#11 肘内障編 発症! | ひだまり整骨院 南行徳・浦安 お絵かきぶろぐ

ひだまり整骨院 南行徳・浦安 お絵かきぶろぐ

市川市南行徳・浦安市北栄の間にあるひだまり整骨院の院長が描いてます(^^)/
南行徳・行徳・妙典・浦安・新浦安・舞浜・葛西・一之江から来られる患者さんに、整骨院内で披露してたものです。
ただし、趣味・自己流なのでクオリティーは、どうぞご容赦ください(・ω<)


テーマ:
#11



肘内障とは、小児の肘の亜脱臼したものをいいます。

小さな子供が多く来院する当院で、ママに肘内障のことを聞いても
知らない方が多いので、これは知ってもらう必要があると思い…

ちょうど院長の子供が以前、肘内障になったことがあるので
そのストーリーを使い、肘内障のことを知ってもらおうと思います!


肘内障は、子供の肘を引っ張った時に、抜けてしまう場合が多いです。
(他には寝返りの時など、転倒時には外傷の可能性があるので注意)

とくに子供の意識してない時に引っ張られた場合に多いようです。

→なので、予防としては
  ・子供の手首を握るのではなく、手を握って意識させる
  ・引っ張る時に「高い高いするよ~」などの声掛け

などが有効と思います。


次回は「症状」をお届けします♪

ひだまり整骨院さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス