to heart | 最南端クロニカ諸島での決戦

to heart


雑音がまた

美しいあなたの声をかき消して行く

誰にでもある

僕だけの宝物みたいな物語


to heart

どこにだって行けないのに

to heart

悲しみがそっと目をとじている

きっと

僕がそこいたとしたら

いまさら


優しい音

あなたに届いて

変わらない音

変わりゆくあなたにいつか刺さればいいと


to heart

どこにだって行けるはずなのに

so long

言葉がいつも縛り付ける

きっと

さようならっら聞こえていたら

いまさら


to heart

どこにだって行けるはずなのに

to heart

言葉がいつも縛り付ける

きっと

さようならっら聞こえていたら

いまさら

to heart

あなたの声が聞こえた気がして

so long

窓の外を眺めてみるの

きっと

どこにだって行ける筈なのに

今夜は