先日募集した毛髪ミネラルアドバイスモニター10名様を募集したところ、すでに8名の方からお申し込みがありました。

※予定数に達しましたが、好評につき、2月いっぱいまで継続いたします。


すでに検査結果がでて、個別アドバイスも今週から開始予定です。

毛髪ミネラル検査の個別アドバイスは、検査データに基づき、サプリメントや食生活のアドバイスをする…

とはちょっと違います。

あくまで、検査数値から、自身の体がどのような状態にあるのかを自己判断できるようになるアドバイスです。

ミネラル検査の結果は、26元素のミネラルの測定結果とともに、結果に基づいたアドバイスシートと、ミネラルガイドと言う、ミネラル検査の参考書的なものが送付されてきます。

全てを熟読すればある程度の自己分析は可能ですが、おそらくほとんどの方がそこまでは意識しないかと思います。

私自身、ミネラルアドバイザーの講座前に届いた結果を見て「わりと悪くないじゃん」と思い、大して深くは考えませんでした。

その検査結果がこちら。

ちょっと見にくいですが、上から
Naナトリウム
Kカリウム
Mgマグネシウム
Caカルシウム

の検査結果です。

この結果を見たとき、良好範囲に全て当てはまっていたので『わりと悪くないじゃん』と思ったのです。

ですが、ミネラルアドバイス講座受講後、改めて自分のデータを見返すと

私、ストレス溜まりまくりで、カルシウムなんて実は骨が溶け出しちゃってんじゃないの⁈

に変わりました💦

ミネラルは、バランスが大切です。
中でも、

Na-K(ナト-カリ) 
Ma-Ca(マグ-カル)
は、ブラザーミネラルと言って常にペア。



このバランスの乱れはほっとけないのです!

そして、この2ペアのバランスがこれまた大事で、Na-KがMa-Caより高い場合は、ストレスの抵抗期。

ですが、あまりに高値の場合、アドレナリンが出まくっているのでストレスの認識がない。

燃え尽き症候群の燃え尽きる前の状態⁈

ガンガン動けてしまうのです。

これが一転して、Ma-Caが高値となると、疲弊機になります。

ドーンと燃え尽きちゃった状態です。



やる気が起きず、楽しい事も感じない。
無気力無関心の時期です。

ここまでなる前に、抵抗期の時に知ることができると回復も早いのでしょうが、疲弊期からの脱却は時間がかかります。

体が悲鳴を上げる前に知ること。
毛髪ミネラル検査がかなり有効になります。

このバランス以外にも、腸内環境の悪化が考えられるミネラルや、あまり体にはあって欲しくない有害ミネラルの事など、次回からはご自身で分析ができるように、検査結果の見方アドバイスをさせていただきます。

自己診断から、食生活や環境の見直し、専門医の診断など、いますべき事がみえてきます。

毛髪ミネラル検査は、検査キットを購入し、簡単な質問の回答と、毛髪を封筒にいれ投函するだけです。

簡単なのに、そこから広がる健康予防は無限大!

昨年、ストレスチェック実施者講座を受講してきましたが、紙面で行うストレスチェックより、毛髪ミネラル検査してしまえば一目瞭然なのに…なんて思ってしまいました。

健康診断はいまある病気を見つけるもの。
毛髪ミネラル検査は、未病を細胞レベルで予防するものです。

皆様の健康が長く続きますように!

毛髪ミネラル検査をご希望される方はこちらをご覧ください。