▼軸馬に悩むレースは難レース | 勝ち組在籍方法!競馬記事書庫
2015-02-05 19:09:06

▼軸馬に悩むレースは難レース

テーマ:★予想編

お疲れ様です(*^^)/


hide指数、チェックコメント、勉強回顧の各種お手続きは金曜15時迄となります。締め切り時間にお気を付け下さい。



┏━━━━━━━━━━━━━┓
 軸馬に悩むレースは難レース

┗━━━━━━━━━━━━━┛


軸馬は第一印象→減点材料がないか裏付けを取る


 そのレースが買えそうかそうじゃないかは第一印象を大事にしています。指数出馬表をパッと見て「コース、展開、枠、馬(指数)」これで瞬時に判断します。


 それによってパッと見て目を引く馬がいないようならば買いづらいレースとなることが大半です。この第一印象をとにかく大事にします。




どうやって一瞬でで判断しているか?


 それは出馬表のです。




1.コースの形状を思い浮かべる

2.出馬表の背景色を見る

3.指数の色を見る


 この3つです。まずコース図を頭の中に思い浮かべます。コースの特徴だったり、その日の馬場の傾向(トラックバイアス)も頭に入れておきます。これによってどれくらいのペースでどれくらいの位置取りでどの枠が向いているかというのをインプットした状態で出馬表を見ます。



 パッと出馬表を見た時に馬柱の背景色をまず目に入れます。



 この背景色はそれぞれ以下の意味を持っています。


→逃げ

→先行

→中団

白→後方



 この色をパッと見る事でペースと展開を簡単にイメージします。この段階では細かく考える必要はありません。だいたいどれくらいのペースでどんな脚質の馬がどんな枠に入っているかを考えるだけで十分です。



 それによって、このコースでこのペース(配枠)ならば内枠の先行馬が有利とか、逆に動きやすい真ん中から外枠の差し馬が有利とかを第一印象として持ちます。



 次に有利だと思った位置取りや枠に指数の高い馬がいるかどうかを指数の色で見るだけです。指数のいるは高い順に赤→黄色→青→灰色となっています。つまり、条件のいい赤色指数の馬がいるかどうか、赤色がいないようなレースならば黄色の馬がいるかどうかをパッと見て判断します。

 これで適切な馬がいれば軸馬候補となりますし、いなければそれ以上深く考えてもほとんどの場合は無理矢理軸馬を選ぶ事になってしまって確率の悪い軸馬になります。



 ここまでが第一印象です。出馬表をパッと見て5~10秒くらいで判断出来ることです。

 最近は指数会員へこの段階で目についた馬を前夜に会報として配信したりしています。


軸候補が見つかったら減点材料がないか詰めて行く



 まずは軸馬の信頼度を確認するためにその馬に減点材料がないかを探って行きます。例えばここまでの作業ではその馬に距離適性やコース適正があるのかも見ていませんのでそういった部分をチェックしたり、チェックコメントの内容を把握して今回のレースに適切かどうかなどを確認していきます。減点が全くなければ理想ですがなかなかそういうわけにもいかないのでどれくらいまでの減点で折り合うかというのは個々の経験に依存する事となります。

 この判断が難しく感じる場合は減点材料を多く感じたら投資額を下げたりとかそういった工夫でも十分に対応出来ますし、券種による工夫も出来ます。全く減点材料がなければ単軸、少し減点なら連軸、もうちょっと減点なら複軸、さらに減点があれば第一印象は良かったがレースとしては見送り。こんな順序になってきます。




紐馬は?


 紐馬探しも軸馬と同じです。軸馬が決まったら、軸馬を決めるのと同じように第二の軸馬候補という感覚で紐馬を選んでいけばいいでしょう。レースによって紐馬が1頭の時もあれば全然絞れなくて10頭になってしまう事もあると思います。それはレースの質によるので毎回同じ頭数が紐馬として浮かび上がってくる方が不自然なのでこれが自然です。もちろん紐候補がたまたま少なければ馬券としても買いやすくなりますし、頭数が多ければ外すリスクを背負って絞り込んでいく価値があるかどうかなどオッズを踏まえて判断していきます。





軸馬を2頭で悩んだら

 どちらを軸にしよう? どっちも理想的なんだけど…


 ということがあればラッキーです。無理にどちらかを選ぶ必要はありません。その1点でいいと判断したということです。予想精度の個々の差はありますが現時点の予想技術の中ではベストの2頭と判断した事になります。さらに予想技術が向上すればもしかしたらその2頭に差を感じるようになるかもしれませんがその時に持っている自分の予想技術の中ではベストだと判断するといいと思います。


 その2頭を位置取りや相手関係などによって馬連1点にすることもあれば、3連複や3連単の2頭軸にして紐を選んで流すといった工夫に繋がります。つまり、いつも同じ券種で買うことを決めていたのでは買い方(券種)に合うレースを選ばなくてはなりませんのでよりレースが限定されてしまいます。状況に応じて券種を選んでいく事ができれば堅い馬券でも穴馬券でも関係なく狙えると思ったレースをそのレースに向いた券種で狙う事に繋がります。



 こんな感じで第一印象を大事にすると、まず大きいのは本来買うべきではないレースを切り捨てて買うべき候補を厳選する事に繋がります。これだけでも的中率が大幅にアップしますので、回収率も自然とアップに繋がっていくことが期待できます。後はコツコツとこれを繰り返して経験値とする事で自分の予想精度をアップさせていければ半年後、1年後には今よりも確実に状態が良くなっていると思います。予想精度は1週間や1ヵ月程度で急激に目に見える成長が分かるものではないですから今の現状をデータとしてしっかり残して、半年後、1年後に少しでもそれが向上している事を確認する事で自信にも繋がる事と思います。




 それでは今週末の開催も頑張りましょう!!


勉強回顧  チェックコメント&hide指数





Facebookも更新中
興味があったら目を通してみて下さい^^

https://www.facebook.com/kachigumizaiseki





hide@勝ち組在籍方法! http://www.hide-s.com/



■無料メルマガ>> a0000077893@mobile.mag2.com  に空メールで登録可


■hide指数入門こちら


■勉強回顧(競馬講座/重賞検討会)お申し込み→ こちら






 ここまではフィルターにかけただけなので、ようやくこの先に本格的な予想に入ります。


hide@勝ち組在籍方法!さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス