農薬とは22 ~消費者からのメール②~ | 小松菜農家 hideのブログ

小松菜農家 hideのブログ

発祥の地=江戸川区で小松菜を作る農民のブログ


テーマ:

ども┏o ペコリン


続きデス。


動物性の肥料についてお尋ねした理由ですが


私は野菜ジュースを手作りしているのですが有機野菜を使うと

なぜか飲んだ後、とても体がだるくなるのです。


動物性の肥料が合わないのかな、とも思うのですが
一度、イオンの減農薬のにんじんを使うと、呼吸が苦しくなりました。

問い合わせてみると、肥料に鶏糞を使っているとのことでした。
鶏糞が合わなかったのか、それとも、抗生物質を使用した鶏の糞がいけなかったのか
もしくは、発酵がちゃんとできてなかったのか私は素人なので原因はわかりませんが
安全であるはずの有機野菜が合わないことが多く、減農薬減化学肥料くらいで
作られた野菜が合うような気がしています。

EMが使われてる野菜も合わなかったですね・・。
hideさんのブログでも書かれていましたが、菌、微生物?が
大量に発生するような土で育った野菜は合わないのかなと思います



いやね・・・
ホント詳しい!すげー調べた人でした。


でも、出来上がる野菜は普通!ということを伝えたい。
旬の野菜を鮮度がいいウチに食べましょうと。

※実際伝えました。



実際は何かの物質に当たっているのだと思う。
それが何だか特定するのが困難だし、個人によって違うということで
だから、化学物質過敏症というのは相当手ごわくてほんと大変なのだけど
農家はその症状1個1個に合わせて栽培してません。


むしろ農産物の栽培において
そんなの無理です。

そんなコントロールが出来るなら、盛んに医療に取り入れられているでしょう。


文中に出てくるイオン。
別に危険ではないですからね。

栽培法で農産物の危険性が大きく変わることはないです。
何かが原因なのかもしれないけど、それは化学物質過敏症という
専門医でも手を焼くような症状のためで、農家や流通が相手に出来る
内容ではない。

でも、俺は逆に1個農家や流通が負の要素を与えてないかと思う。
宮田先生曰く、アメリかでは化学物質過敏症の一番の効果的な治療法に


『お祈り』


があると書いていた。
実際社会復帰もしているという。

心の平和が大きくかかわる病気なのだろう。
いや、むしろ病気の多くが健常者にとっても同様だ。


俺がたまに出す例が以下だ。
例えばあなたが中学生だとしよう。



生まれて始めて好きな異性と付き合った場合どうだろう。
悩みなど吹き飛び疲れも吹き飛ぶwwww

果ては『眠くないw』とかいう始末だw

社会人になったってそうで、業績等がうまくいっている時
俺の愛する陸上ならば自己ベストが出た時。



もうね、疲れなんて銀河のどっかに飛んでっちゃうわけw
どんな時も人間、心と体は切り離せないのだ。


野菜を食べるときに、不安?を生ませる必要があっただろうか。
ありもしない不安を生ませたのは、販売促進のために安全・安心を訴え
根拠なく、他を危険だと言ったせいではないのか・・・。

しかも流通とか農家の『安全』における素人が。


つづく。


農薬とは① ~はじめに~

農薬とは② ~農薬の概念~

農薬とは③ ~奇跡の外し方~

農薬とは④ ~鍵穴合わせ~

農薬とは⑤ ~農薬の使用有無に関しての安全性~

農薬とは⑥ ~何故農薬を使うのか~

農薬とは⑦ ~具体例~

農薬とは⑧ ~化学物質とは~

農薬とは⑨ ~農産物の流通の歴史①~

農薬とは⑩ ~付加価値~ ← お蔵入りしそうだったw

農薬とは⑪ ~農産物の流通の歴史②~

農薬とは⑫ ~経営における無農薬という付加価値~

農薬とは⑬ ~資材における有機という価値~

農薬とは⑭ ~農薬を使わないで栽培する方法①~
農薬とは⑮ ~農薬を使わないで栽培する方法② by メクレ~

農薬とは⑯ ~農薬を使わないで栽培する方法③ 生物の拮抗~

農薬とは⑰ ~農薬を使わないで栽培する方法④ 肥料分と昆虫…

農薬とは⑱ ~中締め~

農薬とは⑲ ~生産者のブレ幅~

農薬とは⑳ ~化学物質過敏症とは~

農薬とは21 ~消費者からのメール①~

農薬とは22 ~消費者からのメール②~

農薬とは23 ~消費者からのメール③~

農薬とは号外 ~映画『奇跡のリンゴ』の観方~

農薬とは24 ~消費者からのメール④~

農薬とは25 ~消費者からのメール⑤~

農薬とは26 ~消費者からのメール⑥~

農薬とは27 ~まとめ~

農薬とは28 ~このシリーズを書いて~

hideさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス