妄想最前線 | 最南端クロニカ諸島での決戦
2013-06-16 23:26:16

妄想最前線

テーマ:歌詞
妄想最前線

間違いだらけのまま
僕の中でずっと
育ててしまった
 
あぁ胸が苦しいな
造り上げた理想郷
突然の酷い雨に
 
冷たい指で
越える非常線を
 
妄想上の君は泣いていて
下手くそなピアノでビートルズを歌う
それか僕の日常で
君のいない現実の朝はBLUE
 
 
アルコールに溶けた
氷のようにきっと
忘れてしまって
金輪際の偶然を
昨日の夢の中へ
置いてきてしまおう
 
虚ろな恋で
終る残響音を
 
想像上の君は革命家で
人々に歌う奇跡のシンガーだった
それが僕の一大事で
君の歌を遠い所で聞いてた
 
妄想上の君は
想像以上に激しく 
何時も通り綺麗な
爪を僕に立てたんだ
 
妄想上の君は泣いていて
下手くそなピアノでビートルズを歌う
それか僕の日常で
君のいない現実の朝を向かえても
 
やっぱり君は革命家で
人々に歌う奇跡のシンガーなんだ
それが僕の一大事で
君の歌を遠い所で聞いている
 
 

ハイクロニカさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス