朝晩寒くなってきて、手の冷たさに手袋を出そうか…と思うこの頃。

暖かさを感じる絵本も読みたくなる季節になってきました☺️


「ふたつでひとつ」

作)かじりみな子 さん



女の子と

おじいさんと

ネコ


みんな、ちょっと困ったことがあって

でも…

だから、出逢えた

不器用だっていいんだよね

毎日の困った!が、人生の中の掛け替えのない出来事を運んでくれることもあるんだよね

そんなことを感じた絵本。


本ってみんなそれぞれの感じ方ができて

そうやって、色々な見方ができて面白いなぁってよく思う。

だってみんな

生きてきた道のりは違って

感じ方も価値観も様々で

だからこそ、社会は成り立っていく


そうだよね



この本を読んで、私とはきっと違うことを感じる人もいると思う。

どの本も、それは同じ。

それでいい

それがいい(^^)