▼指数で簡単に当てよう | 勝ち組在籍方法!競馬記事書庫
2011-01-06 16:47:54

▼指数で簡単に当てよう

テーマ:★指数活用法

※2009年5月の記事です


 hide補正指数 が本格稼動しました。



 多くの方に使ってもらっていますが、より多くの人に少しでも結果を出してもらえるようにその使い方や簡単な方法を実例で説明したいと思います。



 まず、指数自体はあくまでも過去のレースのパフォーマンスですので、大事なのは今回どれくらいで走れそうかということを過去の指数を参考にして予想することが大事です。



 そこには展開や馬場といった事を加味して考えてあげるんですが、そういった展開予想が苦手な方は短距離ダートにだけ絞っていく事で高確率で当てる事が出来ます。



 なぜ、短距離ダートは簡単かというと以下の理由があります。



①ダートは乾いていれば比較的前に有利な馬場であることが多い

②短距離の場合は極端なスローペースになるコトもすくなく比較的ペースが安定する



 この①と②からこの条件は比較的近走と同じような指数で走る事が出来る可能性が高いので、展開や馬場を読むのが苦手な人でも結果を出す事が出来るのが特徴です。



 配当的には結構安いものが多くなりますが、逆に言えばこういうレースで無謀に穴を狙う方が危険なので、そういう買い方を防止することにも繋がります。配当的に安くても、点数を絞れれば十分に回収が取れるので低配当でも自信をもって行けば儲け的には十分です。



 本来配信している指数は以下のような出馬表形式なんですが、説明するには指数が小さくて見づらいので今回の説明では簡易版の形式で指数が見やすい画像で説明したいと思います。


馬券師hideの日常



土曜日東京3R
馬券師hideの日常


 理想をいえばペース的にもっと安定するのは1200くらいなんですが、東京は1200がないので、この1400も場合によっては馬券の対象にしてあげます。


 このレースでは1戦馬ですがワーズワースが指数的には前走で高い数字が出ています。大事なのはこの指数が逃げ・先行で出した指数だということです。ダートの場合は完全に前が有利であるケースが高いので、同じ高指数であったとしても位置取りを優先してあげます。例えば、指数100の差し馬よりも指数98の先行馬の方が好ましいです。


 こうなると展開が多少入ってくるので、簡易で使うならば「指数の高い先行馬が軸になるレースだけを買う」というのがポイントになります。


 ここではワーズワースが逃げて102という指数を出しているので、この馬から素直に指数上位に流してあげましょう。単純に相手を指数だけで選べば、5、7、13、16が候補です。


 レース結果は10→16→5 でした。



 単純作業でまずは当てる事を重視します。次にこれに慣れてきたら、そのヒモ馬の4頭から相手を絞り込んで回収を取れるように練習していきます。



 オッズなどが安くて絞込みをする場合は過去数走で安定して高い指数を出している事や、先行できる事などを選出条件としてあげると効果的です。


土曜新潟2R
馬券師hideの日常

 ここは新潟の1200mです。安定して高い指数を出していて、先行できているのがフレイヤです。どんなレースでも大事なのはあまりにも指数がカラフルじゃないことが理想的です。つまり、指数的に高い馬と低い馬が偏っているとより狙いやすいです。


 簡単にいえば、薄いメンバーの中にちょっと上位の馬が何頭かいる程度が馬券的には絞りやすくなりますので、仮に配当が安くても簡単に絞れるので初心者向きです。


 フレイヤは先行して過去2走でそこそこ安定した指数を出しているので馬券的な候補です。この場合、フレイヤが99で、1番が97、3番が97なんですが、この指数の差である2くらいはそんなに大きな差ではないので、何を優先させるかというと指数の差ではなく、安定した指数が出せている事を重視します。



 数字にこだわりすぎる人は指数が1つでも高い方を選びたくなってしまうかもしれませんが、ちょっとした展開の差で簡単にそれくらいの数字は入れ替わりますからあんまり気にしすぎない事も大事です。これが4~5くらい違うのであれば指数を重視しても良いと思います。


 このレースはフレイヤからその2頭で良さそうですね。例えば凄く気にするのであれば4や13が前走は前々で競馬をしてほどほどの指数を出しているので注意が必要なレベルになりますが、こういうのを買うか買わないかの判断は高配当ならば押さえてみるというような判断が良いと思います。



 結果、12-1-4でした。




日曜新潟1R
馬券師hideの日常
 これは勉強回顧で取り上げたレースなんですけど、特別にその時に書いたものを掲載させていただきます。これはオッズも分からない前夜に書いたものです。


---掲載内容---

新潟1R
 かなり薄いメンバーなので、前々での競馬が出来そうなミッキーシュタルクの逃げ粘りに注目してみたいです。ここは指数だけで考えて14.7の2頭に絞り込んで様子を見てみたいレース。池崎なんでちょっと狙うには不安なのが14なんですよね~。安すぎたらこのレース自体を買うほどの価値はなさそう。ならば14を元返しにして7を本線にして回収がどれくらい取れそうかなんてのも見てみたい。オッズ的似余裕があれば初出走のローズは何となく怖いので注意しておこうかなーと思います。

---ここまで---


 安定した指数と安定した先行力でミッキーシュタルクを濃く候補に。例えばこういうのを前走だけの指数で見てしまうとミッキーが95でコスモが97なので、指数にこだわりすぎる人はコスモに目が行ってしまいますが、過去3走をみても先行しているのは2走前だけなので、それに比べると安定して先行しているミッキーの方が軸に適しているという判断をします。


 そこで相手にはハードイチオーとコスモジブリルをオススメしているんですが、一見するとハードイチオーをなぜ推すのかが分かりづらいと思います。それは、3走前の指数に隠れていて、前走と前々走は1400mで指数を落としているのに対して、3走前では高い指数を出しているので注目としてみました。


 その前にコスモジブリルが池崎くんという若い騎手でちょっと不安を感じた事が一つの要因です。

 手広く行くならば先行馬のピクチャーオブユーも視野に入れなくてはなりませんが、前夜の段階から3点で買うほどの余裕はないんじゃないかという想像オッズが頭の中にあったんで、こういう決断を下しました。



結果、13-7-12。


 指示通りに2点買いで14を元返しにし7を本線にしていた場合の回収率は500%でした。



 先の2つの例よりもやや頭を使った中級レベルのパターンだったかと思います。



日曜東京2R
馬券師hideの日常

 指数だけを見ても安定した先行力と安定した指数を考えれば軸候補にはカズノウォーニングが最適です。相手も指数の高い所を簡易的に選んでいくとしたら10、12、15が候補です。不気味なのは指数はそれほど高くはないが先行できてボチボチな指数を出しているアフリエイトくらいです。


 15番のマイネルは指数的には抜けてるんですが、こういうパターンだと前走は中団からということを考えると安定して高い指数を出している先行馬のカズノの方が魅力的です。


 予想段階では入れてもその4頭までが相手候補。



 結果、15-4-10。



 結果的には指数の抜けたマイネルがシッカリと勝ちましたが、軸として指数だけで安定した指数に期待すればカズノの軸で正解だったと思います。馬連の軸として全てお話しているので、仮に馬単とかを買うのであればこれだけの指数を出しているマイネルを差し置いてカズノの頭からは買いづらいですが、だからと行ってマイネルも爆発したのは前走だけなので信頼度としては予想段階では高いものとは言えないのでポカがあるかもしれないということは視野に入れておきます。


 仮にこのレースにカズノがいなかったと仮定したならば、マイネルの次に高い数字を安定して出しているのは10番のダンサーズブロンドなんですが、これだけ指数が離れていれば仮にポカがあったとしてもそれを考慮した上でマイネルから10と12に2点で買うと思います。




 このような感じで展開読みが苦手な方でも結果をすぐに出してもらえるような指数になっていますので、展開読みなどに慣れてくるまではこういうレースを中心に組み立てて行くとそれだけでもプラス収支で終える事が可能です。



 誤解がないように言うならば、芝でも中距離でも指数としては十分に効果は現れています。ただ、短距離は先の①や②といった単純作業で狙えますが、それに比べると展開などが入ってくるのでちょっと工夫も必要になってきますので、しばらくは短距離ダートで稼ぎつつ、中距離や芝などの展開読み・馬場読みの勉強をしてレベルアップしていってもらいたいと思います。^^




 また、指数はチェックコメントと共にお使い頂いています。なんでその馬の指数が高いのかとかが明確になるのがコメントです。逆に、人気馬で指数が低い場合にはコメントを見てもらうと指数が低くなっている原因なんかも書いてあったりするので、今後の競馬に対する着眼点が変わってくるでしょう。



 指数+コメントのお申し込みはこちら



 是非、今週末から活用してもらいたいと思います。^^



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

hide@勝ち組在籍方法!さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス