農薬とは⑬ ~資材における有機という価値~ | 小松菜農家 hideのブログ

小松菜農家 hideのブログ

発祥の地=江戸川区で小松菜を作る農民のブログ


テーマ:

なんつーか・・・w


最早これが食品の安全シリーズなのかどうなのかw

よくわかりませぬが、ちょっと今までの流通等の話を理解したうえでしか

説明できない資材(堆肥とか肥料とか)の話。




化成肥料が何故悪者にされたのかのすべては不明であるけど

一面として以下の背景があったと思われマス。




農協・市場流通 → 化成肥料

市場外流通 → 有機肥料




これは何がって、農協が肥料を売りたくて売りたくて



『肥料は入れれば入れるほど良く出来る♪』



みたく言った時期があったっぽくて。

まぁね、『ぽい』って時点で過去の話なんだけど。

俺は1度も農協からそう言った話を聞いたことは

ないのだけど、その当時を知る人たちの口からは同じような

内容をいくつか聞いたことがある。



で、でも実際は入れれば入れるほど良く出来るわけなくてw

ほどほど、適量が正しいわけ。


でも、多くの農家は信じて入れたんだってねw

清浄野菜っつって、人糞使った農産物との差別化もあってね。

多くの人は化成肥料を使えばOK♪だと思ってた時代があった。



そんな背景で、ここでも市場流通との差別化が起った。




『有機肥料を入れたら美味しくなる』

『有機栽培だから美味しい!』




みたいな迷信が始まったわけ。

そりゃー、微生物の活動の場を提供すれば

タイミングがあえば土の物理性を良くするような現象は起るだろうね。

作用しているのが生物だけに確実な保証はないけどさ・・・




でもさ、そういった100%有機質を用いて作った土壌に一握りの

化成肥料を撒いて99%の有機質土壌にしたところで・・・wwww




何が違うんだよw




栽培上100%である意味がねーよ。

散々有機神話を語ってる人の畑に1粒の化成肥料を

落としたら、それで何かが終わるのでしょうかwww



Ans.終わるのは販売における付加価値のみ。



100%の有機栽培しか認めない人に是非返答願いたい。

100%ってのは、ただの売るための境目だろう?

化成肥料が何故悪者になったかというと、そこを差別化したいだけだろう?

だって、どう考えたって体に悪い成分が生産物に入ることはないし。



化学的な味がする。




とかいう農家が居た時は真面目に信じて色々調べちゃったよねw

まぁその人はいまだに化学的な味がする。って言っているけど・・・

だいたい・・・




化学的な味ってなんだよwww



実際、やってみると思うんだよね。

有機肥料を入れようが、化成肥料を入れようが・・・

要するにそれぞれの特性を理解して使えばいいだけだろ。


でね、そういった有機堆肥等の資材に関しても

凄いんですよ、販売手口っちゅーか何ちゅーか。



■資材の評価おいて

優先順位がおかしいパターン



先日の野菜の評価でも同じだけど、資材においても

同様の現象があった例。


野菜の場合は


良く出来ている > 有機栽培である。 ← これが本当であるべき。


けど、多くの流通が誇張して訴えるのは


良く出来ている < 有機栽培である。


というわけで、有機栽培でありさえすればOK。

みたいな風潮はある。まぁ所詮そんなのは長続きしないが

かつては横行してたw証拠は、市場外流通で以下の話を

聞いたことがあるでしょう?



○有機栽培だから虫が食っててもOK

○有機栽培だから形が整ってなくてもOK

○有機栽培だから萎れててもOK




なんという理屈だw

頭がおかしいとしか思えない。

が、これはちょっと前には横行していた。


で、堆肥の話にも同じようなことがある。

俺はね、堆肥とかってさ



品質・クオリティー > 販売付加価値




だと信じてるわけ。

良いものなら買うんだよ。自分の畑にわけのわからないものを

入れたくないからね。まぁ『いい堆肥』ってのがこの世にはなくて

『自分の家の土壌、栽培目的に合う堆肥かどうか』が正解なんだけど・・・


結局堆肥にしても野菜と同じようなことがある。



品質・クオリティー < 有機堆肥(JASの承認が取れるかどうか)であること




これだw

つーか、俺個人としてはJASがどうでもよかったため

良い堆肥だったらそれでいいわけなんだけど・・・

必死に『JAS適合資材ですよ♪』って押してくることは

今思えば、JAS市場で販売可能ですよ。ってことだよな。



そういった特殊な枠組みが出来ている市場外流通にまったく

興味がなかったから、全然関係なかったので理解できなくて



『え?それよりも

ちゃんと完熟させて出荷してんでしょ?』



とか聞いてたな。


末端でJAS有機栽培が廃れたら

堆肥の世界もJAS認証を取れるかどうかなんて

どうでもよくなっちゃうんだろうな・・・。




■この堆肥を使えば

○○ブランドとして売れるパターン


有機JASですらないのだけど、自分のところで○○農法とか言って

色々ウンチク垂れたあと(農家じゃなくて、流通の人がね)うまいこといって

多数の消費者を抱える大きなマーケットを持つ野菜の流通業者がいるとしよう。


実は、肥料会社と裏で提携していたり

そもそも肥料会社だったり。することがある。



で、うちの資材を入れたら、○○農法として

うちのマーケットで売れますよ♪だからうちの堆肥買ってー。




っていう仕組みがある。農家の方々は接したことがあるだろう。


良いものであるよりも、今の風潮の中で売れるものなのだ。

まぁ中にはちゃんとしたものはあるが、それは有機だなんだと

全く関係がない。




結局そこに携わる

一人一人の性能が品質と比例する。




余談だが、最近流行り?の・・・




無肥料栽培。




これも近いと思う。

本当にこれで安全を信じてやっている農家はいると思うが

誰かが成分を計ったのか?つーか・・・何度も言うけど、その栽培法なら

日本全国どこでつくっても何等かのパワーが一律に備わるのか?

なんで肥料を使わないと安全なのか。

硝酸態窒素の問題は片付いている。見た目普通にできていれば問題なしだ。

農薬の問題も何度も書いているが、特に問題視するレベルじゃない。


その二つを取り除いただけで、あとはスルー。

まったく語られることがないwwwなのに中には



究極の安全!!!



とかいう人がいる始末w


明らかに勉強不足で、天然の方が恐ろしいものは多々あるのに

なぜか100%の安全を保証している風な意気込みがあるw

どんだけ無知なのか怖いところだ。その栽培法が好きなら好きで

それをやってればいいだけなのにね・・・。なんでか出来上がりを

保証するような言い回しまでして付加価値を付けなければならない。



実のところ無肥料栽培が自然栽培とどう違うのか

色々流派があり過ぎてよくわからない上に個々それぞれが



『自分たちこそが本物。』




みたく言うから

余計訳が分からないw


大体肥料が『無』ってことはないよw

あるとしたら、無施肥なだけだろ?

人為的に与えないだけで、そこに有機質がないとは言わせません。

有機質があれば、大なり小なり微生物が居て、分解して肥料分になります。



自然のサイクルだからOK?


なわけない。だとしたら、日本全国同じ土壌環境になるわけがなく

その同じじゃないものを自然栽培だとか無肥料栽培だとかいって

あ、最近無施肥栽培に直している人も多く居るけどね。



まぁいいよ、その栽培方法は一部ちゃんと理屈に叶っているし

資材代はかなり小さいものになっていると思うから、経営的にアリなのなら

普通にやっている人は全然応援するけど。けどさ・・・


なんで究極の安全なんだよw


あ、そうそう。

誤解を招きそうだから一応書いておくけど



無肥料・無農薬自然栽培!と謳っている通販サイトから

野菜を購入して、それでも化学物質過敏症の方は

ふつーに食えなかったという。



じゃー、自然栽培とかってなんなんだよw

まぁ自然なんて日本全国色々だから?同じわけないけどね。

だから、他の自然栽培ならOKなのかもね。


けど、その同じわけないものを『自然栽培』として一括りにして売ってるわけだろ?

消費者の方々は販売のために作ったそれらの分け方を、自分の安全のための

分け方だと信じて買っているんだろ?しかも、一部の流通生産者側は、まさに




究極の安全っ!




とかいまだに言っている始末w

誰か調べたのか!?w商売なだけだろw


人の健康を思いっきり考えてる風な話あるけどさ・・・

安全の意味も知らずに自然だから安全だと主張しまくる人居るけどさ。

実のところ保証はまったくない。



実際に、化学物質過敏症の方が

食えなかった事実はどう説明するのか。



無肥料でやりたいなら土耕をやめて真水だけで水耕栽培せよ。

出来たその野菜が安全かどうかなんて俺は知らないけど。

出来た野菜が普通なら、普通だよ。普通。



農薬とは① ~はじめに~

農薬とは② ~農薬の概念~

農薬とは③ ~奇跡の外し方~

農薬とは④ ~鍵穴合わせ~

農薬とは⑤ ~農薬の使用有無に関しての安全性~

農薬とは⑥ ~何故農薬を使うのか~

農薬とは⑦ ~具体例~

農薬とは⑧ ~化学物質とは~

農薬とは⑨ ~農産物の流通の歴史①~

農薬とは⑩ ~付加価値~ ← お蔵入りしそうだったw

農薬とは⑪ ~農産物の流通の歴史②~

農薬とは⑫ ~経営における無農薬という付加価値~

農薬とは⑬ ~資材における有機という価値~

農薬とは⑭ ~農薬を使わないで栽培する方法①~
農薬とは⑮ ~農薬を使わないで栽培する方法② by メクレ~

農薬とは⑯ ~農薬を使わないで栽培する方法③ 生物の拮抗~

農薬とは⑰ ~農薬を使わないで栽培する方法④ 肥料分と昆虫…

農薬とは⑱ ~中締め~

農薬とは⑲ ~生産者のブレ幅~

農薬とは⑳ ~化学物質過敏症とは~

農薬とは21 ~消費者からのメール①~

農薬とは22 ~消費者からのメール②~

農薬とは23 ~消費者からのメール③~

農薬とは号外 ~映画『奇跡のリンゴ』の観方~

農薬とは24 ~消費者からのメール④~

農薬とは25 ~消費者からのメール⑤~

農薬とは26 ~消費者からのメール⑥~

農薬とは27 ~まとめ~

農薬とは28 ~このシリーズを書いて~

hideさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス