▼軸が分かれば馬券は当たる | 勝ち組在籍方法!競馬記事書庫
2010-12-26 22:15:08

▼軸が分かれば馬券は当たる

テーマ:★予想編

 基本中の基本ともいえることは軸馬を選ぶことです。軸馬をちゃんと選ぶことが出来れば、かなりの確率で馬券を当てる事ができます。例えば軸馬の連対率が50%あったとしたならば、総流しするだけで半分は馬券を当てる事が可能と言うことです。もちろん、総流ししていたのでは回収が取れませんのでヒモ馬を絞り込むという作業も重要ではありますが、それは軸馬が選べて初めて進めるステップといえるでしょう。




 軸馬を選ぶ方法は山ほどありますし、そのシーンによってどういう馬を選ぶかというのが違います。その方法は過去のメルマガや回顧などでも取り上げていますが、今回は手段よりも軸馬選びの重要性を熟知して欲しいと思います。(^-^)




 さて、先ほど言いましたように軸馬の連対率が50%あるならば、総流しで的中率も50%になることになります。総流しでは回収が当然取れないので、それを買い続けていてもほぼ収支はマイナスとなってしまうことでしょう。しかし、総流しではなく、確実に来ないと思われるヒモ馬を数頭削って、回収率を200%にすることができれば自然と収支もプラスにすることが出来ます。ヒモ馬を何とかして選ばなくてはならないという観点を変えて、確実に来ないであろうという馬を削っていく視点をもって対応すると案外にも相手関係は絞れてくるものです。そのようにして、回収を200%以上に保っておけばトータルしての収支は確実にプラスにすることが出来ます。



 そのバランスを維持する手段として、もっとヒモ馬を絞ることによって、的中率を35%程度まで下げる代わりに的中した時の回収率を300%以上に保つことで儲けを確定させるという手段もあります。





 しかし、それも軸馬がシッカリとしているからこそ計算が出来るものと言ってもいいと思います。(^^ゞ



 自分の軸馬がどれくらいの頻度で連に絡んでいるかと言うことを知ることによって、色々と作戦を立てる事も可能になってきます。また、自分がどういう分野を補わなくてはならないのかというのも分かるでしょう。例えば、連対率が50%あるにも関わらずイマイチ回収が悪いのであれば、ヒモ馬選びに問題があるということに繋がってきます。一方、軸馬の連対率が30%ほどしかないようであれば、軸馬の選別力を磨くことに重点を置いていけばいいという目標が見えてきます。




 馬券を当てるというのは、スポーツや受験とかと変わりません。(^^ゞ 努力すればそれだけ当てるだけのセンスや勘が備わってきますし、経験からの視野が広くなるので色々な引き出しを持つ事につながります。しかし、闇雲に馬券を買っていたりするのと、目標をもって馬券を買っているのでは次への繋がりが全く違ってくると思います。




 まずは軸馬の集計から始めてください。実際に買ったレースの軸馬を集計するだけでもいいですし、前夜の検討段階での軸馬を集計するのでもいいです。ただし、これらを混同させずに、どちらかだけを集計しないと全く違ったデータになってしまいます。(^^;;




 私は勉強回顧でサービスとしてやっているオマケ馬の中で○馬の集計というのをしています。私の場合はどれくらいまで数字を上げることが出来るかと言うことにゲーム感覚で集計しているようなものですが、11日現在では以下の通りになっています。




【○馬の行方…】
<11日終了時合計>
(62-37-15-33)計147頭
勝 率42.1%
連対率67.3%
複勝率77.6%




 これは今年の3月くらいから集計を始めたものです。このデータからいえば、○馬を頭とした馬単流しでも42%は的中するということになりますし、馬連流しならば約7割に近い結果を出せるということに繋がります。あくまでも流した場合なので、実際にはヒモ抜けもありますからやはり馬連だと50%程度の的中率で収まると言えるでしょう。(^^ゞ これも昼までの段階で推奨した馬なので直前の馬体重や馬場の変化、勘と言ったものが加味されていない状態のものです。なので、個人的にこれを集計し始めてからは、○馬のレースだけ買っておけばいいとすら自分で考えるようにもなっています。(^^;;




 このようにして集計することによって、どのような作戦で馬券を買うかと言うことにも繋がってきます。軸選びが出来ていないのかヒモ選びに難があるのか、ということを明確に分かるためにもこのようにして集計しておくことは次のステップに進むための材料ともなりますので、早い段階から取り組んでみてはどうでしょうか。(^-^)

hide@勝ち組在籍方法!さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス