月が雲を照らすころ | 最南端クロニカ諸島での決戦
2016-07-02 06:24:32

月が雲を照らすころ

テーマ:歌詞

月が雲を照らすころ


スコールの朝に

君を見失う

すぐ止みそうだな

少しの雨に濡れた君に

ちょっと胸が踊る


どんな時でも

一緒に居たかった

好きだ会いたいって言葉じゃ

何も生まれないよ


月が雲を照らすころ

君を迎えにいくから

必ずその場所で

じっと待ってるんだよ


曇りの空で

心も曇って

ちょっと悲しくなる


不安や迷いと

二人の距離

傷をつけずに

愛せるなんて思ってないよ


僕が夢を掴む時

君の声が消えたら

それは偽物だと言って

会いに帰るよ


月が雲に覆われて

何もみえなくなっても

僕がすぐに向かうから

ずっと信じていて欲しい

月が雲を照らすころ

君を迎えにいくから

必ずその場所で

じっと待ってるんだよ



ハイクロニカさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス