FUN+WALK PROJECT 知ってる? | よつこさん日記(悪性リンパ腫と水泳とチャリ)

よつこさん日記(悪性リンパ腫と水泳とチャリ)

まさかの悪性リンパ腫
この病気と上手く付き合いながら
明るく元気に♪
リンパ腫のこと
趣味の水泳やフィットネスのこと
日常のたわいのないことを書いています。


テーマ:

「FUN+WALK」というプロジェクト、ご存じですか?

これは、

歩くことをもっと楽しく

楽しいことをもっと健康的なものにする
スポーツ庁のプロジェクトなんです。

 

たとえば、

ランチタイムや帰り道に「歩く」を足す
通勤や仕事に「歩く」を足して、脳に酸素が多くなり、回転が速く
歩きながら音楽を聴いて、もっと元気に楽しく
「歩く」ことで、血行がよくなり、むくみがとれ、美肌効果も
どうせなら、ショッピングも歩くことで、思わぬお買物も
旅行なども、電車やバス、車でなく、「歩く」からこその場所や発見も
美術館、博物館、アニメの聖地まわりも、歩いてみよう
自然との触れ合いも、歩いて、緑をみて、リラックス、リフレッシュ
などなど
 
「FUN+WALK」のコラムで
モデルさんの歩き方教室「ヒップアップ編」など読んでると
こんな事が書いてありましたよ。
抜粋して紹介しますね。
 
ウォーキングで体を鍛えたいなら、大股でかかとから接地して大腰筋・腸腰筋を鍛える歩き方があります。
ここで注意するのは、骨盤を捻らずまっすぐ前に出すように歩くこと。
骨盤を捻って歩くと、体幹が伸びきる前に足が地面から離れてしまうので、筋肉が鍛えられません。
また、姿勢が悪くなって上半身が前傾すると大腰筋が伸びないので、この歩き方でも必要なのは、姿勢の良さです。
歳をとって腰が曲がってくるのは、大腰筋が弱くなるからと言われています。
大腰筋を鍛えることで姿勢が良くなるし、アンチエイジングにもなります。
 
また、上記とは逆のつま先から接地になる話も。
ご紹介しますね。
 
かかとから接地する走り方・歩き方は
足裏が地面についている時間が長くなるため、
前腿の負担が大きいと言われています。
足を細くしたくて走っている女性が、走り出してから脚が太くなるというのは、大抵の場合、かかとから接地する走り方をしているからです。
 
つま先から着地する歩き方
確かに、速くあるくにはそうなんですよね。
 
いずれにしても、「姿勢」が大事なんだ、と言ってました。
腹筋や背筋を使って、姿勢を正しく歩く、ことが大切なんですね。
水泳でもよく言われます。
自分の身体の中心「焼き鳥の串」だと。
頭も前に倒れたり、上向いたりしないで
体幹をしっかり保ちなさい、ということです。
「歩く」時の注意と全く同じ事でした。
 
たかが「歩く」ですが、なかなか難しいです。
でも、毎日少しずつ意識していると、必ず結果となって現れます。
 
「歩く」ことをもっと楽しく
楽しいことをもっと健康的なものに変えていく
スポーツ庁の「FUN+WALK PROJECT」
サポートするアプリもあります。
 
1日の歩数に合わせて、ご当地キャラがどんどん変身したり
歩いて貯めたポイントで、クーポンをゲットできたり
その他、イベント情報やコンテンツも満載です。
 
ウォーキングの励みになれば、いいね^^

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村

よつこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス