▼横山 典弘 | 勝ち組在籍方法!競馬記事書庫
2010-12-26 21:27:07

▼横山 典弘

テーマ:★騎手編

 横典といえば、結構人気でも飛ばす印象があります。大きな特徴として言ってしまえば「仕掛けが遅い」です。早めに動きすぎて垂れてしまうことよりも追い出しが遅くて届かないことの方が断然に多く感じます。




■馬場は無視


 基本的に馬場は無視してるように感じます。騎手全員が外を回すような時期になると、まるで真似したかのように外に持ち出すようになりますが、早い段階で一部の騎手しか外に回していない時はあまり気にせずに乗っているように感じます。そういう意味ではよほどのことが限りは馬場の良い所を通してくれるような事は期待したくありません。




■内に入れる→広いコース向き


 一番の特徴としてはすぐに内に入れたがることです。ロスの無い騎乗という意味ではいいんですが、臨機応変な対応に欠ける感じなのと馬場を無視しているのが怖いところです。内が伸びない馬場でも内に突っ込む可能性があるので場合によっては危険を伴います。しかし、内がよく伸びていて、内差しなどが決まる日には力を十分に発揮して人気薄でも馬券に絡ませる事があります。
 内に入れるという特性からできるだけ広いコースの方が結果を出しやすいです。小回りのコースでは内で包まれてしまう可能性が断然に高くなるので東京などの広いコースの方が上手く乗っている感じがします。




■仕掛けが遅い


 全体的に消極的というか、仕掛けが遅いタイプの騎手です。仕掛けが遅いので、どうしても差し込んで届かないことなどが目に付きます。逃げ馬などでも後続を一旦待ってから追い出すようなところがあるので、二の足を使える逃げ馬などならばもう一伸びを期待できますが、前半から飛ばしていく持続力タイプの馬では差されてしまう可能性が高くなります。




■少頭数は上手い


 少頭数のレースでは基本的にSタイプのレースが多くなるので決め手を活かす馬に有利になります。仕掛けの遅いことがたまたま上手く作用することが多いのかもしれないのと、頭数が少ないので内を突いても包まれる心配が少なくなることなどから少頭数だと比較的馬の力を十分に出し切る事ができます。

hide@勝ち組在籍方法!さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス