタイプの馬ですし、追い出しを我慢しすぎる傾向のある豊や福永はこういうタイプの馬でよく取りこぼしをします。手応えがあるのに伸びなかったというようなレースを見たことがあると思いますが、GCタイプの馬の場合は急激な加速が出来ないので追い出しを我慢しても加速できないので少し前を追いかけながら走るくらいの方がトップスピードに乗せるチャンスが生まれます。それでもGCタイプとしてはここで桜花賞の権利を取るためには控えるよりは積極的に先手を取ったのは好結果だったと思います。先団馬群で溜めていたら馬群の中でゴチャゴチャして進路が取れず加速も出来ずにたぶん3着はなかったでしょう。



 逆にアットザシーサイドはSタイプの馬で瞬間的な加速が出来る馬(勝ったソルヴェイグも)なのでああいう展開になって脚を溜めて馬群を縫ってもすぐに加速して来れるという特徴があります。




 馬の脚の特徴を把握することで馬券として狙うだけではなく、危険を回避することにも繋がるので活用して下さい。




■hide指数入門こちら


■勉強回顧(競馬講座/重賞検討会)お申し込み→ こちら





勉強回顧  チェックコメント&hide指数





Facebookも更新中
興味があったら目を通してみて下さい^^

https://www.facebook.com/kachigumizaiseki





hide@勝ち組在籍方法 http://www.hide-s.com/




hide@勝ち組在籍方法!さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス