楽しく らくして 豊かに過ごす
  • 10May
    • 私は2人が嫌いです。

      不登校やメンタル、何で私が、何だかな〜と思っているママさんを応援したい。なかがわみきです。●息子くんの手紙息子くんの中学校卒業にまつわる出来事を書いてみました。「まず、私は2人が嫌いです」こんなショッキングな書き出しで始まった息子くんの中学卒業記念に保護者にプレゼントされた手紙。えええーーーー!!!!何これ!!!私、目を剥きました。そういえば、これを書きに行った日に「今日、手紙書かされた。卒業記念に渡すんだって」「そのまんまの気持ち書いたから・・・。でもいいことは書かなかったから」なんて意味深なこと言ってたっけ。卒業式当日に渡されました。なになに?何が書いてあるのかな?『お母さんありがとう』なんて書いてあったら泣いちゃうかしらなんてものすごーい期待をして開いたら「2人が嫌いです」の書き出し。何? えっ? どうした?頭パニックです。読み進めるとでも2人は僕にいろいろなことを教えてくれました。丁寧に教えてくれて優しくしてくれてありがとう。それは感謝してます。うまい言葉が書けないので今の僕の正直な気持ちを書いてみました。みたいな事が書いてありました。う〜ん感謝はしている⁈でもなんかわだかまりが残るな〜主人も読んでショックだったようです(当たり前だけど)なのでここはきちんと聞いてみよう!わだかまりを残しておくと、あと後何かの拍子に爆発してしまうかも。でもなんであんなこと書いたの?なんて聞けない・・・なので「えええ〜〜 嫌いなの?ホント?」と言ってみました。すると息子くん「別にほんとに意味はないよ」「書く事がなかったから、思いついたこと書いただけだから」最初に「嫌いです」が思い付いたんかい!(私の心のツッコミ)あまり悪びれてもなく、ちょっと照れ隠しのようにはに噛みながら言ってました。私の方も「ふ〜ん」(『私平気だもん』)という素振りで返します。でもやっぱりショックでしょ!ちょっとしばらくの間、そのことで頭が一杯になりました。そうしたらふっと浮かんできたんです。これは今の息子くんの精一杯の気持ちを表現してくれてるんだって嫌い→学校に行きたくないのに無理やりいかせようと何度もした   気持ちを分かってくれなかった丁寧に教えてくれた→わからない事をきちんと教えてくれた優しくしてくれた(これは欲しいものを買ってもらったかな 笑)そうだった。我が家はみんな自分の気持ちを周りに表現するのが下手なんです。「ありがとう ごめんね 嬉しい」何げない一言をちょっと恥ずかしくて言わないで済ましてしまう。特に身近な人にはこんなこと言わなくても分かるでしょうて思ってしまう・・・・・。ちなみに、以前私は前職(保育士)のくせで大袈裟に「すごーい」「ありがとう〜」なんてやっていたのですが『息子くんから恥ずかしいから止めて』と止められました グスン潜在意識では私が言えないから周りにも言ってもらえないって事なんですけどね(自分の周りは全部鏡 自分の隠れた思いを表現している)そんな我が家で息子くんがひねり出した感謝の言葉。そっか〜そうだったんだね。小学校の時、語彙が少なすぎて相手に自分の思いが伝わらず嫌な思いを何度もしていた息子くん。そんな息子くんからの今精一杯の言葉。ありがとう君はちゃんと正直な気持ちを表してくれたんだね。だって、「2人が嫌いです」なんて私だったら言えないです笑笑それ堂々と書けちゃうんかいって感じです。気持ちを素直に言える多分まだもっと言いたい事があるでしょうけど。これってすごく大切な事ですよね。こんな素敵に成長してくれた息子くんやっぱり大袈裟にしたい嬉しいよ〜ありがとう〜愛してるよ〜ではではこの辺で。長々お付き合い頂きありがとうございます。

  • 03May
    • GW 私のおうち時間の楽しみ方

      不登校やメンタル、何で私が、何だかな〜と思っているママさんを応援したい。なかがわみきです。●おうち時間を楽しむせっかくのGW、コロナ感染予防であまり楽しめてない。家にばかりいて子供たちも飽きて来きてるし・・・はあ〜つまらない。と思っている方もいると思います。今回は息子くんの話題は横に置いといて私流、GWの楽しみ方を書いてみたいと思います。私根っからのテレビっ子なんです。一日中テレビ見ていても飽きないんです。そんな私が今一番ハマっている番組。《名探偵コナン》huluで無料配信していますよね。これを一気に見る、ではなくテーマを決めてみるんです。例えば、「コナン(工藤新一)君のご両親が登場する回は?」「灰原哀ちゃんの話中心に」などなど。ネットで調べるとすぐ出てきます。全話見るのもいいのですが、それだといくらTV好きでも疲れちゃう。このやり方だと、途中で他の用事が入ってもある程度の時間で一度止めておいて続きはまた後で。と切る事ができるんです。(一気見しないと次が気になる方なので)お子さんと見ていても、「ここまで見たらちょっと休憩ね」とやめる事もできる。(なんて言ってますが、息子くんはオンラインのゲームを一日中やっているので見ているのは私だけなんですけど)💦前後につながる話の時もあるのですが、今はこのテーマを見て、次に新たに気になることをテーマにして見る。と決めておくと「そうだね、後でみよう」となんだか納得します。ホント暇なんだね〜と突っ込まれそうですが・・・もちろん、掃除 洗濯 食事の用意もやってますよ。でも自分を楽しませる事が大事なんです。自分を癒し、ご機嫌にいる事が大切なんです。イライラしたり、ソワソワしていたら自分も、周りもいや〜な感じで過ごすことになりますよね。せっかくのお休み楽しく過ごしたい。私にとって今楽しいことは、テレビを見ること。たくさん自分を癒して楽しんでいこうと思います。面白そうだな〜と思われたらお試しくださいね。ここまでお読みいただきありがとうございました。

  • 02May
    • 少年よ大志を抱け

      不登校やメンタル、何で私が、何だかな〜と思っているママさんを応援したい。なかがわみきです。●高校の入学式今回も私の記録として書いています。息子くんが通う高校は、通信制の高校。でも毎日学校に通う事が基本。なので入学式の前から、3日間の準備登校がありました。その頃から毎日の報告を聞いていたので、当日が楽しみでした。そして迎えた入学式。区立会館のホールに集まった新入生。コロナ感染防止の為、各家庭1名のみの参加でした。新しく開校した高校なのですが、系列校から上級生がお手伝いに。司会も声優コースの上級生。壇上には、記録用とYoutubu期間限定配信用にカメラを操作する上級生。な、なんかすごい!司会の女子学生さんも、声優コースで勉強しているだけあってとても聴きやすくてその場が明るい雰囲気になる感じです。新入生が入場する前に、自分の大志(高校生活の夢とか目標)を発表するビデオが流され、一人ひとりが「僕の(私の)大志は〇〇することです」と発表。みんなほとんど直立不動でした。そして大半が、無遅刻無欠席。(がんばれ〜 何回も心の中で言ってました)式の内容は他校と変わらないものでしょう。でも何故かその一つひとつが新鮮に見えました。私はその様子を見ていて、息子くんの中学入学式を思い出して・・・いえ!私の高校の入学式を思い出していました。なんで自分の入学式なんだ?とにかくウルウルするとか、じわ〜っと感動する場面もありましたがいいな〜 すごいな〜と終始ワクワクして見ていました。今にして思えば息子くんが中学校に入学するときの私の思いは『大丈夫かな?』『ちゃんと友達と仲良くできるかな?』『今度はちゃんと通えるかな?』こんな不安な思いの方が強かったと思います。それをそのまま息子くんは受け止めてしまっていた。潜在意識を学ぶ中で「自分の周りにいる人はみんな自分の鏡」と言われます。だから私の不安が息子くんの姿を通して表れていたんです。えええーーーーー洗剤意識を学んだ当初、実はあまりよく分かりませんでした。だって私の気持ちと反対の事してるし。(私の奥の奥の本当の気持ちを息子くんの姿が現していたんですね)今回のことでなるほど〜 と納得。だって私、今回の入学式心からワクワクしていたんです。楽しみだったんです。中学の時も楽しみでしたよ。でも楽しみと不安、どっちが大きかった?と聞くと不安の方が確かに大きかったです。今回はちょっと不安もありますが、確かにワクワク楽しみでした。話を戻して終始「すごいな〜」「いいな〜」と思って見ていたのでスマホで写真を撮るの忘れていました。というよりこんな記念の式 スマホを通してなんて勿体ない。ちゃんと目で見て気持ちを味わって記憶しておこうと思いました。(ブログはだいぶ遅くなりましたが)式終了後の帰り道息子くんと新しく同じクラスになったお友達と歩く姿そんな姿にもウキウキしてます。そっか〜私か〜私の気持ちが大事なんだ。改めてそう感じる事が出来た入学式でした。息子くんが自分の夢に向かって進んでいること。夢のために少し強くなれること。このことを実感できたことも嬉しかったです。なんだか息子くんの姿より、私の気持ちの移り変わりを書いてる方が多くなってしまいました。でも本当のことなので、そのまま書いてみました。ここまでお読みいただきありがとうございました。

  • 26Apr
    • 数人だけの卒業式

      不登校やメンタル、何で私が、何だかな〜と思っているママさんを応援したい。なかがわみきです。(ちょっと格好よくしてみました)●卒業式に出席先日、高校に通ってます。とブログに書いて、何で今更、卒業式?なのですが、私の記録として書いておきたいと思います。息子くんの通っていた中学は3月中旬に卒業式を終えました。当初から「卒業式には参加しない」と家族にも担任にも表明していた息子くん。担任を通して校長先生からのメッセージ。「メインの式とは別に個別で卒業式をやるから参加して欲しい」と。「なんか嫌だけど、そこまで言うならと思ってOKして来た」そうなんだ〜まあ、私としては卒業式、出ないのね・・・と思った残念な気持ちと、反省の気持ちが入り混じっていたのでちょっと驚き。そうだよね。小学校の卒業式も担任と私に言われ、頑張って参加したけどみんなが歌う時も一人無言で立っていなくちゃならず、卒業生と在校生の掛け合いみたいな時も自分の言葉は無く飛ばされて立っているだけ・・・。そんな事、当時の私は気がつかず『卒業式に参加できた』そのことだけで胸が一杯後に息子くんから上記のような居心地の悪さと、物凄く不快だったと聞かされました。ある意味私のエゴに付き合ってくれた息子くん。優しいな〜すごいな〜潜在意識のことを学びやっとそう思えるようになって来た私は息子くんが「個別の卒業式に参加する」と言って来た時「えっ? 行くの?」なんて聞いていました 笑笑(気持ちはやっぱり嬉しかったです)そして迎えた卒業式。息子くんの他にも数人いました。(多分、その場にも参加できない子もいたのかも?)卒業証書授与と校長先生のお話。たったこれだけの本当に短時間の式でした。私は息子くんを含め、目の前に座っている子供たちを見て「本当におめでとう。よく頑張ったね、おつかれさま」としみじみ思って見ていました。いや!子供達にではないです。自分自身に「おつかれさま」って言ってたと思います。中学入学してからに1週間毎日、行くのかな?行かないのかな?と不安に駆られ。行かないと決めたら、学校との繋がりがなくなっちゃう、どうしたらいい?勉強のこと、友達のこと、人とのコミュニケーションはどうする?などなど、いろんな事が頭の中をグルグル。今思うとあの頃は不安しか頭の中には無かった。そんな私の状態がそのまま息子くんに伝わっているなんて。潜在意識を学んで息子くんのことより、自分の事。自分をいかに気分良く、ご機嫌にしておく事が大切か。その意味がわかるまで3年掛かっちゃいました 汗その事については改めて書きたいと思います。卒業式の帰り道、「あ〜、これでスッキリした!」「もうあの学校に行かなく済むんだ」と嬉しそうに言ってました。(どんだけ嫌だったのかい)そして現在、高校に通っております。もうすぐ来るゴールデンウイークを楽しみに緊急事態宣言でどこにも行く予定は無いですが。息子くんの楽しみにしているのはゲームやりまくり。これはこれで、息子くんのストレス発散法だと思うのでとにかく楽しく過ごそう。私も自分をご機嫌にすること考えます。私が感じた思いを綴って見ました。ここまでお読み頂きありがとうございます。

  • 22Apr
    • ボーイズ ビー アンビシャス

      ●高校生になりましたあっという間にもう4月も残りわずか。卒業から入学のことを書いていこう!と思っていた矢先何と家族でダウン・・・そして私は復活までなんと2週間以上もかかってしまいました。体力、運動不足を感じています。さて、息子くんの卒業、入学などイベントがたくさんあったのですが、まず今書きたいことを書いてみたいと思います。今、息子くん毎日学校に通っています。朝も自分で目覚まし(スマホのアラーム)をかけて。家にいた時、遅く起きるのが当たり前だったのに。入学前に、何回も早く寝て 早く起きるように練習しろと言っても全く耳を貸さずマイペースを貫き通した息子くんが!自分で起きて、朝ご飯を食べ、制服に着替えている!!!そして時間になると「行ってきま~す」とリュック(通学かばん)を背負い出ていくのです。それをもう2週間続けています。中学の時は1週間通い、週明けの月曜日に「もう無理・・・。休んでいい?」と涙を浮かべて言っていた息子くんが!毎日、帰宅後ひとしきり学校であったことを話し、「なんかちょっと、どうなんだろうって思ったけど ちょっと楽しくなってきた」キターーーーーーそうそう、それよそれ。それを待っていたのよ。近頃は息子くんの話を聞いている私のほうがワクワクしています。きっと息子くんはほんとに楽しくて、その楽しさが私にも伝わってくるのでしょう。息子くんは、ゲームアプリを作りたい自分の作ったゲームで、人を笑わせたい、という夢を持ちました。今はまだその入り口に立っただけ。でも、やっぱりやりたいことが見つかると人は変わるんですね。まさに「ボーイズ ビー アンビシャス」あ~まだまだたくさん書きたいことがある。書き続けたいけど長くなるのでこの辺で。ここまで読んでいただきありがとうございます。

  • 25Feb
    • 明るい不登校児 息子くんの成長③

      ●不登校児息子くんの受験 完結前回までのお話はこちらから明るい不登校児 息子君の成長①明るい不登校児 息子君の成長②夢を持った息子くん、の快進撃は続きます。中学校での校長先生との面談。「高校に行ったら、毎日通えるかな?」「はい!」この質問、先生でなくても聴きたくなります。そこにも怯まず「はい」と答える。後で聞いたら、「そう言わないとダメかと思って・・・」そうだよね、行きたいんだもん。大丈夫、きっと行ける。ここで私が揺れたらいかん、息子くんの思いを信じて応援するのみ。面接の練習のときも「君の夢を聞かせてください」の質問に「僕はゲームが好きで、やっている時ものすごく楽しくて、そのうちこんな楽しい物が自分で作れたらと思うようになりました。そして僕の作ったゲームでみんなが笑顔になって楽しめたらいいなと思います。」こんな事を言ってる!?いつ考えた?というか、何でそんなにスラスラ言えてるの?前はものすごーく考えて、一言ポツリと言うのがやっとだったのに。ビックリするやら、嬉しいやら、隣でちょっと涙が出そうになる私でした。そうして迎えた高校受験日。科目別のテストは何とか書けたそうです。いざ面接。大丈夫、練習もした。堂々とやればいいんだよ。なんて息子くんに言いながら、一番ドキドキしていたのは私です 汗面接本番は、練習の時より質問数も少なく「たくさん答えられるように考えてきたけど、呆気なかった」と言いつつ「背中汗びっしょりだ」と笑ってました。やれる事はやった。あとは結果を待つのみ。そして晴れて合格の知らせが来ました。よっしゃーーー!「オレほんと頑張ったと思う」「これでゆっくりゲームが出来る」そう言ってまた毎日ゲームを楽しんでます。小5の夏から学校に行けなくなり、中学校は入学して1週間だけ登校。制服も学校の校舎もイヤだった息子くん。「学校に行く意味って何なん?」「オレあの集団イヤだから」なんて言っていた君が、ゲームアプリが作りたいそのためには勉強が必要今のままでは限界があるもっと専門的な事を学びたい夢を持って、勇気を出して一歩踏み出した。すごいね、やったね。おめでとう!

  • 19Feb
    • 明るい不登校児 息子くんの成長②

      ●不登校児 息子くんの受験②毎回更新に時間がかかってしまいます。お待たせしました(え?待ってなかった?)さて不登校児息子くんの受験顛末記。中3になって進路を意識し始めたところに、タイミングよく希望の高校を紹介されました。そこまでのお話はこちらで明るい不登校児 息子くんの成長①紹介を受けた学校に行く気満々になってきた息子くん。早速、ネットでリサーチ。でも、まだ建物だけ完成していて中身はこれからの新設校。詳しい事があまりよく分かりません。「ねえ、この場所(学校)に行くのはどう行くの?」「家からだとバスや電車で行くようだね〜。ちょっと遠回りかな・・・」「そっか〜、地図だと近いのに」そうなんです。もらったパンフレットで地図を確認するとちょっと通うのは厳しいかな⁈という場所。(これはヤバイ!もしかして通うのが辛くなるかも・・・と焦る私)しかし、よーく見てみるとあれ?ここって毎回行っている教育支援センター(親子でカウンセリングに通ってます)の近くじゃない?という事で、カウンセリングの帰り道に学校探訪。するとなんてことでしょう。いつも利用している駅の一つ先の駅で下車、そこから徒歩数分で目的地という事がわかりました。てことは、息子くんの通い慣れた道。これもうすごい奇跡!この学校に行く事決定でしょ!?そしてまたまた目をキラキラさせる2人(もちろん私と息子くんです)早速、学校見学、説明会に行かなくちゃと申し込みました。でも時はコロナ禍。学校見学は予約制、説明会はオンラインでした。それでもなぜか私たちは「すごいね〜。オンラインだってハイテクだね〜」なんてはしゃいでましたけど 笑そこからはまるで川の流れに乗るように中学校で自己推薦の話を受け、受験する学校の先生との簡単な面接。受験日までのスケジュールなど話がスルスル進んで行きました。受験をするからにはある程度の学力が必要です。そのため週1で学校に行くことに。あれほど学校に行きたくないと言っていた息子くんが受験のために、週1回の登校を受け入れている!!!!(制服は着たくないそうで、私服で約30分位の登校ですが)もちろん、受験用の写真は制服着用しましたよ。高校に行くためですから。でも、でも、でも。私にしてみれば、これはもの凄いことだーーーーッ!!私の夢見ていた姿に近づいてる!「行ってきます」と玄関を出ていく息子くんを見送る私。という夢。今これ書いていても涙出そうです。本当に夢を持つことってすごいことですね。息子くんはゲームアプリを作って世界を笑いで満たしたいそうです。そのために、あともう少しの踏ん張りが必要だね。長くなったので今回はこの辺で。ここまでお読みいただきありがとうございました。

  • 04Jan
    • 息子くんの書き初めの画像

      息子くんの書き初め

      ●久しぶりの書き初め2021年 開けて4日経ちました。今年もマイペースに行きたいと思います。昨年、息子くんの進路について書き始めて途中なのですが、なんと!3年ぶりに書き初めをしている息子くんです。嬉しくて、つい写真を何枚も取ってしまいました。「何やってるの?」と不審顔の息子くんですがニヤニヤしている私にまんざらでもない様子です。本当に久しぶりに書くので、「どうやってたっけ?」と一つひとつ確認しながら始めます。「やるからには、ちゃんと書く!」と一文字づつ練習。「こうかな?」「あれ?」と呟きながらなかなか本番に進めません元々あまり文字を丁寧に書いていないこともあり、自分の納得のいく文字が書けないようです。(だから丁寧にって言ったのに・・・)そしてとうとう「もう今日はおしまい」やっと2枚書いたところで終わってしまいましたここまでが昨日の話。開けて今日午前中 たっぷりのんびりした息子くん「なんか書くのがイヤになっちゃった」と昨日書いた2作を見つめ、「うん、よしこれでおしまい」「あ〜スッキリした」と終了してました。本当ならここで「えっ!いいのそれで?」「うまく書けてないんでしょ?」「まだやったほうが良くない?」と言ってしまいがちなのですが、それは私の気持ち。いいものを書いて出して欲しいっていう親の欲目。息子くん本人は、いろいろ悩んで、考えて、これで良しって決めたのだからこれ以上私が何か言う必要はありません。「はい。お疲れ様」「終わって良かったね」でおしまい。こんな会話ができるようになりました。それもまた嬉しい。少しづつ、でも確実に自分の殻から出てこようとしている息子くんです。私はそんな息子くんを信頼して、応援するだけ。でも、本当 嬉しかった〜。3年前の写真が無いから比べられないけど、モゴモゴ言いながら悪戦苦闘している息子くんの姿は体こそ大きくなったけど変わらず。そこが可愛い。それをまた見られたなんて、ほんと嬉しい。そんな事を楽しんでいる私なのでした。

  • 10Nov
    • 明るい不登校児 息子くんの成長①

      ●不登校児息子くんの受験その1お久しぶりのブログ更新です。気づけばもう11月なかば。我が家の明るい不登校児の息子くんも、中学3年生。友達との会話もこれからのこととか話すみたいです。そう進学するか、どうするか!?つい1年前までは「オレ、ゲームで1億稼ぐから」「学校行っても面白くないし、中学卒業して働く人っているの?」なんて真剣に言ってました。それがいつしか、昨年の秋くらいから中学校の教科書を自分で読み始め、覚える事をノートにまとめている。そして「ねえねえ、これ知ってる?」「この問題はどうやるの?」と聞いてきます。私も、国語や英語の単語ぐらいなら答えられたのでお手伝い。おや?もしかすると、高校に行きたくなってきた?でもな〜学校の建物自体が苦手な我が子。不登校児のフリースクールだって、場所が廃校になった学校の中というだけで、背中に汗ビッショリかいてお腹を痛くしていたからなあ〜。季節は移り、今年の4月。コロナの影響で学校は休校。新担任との面接も5月に。でもここでこれまでと違う展開が待っていたのです。なんと、なんと息子くん「高校に行きます!」なんて言ってる〜〜〜〜そしてこれまたその息子くんの決意に合わせた様に「今度、新設で高校ができるんですって」「ゲームやアプリのコースもあるらしいから君に向いてるんじゃないかな」と先生がおしゃるじゃないですか。息子くんも私も目がキラ〜ン。先生も手応えがあった様で、チラシのコピーも取ってくれます。それが不思議なことに1〜2年前、私が不登校の事、これからのことを相談した際「通信制の学校もあるよ」「ゲームにも特化した新設のコースができたらしいよ」と教えて頂いた学校でした。でも、その時はまだ学校なんてって時で息子くんも「ふ〜ん」て興味なし。その後、自分でネットを見て調べていたようですが(笑)これはもうここに行けって事じゃないの?!私、勝手に盛り上がって来ました。横を見ると息子くんも満更でない感じ。面談の帰り道、二人で「すごいよね」「これはタイミングバッチリだよ」と盛り上がってました。だって、息子くんが勉強始めて高校行きたいって言った途端こんなすごい話が出てきたんですよ。まさにタイミングだな〜って。そう、私の中でもある変化が起こっていた時でした。その話は長くなるので今回はこの辺で・・・次へ続く。

  • 29Jul
    • 伝筆初級セミナー(オンライン)開催の画像

      伝筆初級セミナー(オンライン)開催

      伝筆初級セミナーあっと言う間に7月も終わりですね。今年の関東地方の梅雨明けは8月に入ってからになるとか・・・。新型コロナの影響で外出自粛が続く東京。今年に入ってから伝筆をやってみたいとお声をかけて頂いていたのだけど、3月の緊急事態宣言以降なかなか機会に恵まれず。どうしよう、また落ち着いてからにする?なんて話も出てきて、でもいつ落ち着くかなんて、誰にも分からないじゃないですか。そこでこの度 初、オンラインで開催してみました。でもオンラインはいつも参加するばかりで自分で開催するなんて思っていなかった私。(いろいろゴタゴタありました。このてん末はまた後ほど)2日間に分けて開催。開催中も、なぜか入室できなかったり、音声が途切れたり、などなどハプニング満載でしたが無事に⁉︎開催することが出来ました。写真を撮り忘れました・・・。参加してくださった受講者さんの笑顔と「楽しかった」の言葉にやって良かった〜と心から思いました。そして何より、私自身が楽しかった〜参加してくださったお二人に心から感謝いたします。ちょっと自信つきました。まだwithコロナの時代。オンラインにもたくさん挑戦していきます。関東地方の梅雨明けももうすぐこれから暑中見舞いの葉書を送る機会もあるかと。1日で文字がかわる伝筆。あなたも体験してみませんか?お問い合わせ お申し込みはこちらから

  • 03Jul
    • 我が家にもオレオレ○○!?の画像

      我が家にもオレオレ○○!?

      先日の夕方、「もしもし?」「オレだよ俺」「・・・? 誰?」「俺だってば!わからないの?」きたツーーーーーー!!!ウチにもこんな電話がくるなんて「オレって誰だよ(ちょっと凄みを利かせて)」「オレだってば」「ウチにはオレって名前の人はいないんだけど」「・・・パパだよ」(そう来たか)「パパって誰?(内心ドキドキ、足ブルブル)」「本当に分からないの? あのさあ今度の皮膚科の予約なんだけど・・・」アレ!?!!!ほんとにパパだ。そうなんです。電話は本当に主人からのものでした。今、訳あって入院中の主人。声が出ないらしく、ガラガラの変声で分からなかったのです。汗、汗、汗。「へ?皮膚科の予約? わかったかえておくよ」ヘナヘナヘナ〜(身体全身の力が抜けていく)いや〜焦りました。と同時になんで名前言わないんだよ!って言う怒りも。いやいやそもそも、私が主人の声をわからないのがね〜・・・。だって声変だったし、いつもと違ってたし・・・(ブツブツ)でもこれで、練習になったと前向きに捉えたいと思います。みなさんもお気をつけて(ってないか)

  • 09Feb
    • 不登校児を無理やり連れていくか、行かないか.

      先日、ムカつくことがありました。不登校というワードについてテレビやブログでも目につき、息子くんからも、話が出てきているので私の思いや感じたことなどを綴ってみたいと思います。「あの時無理にでも学校行かせておけば良かったんだ」また主人が言った。だったらあの時、あんたが毎日連れて行けば良かったんだよ‼️という言葉を飲み込んだ。私は仕事をほぼ毎日、朝遅れて出勤して毎日担任に門まで迎えに来てもらって引き渡して、昼間電話して様子を聞いて。その間あなた何してた?仕事を辞めて体調崩してたけど、ずっと家に居たんだよね。私が毎日、苦しい思いをして息子くんを連れ出し、学校の門まで連れていっていた。たまにランドセルを引っ張って門まで連れて行ってくれたけど。それをされた息子くんは、大暴れして主人を叩いて蹴飛ばした。「こんな学校!無くなってしまえばいい!!!」あの時のあの顔、もう2年以上経つけど忘れられない。私はそこで心が折れた。多分息子くんのことだけでなく、自分の仕事のこと、主人の仕事のこと、体調のことなど一気に考えなければならないことがのしかかってきて、パニックになっていたんだと思う。よく、子育ての先輩たちは1~2週間休めば、またすぐ学校に行くようになるから、とか逆に嫌がっても無理やり連れて行けば、諦めて通うようになるからとか言っていた。両方やってみたけど、息子くんは頑なに行かないを選んだ。こんな時、親ならどうします?もちろん、無理やり連れていく人もあり、しばらく休ませる人もありだと思います。どちらが正解なのか?どちらも間違っているのか?答えはわかりません。だってその子がどうしたいかだから。そして私は「行きたくない」と言っている息子くんの気持ちを優先することにした。「そんなに行きたくないなら、休んでいいよ」だって周りの目を気にするうちの子が、当たり構わず「行きたくねーんだよ」「こんな学校無くなっちゃえ」と涙を流しながら叫んでいるんですよ。そんな姿を目の前で見たら、『もういいよ、気持ちが落ち着くまで休もう』って言っちゃうよ。私も一緒に泣きたいのをっぐっと我慢した。それは主人も賛成したはずだよね。何で今更(というか、事あるごとにだけど)「あの時・・・」と言うんだだろう。結局主人は納得していなかったんだよね。悲しいよ。私にはあの時さらに「行きなさい」とは言えなかったよ。だって周りを気にせず大きな声で泣いている我が子を見ていたらかわいそうで。どんなに考えても正解はない。もしあの時、無理やり連れて行ってたら、今普通に学校に通ってたのかな?私は無理やり連れて行ってたら、またその先のどこかで同じようなことやるのではないかなと思った。だって自分が納得していなければ、同じこと繰り返すと思うから。行く、行かないの選択肢「どちらでもいいよ」と提示したら「行かない」を選んだのは息子くん。だったら、私たちは息子くんの心のコップが愛であるれるようにしていくだけだと思うのです。息子くんがやりたいと思うことを見つけ、それを思いっきりやっていく。もういいよ、よし次に行こう!と思えるまで見守る。こちらの考え、思いを押し付けるのではなく、本人がやりたいと思うことを信頼して見守る。私はこれがやりたいと思った。でも主人にはそれが分からない様子。これは話し合っても平行線なんだなと思いました。愚痴っぽくなってしまいました。とにかく何が言いたいかというと、行きたくないと言っている以上、何かしら理由があるんですよね。それを親の思いで、「行った方がいい」「行っておいて損はない」とあれこれ伝えてみても、本人は「嫌なものは嫌」と思っているのなら一度、休んでみる。もちろん、そのあとの様子を注意深く見守りつつです。そこで、本人がどう感じるかをしっかりと聞いていく。(ここで大事なのは決して親の思いを押し付けないこと)アドラー心理学の課題の分離。学校に行かないのはお子さんの問題。どうしよう、育て方が悪かったかな、愛情が足りなかったのかな?あれこれ悩んでも行く、行かないを決めるのはお子さん自身の問題親はつい自分のせいだと思ってしまうけど、それは別なんだとアドラー心理学では言っています。たとえ行った方がいいよと言われその時行こうと思っても、また同じようなことが起こります。どちらでもいいよ、決めるのはあなただよ。私たちは決めたことを尊重するよと伝えることも大切。自分で決断したと思えば覚悟が出来る。でも色々不安になりますよね。私も、ものすごーく不安になりました。今も不安です。ほんとに行かないでよかったのかな?毎日迷いが浮かんできます。でも最近息子くんが、「おれ、プロゲーマーになって1億稼ぐようになるから」と言っています。1億ですよ~すごくないですか?だから私は1億を稼ぐ息子くん、プロゲーマーとして大活躍する息子くんをイメージするようにしました。それと同じく、主人にもイメージ。あの時息子くんの決断を信じて良かった、とニコニコしている主人。(う~ん、むかついているとイメージしづらいです)とにかくこんな風に気持ちの切り替えができた、アドラー心理学勇気づけを学んで良かったと思いました。現在進行形なので結局のところ結論はまだ出ていません。いまだに息子くんは不登校。この夏でまる4年になろうとしています。息子くんは息子くんで、学校の教科書を引っ張り出して自主勉を始めました。何か心に感じるものがあったんだと思います。私も気持ちは少し楽になりました。だって、息子くんが学校に行かないのは息子くんの問題。私が悩んであーだこーだ言ったて決めるのは息子くんなんだ。それに、主人が何か言ってきたってそれも主人の問題。その時きちんと息子くんや私に言わなかったんだから。そしてここが大事なんですが、私がご機嫌でいること。これが一番大事。私がご機嫌でいることで、私の周りもすべてうまくいく。行くか行かないか、まだまだ続きます。ただ、「私は行かなくてもいいよ」が言えたこと、それを受けて息子くんがホッとしてることそして自分で先のことを考え始めていることを今はうれしく思ってます。これは我が家の場合。他にもいろいろな考え方があると思うけれど、ちょっと綴ってみました。必要な方に届くと良いな。

  • 04Feb
    • 行ってみたかったカフェに行ってきた。の画像

      行ってみたかったカフェに行ってきた。

      ご訪問ありがとうございます。いつも笑顔でなかがわみきです。昨日は節分でしたね。そして今日は立春。だんだんと春が近づいてきているそうですが、私にはまだその足音が感じられませんでも、昨日久しぶりにネイルチェンジをしてもらいにお出かけした時ご近所のお庭に梅の花が咲いているのをみかけ、ほっこりしましたそしていつものようにネイルサロンvenirさんへ。venirさんのブログは→こちらその前に今回はいつもと違うことをしてみました。それは気になっていたカフェに行ってみる。私、おひとりさまって苦手なんです。ひとりでお出かけしてもなんだかソワソワしてしまいます。『そう?ゆっくり楽しめていいじゃない?』って人もいますけど、実際に出掛けてみても、時間が気になる、なんか居心地悪い気がする。カフェにいても早く出た方がいいかな?などなど他の人はまったく気にしてないだろうことが頭の中をグルグルしてしまいますでもそんなの嫌だーーーー私ものんびりカフェを楽しみたい。そんな思いが最近ずーーーっと強くなっていました。何度かトライしてきたのですが、今回はちょっとしたきっかけで少し落ち着いて楽しむことが出来ました。お気に入りのノートを持って行き考えていたことを整理することに。まだちょっとソワソワするけどこれなら落ち着いてゆっくりできそうかな今回は30分で終了サロンに行く時間が迫っていました。もっと早く家を出ればよかった。ネイルもとっても可愛い指先に先に春が来ましたよ他にも行ってみたいカフェがあるのでトライしてみます。必要な方に届きますように。

  • 27Jan
    • 猫カフェに行って来ました。の画像

      猫カフェに行って来ました。

      先日、めずらしく息子くんから「ゲーミングPCが見てみたい」と声が上がり早速見に行くことに。ビックカメラパソコン館、フロアー一杯に様々な大きさのモニターやカラフルに光るライトのついたキーボードに目がキラキラ。いろいろ調べていたようで、「これはね〜」といつにも増しておしゃべりくんになっていました私もこんなに映像がきれいで。モニターが薄くなっていることにビックリでした。しばらくそこで楽しんで、お次は主人のリクエストで猫カフェへ。主人も、息子くんも初めて。私もこんなに大きな猫カフェは初めてなのでドキドキ今回行ったのは猫カフェMOCHAさんいや〜可愛いネコさんがわんさかいる私、犬派なんですけど、ネコさんも可愛いっすね〜初めは、「さわらせてくれない」「みんな逃げていく」といじけていたのですが、おやついっぱい作戦でどうにか慣れてきたようです。最後は「なんか癒される」「このままここにいたいな」なんて言ってました。私もおやつを必死にねだる姿や、喉元を撫でてもらい気持ちよさそうなネコちゃんの姿にとても癒されて帰ってきました。また癒されに行こうっと

  • 13Jan
    • フラッフィーバック作りましたの画像

      フラッフィーバック作りました

      ご訪問ありがとうございます。いつも笑顔でなかがわみきです。久しぶりフラッフィバッグを作りました。教えていただいてから半年以上、色合いから秋冬用にと思って大切にとっておいたけど作るの遅すぎ〜やっぱりピンク大好きさっそく、お買い物に行くときにデビューしました。ピンクが映えてよく目立つ大きさは長財布やスマホ、ちょっとした小物がスッポリ入る大きさです。ちょっとしたお買い物に持ち歩くのに便利です。持っているだけで気分上がります。好きな小物を使うのもご機嫌でいるために良いことですよね。こちらのバッグお作りいたします。バッグやリボンの色も選べますよ。お問い合わせ お申し込みはこちらからLINEで友だち登録していただくとお申し込みがスムーズです。

  • 08Jan
    • 私には夢があります。

      遅ればせながら明けましておめでとうございます。今年もゆる〜く綴っていきたいと思います。新年はじめはこちらから。私には夢があります。(日本テレビ系で放送された「同期のサクラ」さくらさん風に)勇気づけの講座で子育て中の保護者だけでなく、学校の先生や保育士さん、ご家族の病気で悩んでいる方など全ての方に自分の心の持ち方で、心が軽くなり周りも変わっていくことを伝えていきたい。それから講演もしてみたい伝筆セミナーをたくさん開催して誰でも簡単に楽しく文字を描いて「楽しかった、もっと描きたい」と思う方を増やしたい。伝筆文字で『卒園証書』を描いてみたい。サンキャッチャーのキラキラを届けたい。毎日笑顔で豊かに過ごしていきたい。毎年海外旅行に行きたい。私が思い浮かべられる事は、実現できる事。これを目標に楽しく笑顔で過ごしていきたいと思います。

  • 27Dec
    • サンタさんありがとう

      ご訪問ありがとうございます。いつも笑顔でなかがわみきです。ちょっと遅くなりましたが、息子くんの『サンタさん来てください』の続編です。25日朝いつもの「おはよう」の挨拶ではなく「きた?」と第一声を言いながら起きて来た息子くん。着替えを終え、いつものようにスマホチェックをしようとするとなんと、何と そこにはサンタさんからのプレゼントが置いてあるじゃないですか(しかも現金!)前日、amazonでポチった時主人が「現金でください」と手紙に書けと言ったようで素直な息子くん本当に「お金くれ」(くださいではなく)と書いてました朝一番に起きて来た私テーブルの上に現金がそのまま置いてあるのにビックリ大胆なサンタさんだなぁ〜と思いつつ一応封筒に入れてみたりして。そして息子くんの笑顔満開のリアクションビデオに撮っておけばよかったな〜その後に宅配で来たキーボード。いそいそと箱から出してセッティングしてました。こうしてプレゼントは無事息子くんのもとに届いたのでした。それにしても息子くん。表情やその後の会話からサンタさんを信じている様子。いや、私たちの会話に合わせてくれてるのか?どちらにしても可愛い息子くんなのでしたそうそう、私のもとにもプレゼント届きましたよ。楽天サンタさん。ポイントを使って半額でプレゼント購入しました〜来年も来てくれますように

  • 24Dec
    • サンタさん来てくださいの画像

      サンタさん来てください

      ご訪問ありがとうございます。久しぶりの明るい不登校児ネタです。今日はクリスマスイブですね。みなさんサンタさんにプレゼントお願いしましたか?我が家の不登校児の息子くん。現在中学2年生。「ねークリスマスだよね。プレゼントとか言っていいのかなぁ」と控えめなお願い。「ええ〜そうゆうのはサンタさんに手紙書いてって言ってるでしょ〜」(ちょっといじわる‥)「あ〜そっかぁ。じゃあさ、プレゼントの前渡しってのはダメかなぁ」「何が欲しいの?」「ん〜、ゲーミング用のキーボードなんだけどね…」(ちょっと考えて)「やっぱいいや。間に合わないから」「えっ?いいの?一応パパに言ってみたら。もしかしたらなんとかしてくれるかも」「うーん」そこで私との会話は終了。しかしこのあと意外な展開が息子くんのお願いを聞いたパパさん。最初は「そうゆうのは早く言わなくちゃ。もう無理じゃね」なんで言っていたのに。今朝になって「まだサンタ信じてるのかな?」「なんだかんだ言っても我慢してるんだと思うんだよね」なんて言って、結局2人でamazonを見てあーだこーだとやって、キーボードポチッとしています甘いんだなー私なら『いいんだ、じゃあおしまい』って言っちゃうけどでも、ここが主人と私の違いなんだな、と思いました。口では「出来ない」「無理」なんて言ってでも何とか願いを叶えてあげようと考える。う〜ん、すごい。えっ?やっぱり甘いだけなのかな?とにかく息子くんのところにはサンタさん来てくれるみたいです。Amazonからねところで息子くんまだサンタさん信じてるのかな⁇それとも親の芝居に合わせてくれてるのでしょうか?私のところにもサンタさん来て下さ〜い

  • 21Dec
    • 運気アップサンキャッチャーお嫁入りですの画像

      運気アップサンキャッチャーお嫁入りです

      ご訪問ありがとうございます。カラーdeサンキャッチャー認定講師虹色風水コンシェルジュなかがわみきです。人間関係運氣アップのサンキャッチャーいつもネイルでお世話になっているネイルサロンvenireさんのご紹介で興味を持っていただいた方のお宅にお嫁入りです。ネイルサロンvenireさんのブログはこちら運気アップのサンキャッチャーは願う運氣によって使うビーズのカラーやパワーストーンが違います。ちょうど人間関係や家庭運が気になっていたということと、お好きなカラーがグリーン系との事で人間関係運氣アップのサンキャッチャーをお勧めしてみました。作ったサンキャッチャーの写真を見てとても嬉しそう。お家に迎えるのを楽しみにしてくださってます。パワーストーンと水引のクローバー。私も作っていてとてもウキウキしていました。どんなサンキャッチャーが良いかなぁ虹をたくさん見てグリーンカラーでホッと癒されていただけるかなぁなんて考えながら作っている時がまた一段とワクワクします。運気アップサンキャッチャーご相談いただければ全力でお作りしますよもちろん自分で作ってみたいって方も大歓迎。ご気軽にご連絡くださいお問い合わせ お申し込みはこちらから

  • 16Dec
    • 責任ある行動をしようの画像

      責任ある行動をしよう

      ご訪問ありがとうございます。いつも笑顔でなかがわみきです。今日はたっぷり自分にご褒美。ゴリッゴリに固まっていた身体を解してもらってきました。その帰り道に見た光景。駅前にいつも並んでいた自転車の一団。いつの間にかスッキリ無くなってるなぁと思ったら、その場所がいつからか駐輪禁止になっていました。確かに歩いている時とても邪魔だったし自転車が無いと道路が広く感じます。私はその駅をたまにしか利用しないのでいつ駐輪禁止になったのか分からないのですがその時たまたま数台の自転車が駐輪禁止の場所に置いてあり、そしてまた、たまたまその自転車を撤去するトラックが来て、数人のおじさんが自転車をトラックに乗せていました。その一台がイラストのようなママチャリ。それも前方のカゴに荷物が入っている様子。それをトラックに乗せているんです。その光景を信号待ちの時見かけたのですが同じく待っていた数人のご婦人方が「ちょっとあれはひどくない?」「あれはやりすぎよね〜」と話していました。確かに、忙しいママさん。ちょっとの時間置くだけだから良いかな⁈と思ったのでしょうね。でも、撤去するおじさん方にはそんな理由関係ありません。禁止のところに置いたのだから。おばさま方は「いくらなんでもやりすぎよね!」「ちょっと言ってやりましょう」と作業をしているおじさんに抗議の声を上げました。でも、結局自転車はトラックに積まれ撤去されていきました。これで思い出したことがあります。私も駐禁の場所に車置いてほんの数分離れた時にレッカー移動されたことありますほんのちょっと。いつも他の車が駐車していてもレッカーなんて来ないのになんで私の時その後、警察署で違反金を払う時「レッカーされて良かったんだよ。違反は違反なんだから。いけないことはいけない。誰かがやってるから自分もは無いんだよ。それが分かったことが良かったんだよ」って警察署まで送ってくれた、レッカーを運転しているおじさんに言われました。(どうゆう状況だ)その通りだなって後から思いました。(その時は怒りの方が大きかったので)そのことを思い出しうーん、ママさんの気持ちもわかるしおばさま方の思いもありがたい。でもやっぱりいけないことをしてるしなぁとなんだか複雑な思いを抱きながら帰ってきました。その後、その自転車の持ち主さんが現れたのかどうなったのかは分からないのですが…。せめて自分の行動は責任ある行動をしようと改めて思った出来事でした。(ごめんなさいって時もあるけど)

topbanner