兎にも角にも免疫力‼︎

テーマ:
インフルエンザが猛威をふるっていますねガーン

息子達が通う保育でも次々にお休みになるお友達。今朝送っていったら長男のクラスの8割近くがインフルエンザガーン

今のところ我が家ではその兆候はなく、私、夫、5歳、2歳の息子達、皆元気です。


ワクチンをして予防する、ワクチンはしないで自分で予防する。


考え方は様々かと思います。


ワクチンをやる、やらない、どちらもその人個人が選んで決めている事なので、どちらかが正しくてどちらかが悪いという事はないと私は思います。


ただ、共通することは、


免疫力が低ければ結局防ぎようがない!




体の中の声を聞き、自分自身の悲鳴を受け止め、細く長く継続して体作りをする。


これが一番大切ではないでしょうか。


病気になってから気づく、病気が流行り出すときにだけ意識するのではなく・・・


自分の体を意識するのに最強のツール

血流観察!

イメージとして↓

免疫細胞=体の中をパトロールする警察や自衛隊
は、血液やリンパにのって全身をくまなくパトロールしています。

どこかで疲れている人(臓器)がいたり、怪我している人がいたり、敵(ウィルス)が侵入すると、その場所にパトロール隊が集中し、ほかの場所が手薄になってしまいます。

私もそうでした。

健康な時は抹消までパトロールされていたものが、顔面神経麻痺発症(事件)により、事件発生場所にパトロール隊がいってしまったため、抹消のパトロールが手薄になってしまいました。



この、パトロール隊(免疫細胞)を活発にするには、温度をあげ、流れを早くすることが解決の近道です。


昨年6月に血流観測“血管美人”を購入し、数百人の方を観察してきましたが、理想的ですね!と言える方はほんの一握りです。

指紋のように同じ形はない毛細血管。

若くて綺麗でも血管は悲鳴を上げている。
小学生ですでにドロドロ・・・・

たしかにショックを感じることもあるとおもいますが、ショックを受けることで健康に目を向け、

予防を意識するキッカケになります。

子供の食事を考えるキッカケになります。


イベントで血流観測をしていると、

どうせドロドロだから
どうせぐちゃぐちゃだから

と、最初から目を背ける方が本当に多いです。

ぜひ目を背けず、簡単にできる予防で、免疫力アップを普段から続けてみてください!

いつでもどこでもできて、簡単なのに効果絶大な、免疫力アップ方法↓

インターバルブレス

鼻からゆっくり息を吸い込み10秒止める
口からゆっくり吐いて10秒止める

これを3セット。

これだけです。

ちょっと苦しいなぁと思うまで息を止めると、脳は「酸欠だ!」と思い、優先しなければいけない場所へ血液を多く届けようとするため、抹消血管はいったん流れが止まります(緩やかになります。)。

その後に安静呼吸をする事で、「酸素が来たぞー!供給再開!」となり、一旦とめた抹消へ、勢いよく供給を開始します。

これを時々繰り返すことで血流が促進され、全身の血流アップ、免疫力アップにつながります。

鼻からゆっくり息を吸い込み10秒止める
口からゆっくり吐いて10秒止める
                                                  ×3セット


ぜひ活用して、予防に役立ててください♪

罹患してからももちろんおすすめです。



サロンメニュー・料金



温活サロン はるら
完全予約制おうちサロン

家福島県二本松市作田
車二本松インターよりお車で約5分
   二本松市役所よりお車で約3分

土日、祝日
    *土曜日はご予約可能な場合もございますのでお問い合わせください。

スマホ090-2954-1680


友だち追加   
LINE@は、友達追加ボタンを押していただいただけでは、どなたが追加されたかはこちらではわかりません。こちらからのお知らせメッセージのみの受け取りとなります。
トーク画面からメッセージを頂くことで、初めて一対一のトークが可能となります。
お問い合わせなど、お気軽にメッセージをどうぞ!


Instagram

Facebook




 

小顔・アンチエイジング・デトックス・冷え性・月経痛・月経不順・PMS・肩凝り・腰痛・頭痛・眼精疲労・O脚・体の歪み・産後の骨盤調整・便秘など...。