手術を進められた卵巣嚢腫が医療的処置をせずに、手術不要の大きさまで小さくなった私の友人のお話。



2017年初夏に卵巣嚢腫と診断され、5センチを超す大きさだったために手術をすすめられる。
最大6.7センチあった卵巣が2019年6月、4.6センチまで小さくなりました。

その過程のお話です。

*病は気からなんてあるわけない!と思われるかたは読むと不快になるかもしれません。


エネルギーバンパイアのパイプを切ってから、Aちゃんとの関係は凄く楽になり、普通にランチして、おしゃべりして。

ストレスの無い友人関係に戻ることができました。

Aちゃんは会うたびに変化している感じがあって、なんと言うか、

自分の軸がしっかりと整っていく・・・。  

これまでは、誰かの心配をしたり、誰かに頼られることで自分を保っていた印象のAちゃんでしたが、自分と言う軸ができ、不要なものが手放されていく感じがありました。


私と言えば、もちろん、まったく病気の心配などしなくなったわけではなく、


あんなこと言っちゃったけど、卵巣嚢腫、大丈夫かな。大きくなってないかな?と、口に出さないだけで心では心配してました。

そんなこんなで

病気、好きだよね?


から、さらに一年がたったとある日。


施術を受けに来たAちゃんと久しぶりのドライブで、山形にある熊野大社に行って来ました。



どんよりとした曇り空が、山形に入る頃には晴れ間も見えはじめ、本当に気持ちの良い空間でした。

そんな日の翌日。


正直、鳥肌がたちました。

病気が不要になったら病気が離れていっちゃったびっくり


病は気から、本当にそうなんだろうなと実感した瞬間でした。



あまりに嬉しくて、ブログに書いて良い?と思わず聞いて、それを快く受け入れてくれたAちゃん。

今回のことは、私にも本当に多くの学びとなりました。

医療の力ももちろん大切です。

Aちゃんも、定期的に検査を続けていくと思います。
知ることが予防につながるから。


ですが、
病気を呼び込まない、強い体、心で、自分と言う軸を持ち、病気を寄せ付けない体を作る。

まずはこれにつきるのではないでしょうか。



おわり。



自分のからだは自分で治す

をコンセプトにした健康予防サロン。
温活サロンはるら  は、自己治癒力を最大限に引き出すサポートをいたします。