フォトグラファーのヒッキーこと森藤ヒサシです。

 

 

オーストラリア、ブリスベン4日目です。

 

 

 

 

昨日の朝は、ブリスベンを小雨の中ジョギング。

 

ブリスベンに関しては、

no ideaだったのですが、

すごくいいところ。

 

川が穏やかに流れ、

おしゃれな街並みと、

面白いデザインの建物や、橋など。

 

見ていても飽きない。

 

今は、夏の終わりなので、

湿気もありますが、

とても過ごしやすい、気候。

 

 

 

 

また来たいなと思う街です。

 

 

 

そして、午後からは

心屋仁之助さんのライブ。

 

私は、密着での撮影でした。

 

 

昼前に、

船着場に行き、

船で対岸まで行きます。

 

 

 

ともちゃんに撮られる仁さん

 

 

ちなみに、ブリスベンは、

無料の船が30分おきに行き来していて、

それに乗ることができるのです。

 

 

対岸のライブ会場までは、

車だと、2,30分かかるのですが、

船で行くと5分で着きます。

 

 

いやー、住む人に優しい街です。

 

 

 

jin on the 船

 

そして、

会場に到着後、

ライブのリハ。

 

 

 

 

15時からは、会場オープンで、

16時から19時まで、

トーク&ライブイベントでした!

 

 

 

初の海外でのイベントでしたが、

約200人もの人が来てくれていて、

ほんとすごかった!

 

相変わらず、

9割が女性でしたが・・・

 

 

ブリスベン在住の日本人は、当たり前ですが、

わざわざ、1000km離れた、

シドニーや、オーストラリア全土、

はたまたマレーシアから。

 

そして、日本から、

追いかけてきた人もいました。

 

 

人気あるわなー。

 

 

最近、個人的に仲良くさせていただいているのですが、

普段一緒にいるのと違い、

ステージ上に立つと、

カリスマ性を持ったアーティストになるんですよね。

 

 

うらやましい・・・

 

 

 

 

 

私が、自分の好きを中心に生きる!

というアーティストライフを提唱しているのも、

仁さんの影響もあるのです。

 

 

仁さんも、

自分の好きなことしかしません。

 

嫌いなことはやりません。

 

 

でも、自分の好きなことをしてるだけで、

 

人に影響を与えて、

人に気づきを与えて、

人の人生を変えることができて、

自分の持っている価値観を変えさせて、

そのままでいいじゃん、と思わせてあげてているのです。

 

 

まあ、仁さんが、

そうさせているのではなく、

人が勝手に気づいていくだけなのですが。

 

 

 

仁さんは好きな歌を歌い、

自分の思っていることを話し、

自分の経験談を話し、

それを本にしたり、

Bトレというセミナーにしたり、

トークライブをしているだけ。

 

 

やりたいことをやっているだけなのです。

 

 

そして、

自分の思っていることを、

勝手に言っていることで、

 

"まわりの人をかえたい!"

 

なんて、これっぽっちも思っていないのです。

 

 

相手が変わろうと、

相手が変わるまいと、

相手次第。

 

 

おもしろいです。

 

 

コントロールしようとしないのです。

 

 

それこそ、アーティストライフだわー。

 

と、感じる仁さんのライブでした。

 

 

 

でもって、

撮影ですが、

それに関しては、また明日、書きますねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後まで、読んでいただき、

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

公式サイト:www.morifujihisashi.com

BLISS WEBサイト:www.photo-bliss.com

Facebook::www.facebook.com/morifuji.onuki

instagram:https://www.instagram.com/photographer_hicky/

メルマガ"light & shadow 写真論”:

https://www.photo-bliss.com/mailmagazine.html