農薬とは24 ~消費者からのメール④~ | 小松菜農家 hideのブログ

小松菜農家 hideのブログ

発祥の地=江戸川区で小松菜を作る農民のブログ


テーマ:

どもデス。

続きデス。


化学物質過敏症の方との話の中で

農薬と植物のもつ抵抗物質の話をしました。

一般的にファイトアレキシンという種のもの。


化学者レベルでみると・・・



○野菜

○昆虫(菌でもOK)

○農薬



これらの関係の中で、農薬がなくとも

野菜、植物は昆虫等に食害された場合

攻撃物質を生み出すということがわかっています。


その物質が、ある人にはアレルゲンになる。

というデータを見たことがあったので紹介しました。



『無農薬』 『危険』



で検索すると、トップに出てくるのが大地を守る会の方のブログ

それが結構詳しく内容・意見を書いてあります。立場上俺と一部違う意見ではありますが

農薬の使用に関するスタンスは大体同様。


ただし、記事が古いためか、後半の方では



『有機野菜に切り替えたらアトピーが治った』

『無農薬の玄米に切り替えたら米アレルギーが軽減された』



と、今回のケースと真逆の話が書いてあります。

いや、真逆と言うか、今まではこれが信じられてきたと思うし

俺もわずかーーにそう思っていた部分はある。1%くらいw


ただし、当時から


『まったく効果がなかった。』

『むしろ逆にアトピーが悪化した。』


という意見がまったくなかったのか今回の件を知るとまことに疑問。

そもそも野菜にそんなパワーが・・・?つーか、そんな調整可能なのか・・・?と。

一昨日も書いたけど、アトピー性皮膚炎の原因の約8割程度はカビの作る

タンパク質だという話だ。野菜とは直接関係がない。


コチラ (2013/6/6) 

コレモ (2012/6/12)


仮に野菜と関係づけるなら、規則的な生活をし楽しい食事の中に

新鮮な野菜を彩りよく取り入れて食べたから体が健康になった♪

くらいなものだろう。


一応気になるので、野菜にそういった皮膚上のタンパク質を

分解するような特殊なものが存在するか確認してみようと思うが・・・

だったら、今回のこの発見をした医師がいうハズ。


『やはり一部の野菜を取り続けると治るだろう。』


と。

でも、秀道広教授曰く


『今後、たんぱく質だけを取り除く製品などを開発することで

患者のアトピー性皮膚炎を和らげることが期待できる』


とまったく違う指摘を発表。

野菜のことなんて全然触れていませんw




では、コピペ。


農薬、肥料の回数、メールの件、わかりました。

りんごのHP見ました。 ← 大地を守る会の方のブログを紹介した。
以前読んだことがありました。


実際に農家の人の立場に立ってみないと
私達消費者側は分からないことが多いですね
口だけで、農薬農薬と言ったって・・・^^;


大豆も体に合うものを探すのは一苦労でした
今は岐阜のJAのフクユタカという品種の大豆が合うので取り寄せていますが
それまでにたくさんの品種・・とよまさり、オオツル、つるのこ、ツルムスメなど
市販のも無農薬のも試しました
どれもこれも何かしら体が不調になりました。
岐阜のJAの大豆は、クリーン農業といって、普通より少し農薬や化学肥料を少なくしてるみたいで、
やはり減農薬減化学肥料くらいが、体へ負担が少なく安定してるのかなぁと思ったりしてます。


農業は奥が深いですね。
農薬や肥料もたくさんの種類があるようですし
JAは使用するものに規定があるようですが


私はスーパーの野菜より、有機栽培と書かれた野菜の方がこわいです。笑
Oisixの野菜は合わないものが多かったです



注)Oisixの野菜が危ないという意味ではありません。

こういう誤解を解こうと思っているブログなので、普通にOisix食べてください♪

俺の同級生もoisixと一緒に仕事してます♪売れ行きがいいと彼も喜ぶw


あ、別に販売促進ではないからねw



注2)たぶん、こういう人ばかりではありません。真逆の人もいるでしょう。

それが化学物質過敏症だと俺は思っています。誰に何が当たるかわからない

という意味で。なので、農薬を使った方が安全。とかいうのも行き過ぎな価値観だと

思います。つーか、何度も言っているけど農産物において明確な差を作ることは無理。




実際農産物はそういう綺麗な差は生まれません。

地域、作柄、生産者、流通経路、保存状態、農産物の種類。

色々あり過ぎてコントロール不可能です。


俺だって、同じ畑だって・・・狙って同じ成分値にすることは無理だし・・・

同じ安全性にもならないだろう。隣り合ったF1の小松菜の味の差が

舌でわかっちゃうくらい違う。


Oisixの販売促進部分以外w

この化学物質過敏症の方にも似たように返答しました。






今日の科学で分析できない農薬の危険性に関しては

今日の時点で農村が潰れていないことが証明です。

100%安全だとは言えませんが




危険だとしたら必ず最初に

農薬を使用している農民に

影響が現れます。


※現れたらこのブログで言いマスw

皆さまが気を付けるのはそれからでも十分遅くないと思う。



現時点で多くの農家は子供が生まれ、普通に生きています。

後継者が育たないのは儲からないからで、出稼ぎに行ってるところすらあるw

農家が体に受ける農薬の影響は一般消費者の1000倍程度では済まないハズで

一般消費者が農産物を食べるときにおいて大きな差は生まれません。


結構どうでもいいレベルの話。


農薬と化学物質過敏症の直接的な関係が生まれるとしたら

農大生や、特に農業高校等の生徒の多くがそういった症状に悩む。

とかなら証明できるだろうけど、なかなかそういう事例はない。





で、あとがき。


『無農薬』『危険』で検索すると・・・

大地を守る会の方のブログ以外には

無農薬をむしろ危険だというブログが結構あるw


個人的な結論を最初に言いますが

何度も言うように、一般に流通する野菜においては


どちらも健康には大差ない。

彩良く楽しく食事すべき。


もうさ・・・せっかく分けたのに・・・!とか市場外流通の一部の方々からは

言われそうだけどさ・・・でも、今回の件見たでしょ?


何を持って安全を証明してるのか・・・

なんかさ、自然とか天然とかのイメージでしょ?

もうやめなよw保証がなさすぎ・・・。



健康を害するものを知りたいのならば

日々の食生活全体を見るべきで



・睡眠不足

・暴飲暴食

・運動不足

・偏食



この辺りの方が現代人はずっとずっと致命的な害になる。

1個1個の物質に過剰に対応してさ・・・。なんで食品に含まれる

1物質にだけ猛烈に反応するのに、私生活のバランスを見直す・・・



運動不足が危ないっ! ← 当たり前すぎてウケるw



とか言う人は居ないの?w

あ、居るの?wつーか俺みたく100㎞走るなんて

絶対体に悪いからねwww


むしろ金にならない農作業の代表として




草むしり。




これ体に悪いけど大丈夫?w

相当腰に来るぜ?夏場なんて倒れるリスクを伴うw


睡眠不足の危険性とか、寝過ぎの危険性とか

暴食の危険性とか・・・そっちの方が健康被害に近道w


まぁいいや。

騒げば満足♪みたいな趣味だろ。

早く飽きてくれwつーか、騒いだ後に責任持たずに忘れてる人が

ほとんどだしねwww



■農薬のリスクと

植物の持つ抵抗物質のリスクについて■



農薬に関しては最初から書いてるので、それを読んでください。

あと、植物の持つ忌避物質だとか、抵抗物質?なんでもいいけど

数々あるアルカロイド等の化学物質でしょ。


大丈夫大丈夫。

絶対大丈夫!スーパーとかに普通に並ぶ種類の野菜ならね。

野草とかは知らないけど。山菜とか筍とかはさ、食べ方昔から伝わってるでしょ?

アク抜きっつー。そういうのを守れば大丈夫ー。

普通に生活できてる人が気にする話ではない。

化学物質過敏症の方は気にする必要があるかもしれないけど

それも農産物においては定かではない。


そんな超微量の抵抗物質を気にするならさ・・・

実際、野菜なんて、人間(農民)に収穫されたことで

ストレスを感じてるハズで





| ゚Д゚) おいやべーよ、抜かれたぜ俺!つーか、茎折れたぜ今。


| ゚Д゚) いやいや、俺なんか葉っぱが切れてるからっ!!!





とか思ってるハズなんだよねwww


野菜は人間の為に生まれたわけじゃなくて花を咲かせて種を落としたいわけだし。

だから、農家が収穫した後は比例してそういった抵抗物質が増えていくと

思うんだよね。超微量だろうけど。だから、新鮮な美味しいうちに食べましょうw



いや、こういう物質も大した健康被害になることはないからねw

見た目新鮮なら普通に美味しく食えるからね。


いや、厳密にいうと、もっともっと科学が進めば

色々わかってきて害になるのかもしれないけどさ・・・

もう、それって害とかそういう次元じゃないから。

そんな小さなものを気にして食事する方がよっぽど害だ。



こういうわけのわからない情報で消費者を振り回して

不安にさせることも化学物質過敏症の方を悩ませるのだと

何故気づかない?



医者が言うならまだしも、農家や流通が・・・。なんだそれ。

いやもっと最悪なのが、一部の消費者か。危険物質の情報を見つけたら

それを散々危険だと煽った後、自然大好き♪みたいな顔して酒飲んでラーメンくってwww


何がしたいんだ。

本人曰く『食育』といっているが、滅茶苦茶だ。


しかも、安全を付加価値にする流通や農家は

みんなそれぞれ言っていること違うし・・・

最終的に農産物売りたいだけなのか?


そういうの気にするなら、まず栄養バランス考えて毎日の食事をとろうよw

そっちの方がずっとずっと重要だよ。まぁ普通だし、地味だから流行らないだろうけどね。


管理栄養士の方々はみんな思っているよね。

あと、医者もか。



なんで農家ごときが安全を語るようになったんだろうね・・・。
農家が言うならさ・・・



旬だから美味いんだよ。

あと、収穫適期だから美味いんだね。

ここら辺の地域はこういう作物作るのに適してるし。


あ、つーか俺が作ったから美味いのかwあはw



せーぜーこれくらいじゃねーの?


つづく。


農薬とは① ~はじめに~

農薬とは② ~農薬の概念~

農薬とは③ ~奇跡の外し方~

農薬とは④ ~鍵穴合わせ~

農薬とは⑤ ~農薬の使用有無に関しての安全性~

農薬とは⑥ ~何故農薬を使うのか~

農薬とは⑦ ~具体例~

農薬とは⑧ ~化学物質とは~

農薬とは⑨ ~農産物の流通の歴史①~

農薬とは⑩ ~付加価値~ ← お蔵入りしそうだったw

農薬とは⑪ ~農産物の流通の歴史②~

農薬とは⑫ ~経営における無農薬という付加価値~

農薬とは⑬ ~資材における有機という価値~

農薬とは⑭ ~農薬を使わないで栽培する方法①~
農薬とは⑮ ~農薬を使わないで栽培する方法② by メクレ~

農薬とは⑯ ~農薬を使わないで栽培する方法③ 生物の拮抗~

農薬とは⑰ ~農薬を使わないで栽培する方法④ 肥料分と昆虫…

農薬とは⑱ ~中締め~

農薬とは⑲ ~生産者のブレ幅~

農薬とは⑳ ~化学物質過敏症とは~

農薬とは21 ~消費者からのメール①~

農薬とは22 ~消費者からのメール②~

農薬とは23 ~消費者からのメール③~

農薬とは号外 ~映画『奇跡のリンゴ』の観方~

農薬とは24 ~消費者からのメール④~

農薬とは25 ~消費者からのメール⑤~

農薬とは26 ~消費者からのメール⑥~

農薬とは27 ~まとめ~

農薬とは28 ~このシリーズを書いて~

hideさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス