▼複勝転がしとは… | 勝ち組在籍方法!競馬記事書庫
2010-12-26 21:36:35

▼複勝転がしとは…

テーマ:★投資編

 掲示板などで複コロに関して大変盛り上がりを見せておりますが、その反面で色々なールを頂きます。それはどんなメールかと言うと「なかなか上手く転がらないんですけど…どうしたらいいですか?」と言った内容がほとんどです。(^^ゞ




 ここでハッキリとさせて置かなくてはいけないのは、複コロは簡単であって難しいと言うことです。それはどう言うことかというと、「もろ刃の剣」と言う表現が近いでしょうか。複コロの特徴としては、少ない額で始める事が出来るのでリスクが少なく、沢山転がることで大きな儲けを得ることが出来るのが特徴的です。ただし、それにはそれ相当の技術と熟練が必要です。




 複勝だから当てやすい、複勝だから馬連よりも簡単だ、3着に入る馬を探せばいい。と言った事が脳裏を横切るかも知れませんが、それはどちらかというと違います。




 それは何を指しているかと言うと、複コロが出来る人は馬連を買っても十分に儲けることが出来ると言うことです。裏を返せば、馬連で儲けることが出来ないのに複コロで成功するのは大変難しいとも言えるのです。それは何故かと言うと、馬連では軸馬からヒモを選んで流すのが基本的な買い方です。仮に馬連ではBOXでしか買わないと言う人が居たならばなおさら複勝には向きません。(^^ゞ




 どう言うことかというと、馬連で軸とヒモを選ぶ(儲ける)と言うことはそのレースの横の関係がシッカリと把握できていると言うことになります。まずはこの横の関係、レースを予想すると言う観点がキッチリと出来ていないと「もろ刃」の刃は自分に襲いかかってきます。




 馬連を買う際の軸馬、つまり軸馬選定がそのまま複勝へと繋がっていきます。基本的には「3着になら入るだろう」と言う安易な考えでは何処かで転がしは途絶えます。あくまでも馬連で買った際の軸、もしくは勝てるであろうと予想が出来たときの馬がその対象と
なるわけです。勝てるであろうと思えるかどうかは、そのレースの横の関係がハッキリと見えていないと自信を持てないはずなので、馬連で儲ける事が出来て、初めて複コロが成立すると言っても過言ではないと思います。(^^ゞ





 複コロを始めるに際して、まずやるべき事は馬連をキッチリと取れると言うことです。目安としては馬連で50%くらいの的中率を上げられるようになれば、十分だと思います。その時の軸馬(2着率)の選定率はおそらく80~90%以上になると思いますので、そこで初めて成立すると考えられます。逆に言うと、これくらいを達成出来ない場合は的中率重視の複コロよりも期待値重視の馬連に徹した方が遙かに儲かるので、一度自分を見直してみても遅くないと思います。





 それは軸馬を選ぶ力も必要ですが、レースを選ぶ力も十分でないといけないからです。前述した、「複勝だから当てやすい、複勝だから馬連よりも簡単だ、3着に入る馬を探せばいい。」と言う安易な考えがあった場合は現状では危険を伴う可能性がとても高いです。まずやるべき事は、馬連に徹して買うべきレースをキッチリと見極め、軸から少点数で流してキッチリと的中できることを目標とすべきです。的中率が上がってくれば、回収率も十分に伴って来ますので、そうなれば横の比較も十分に出来ている証拠です。そこから初めて「もろ刃の剣」でもある複コロの旨味を味わう事が出来ると思います。





 「何故複コロなんですか?」と言う問いに対して私たちは安易に「簡単だから」と答えてしまうんですが、そこまでの内容が伴った上での「簡単」と言うことであって、それ以外に適当な言葉がないためのものです。(^^ゞ

 我々がその方法で成功しているからと言う考えだけでの複コロは大変危険なので、メールや掲示板などで頂いた質問のアドバイスとして今回のメルマガを書いてみました。




 もし、複コロで伸び悩んでいる方がいたならば、今回の内容に当てはまっているかどうかなどを再度自己分析して見直すことも一つの方法だと思います。キッチリと馬連で横の比較をして、レースを選別し、的中率をキッチリと上げてから複コロに挑んでも遅くはないのではないでしょうか?寝言が常に馬連対応であることはその横の比較や展開上の動きなどを把握してもらうためのものです。そこに当日の馬場や流れなどを加味してそのレースの質をキッチリと把握してから馬券購入をしてみてはどうでしょうか?(^-^)

hide@勝ち組在籍方法!さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス