よつこさん日記(悪性リンパ腫と水泳とチャリ)

よつこさん日記(悪性リンパ腫と水泳とチャリ)

まさかの悪性リンパ腫
この病気と上手く付き合いながら
明るく元気に♪
リンパ腫のこと
趣味の水泳やフィットネスのこと
日常のたわいのないことを書いています。



テーマ:

今月から、私が通っているスイムスクールで

担当コーチや練習内容レベルなど変わった。

2年間、ずっと担当してくれていた2人のコーチ

楽しくて良かったから残念、2人とも変わった。

 

今回からベテラン女性コーチ1人に。

先週、第1週目だったのだけど

今までとガラッと変わって、今回のコーチは泳ぎ重視みたい。

とにかく、泳がせる、距離もサークルも違う。

 

年始からヘルペスで水泳はお休みして

3月入って、やっと泳げるようになった身としては

先週は、めちゃめちゃきつかった。

「今日は、皆さんの泳力をみたい。では、行きはバタフライ帰りはクロールを4本」って、アップがないんだもん。

そのあと、バッククロール、ブレストクロールなど

板キックも50M単位だし。

 

今日は、要領もわかったので、

頑張るところ、手を抜くところ、上手く配分して泳ぎました。

 

 

この1年間は、

月曜日は、私の師匠から、みっちりフォーム矯正など受けて

木、金は、泳力アップ、スピードアップで泳ごうと思う。

 

 

東京体育館や国立の長水路が恋しいなあ。

補修工事やオリンピック関係で、使えない期間、長すぎだな。

長水路でバタフライ泳げなくなってる気がしてきた。

 

 

それから、美容院行きたい。

そろそろ髪のカラーリング、大丈夫だろう。

ヘルペスの影響か、敏感肌が更に、強くなってたので、

カラーリングはブツブツできるかも?って避けてたんです。

11月から染めてないのです。

生え際、白い物たくさんで、前髪あげれません。

 

 

 

 

 


テーマ:

寒いですね。

それに、風が強くて、更に寒い。

明日13日は、リンパ腫の患者会がありますよ。

 

東京、千葉、名古屋、宮城・・・ですよ。

あっ、そうだ、明日空いてる!

行きたい、という方はネクサスのHPで詳細を確認してくださいね。

 

参加者が多い、東京では

宝石緑リンパ腫患者・家族のための東京交流会・ミニ講演会in築地宝石緑

 

・日時:2019年4月13日(土)14:00~16:30

   (開場13:30)

  ベル会場のセキュリティの都合上、15時までにご入場ベル

・会場:国立がん研究センター新研究棟セミナールーム

・会費:無料

・事前申込み:不要

・対象:リンパ腫の患者や家族、その他関心のある皆さま

 

宝石緑プログラム宝石緑

14:00~14:15 開会挨拶とオリエンテーション

14:15~14:45 ミニ講演会

         「悪性リンパ腫で使われる分子標的療法」

講師:福原傑先生 

  (国立がん研究センター中央病院血液腫瘍科) 

14:45~14:55 休憩

14:55~16:25 リンパ腫の患者や家族の皆さまの交流会

16:25~16:30 閉会挨拶

 

 

 


テーマ:

NPO法人キャンサーネットジャパンの

もっと知ってほしいシリーズの冊子

大切な人ががんになったとき 血液がん」が

できました。

 

この冊子は

血液がんになった患者さんを支えるために、

株式会社毎日放送の協力のもと、

一般社団法人日本血液学会、一般社団法人日本造血細胞移植学会の後援を受けて完成したものです。

 

以下、キャンサーネットジャパンのHPに掲載されていた事を

抜粋します。

 

血液がんという病気は時に長期戦です。

その治療の課程は、固形がんとは大きく異なる特徴があります。

造血幹細胞移植が必要になった場合には、さらに、血縁関係にも影響を及ぼす治療法であることから、

限られた時間の中で、周囲ともじっくりと話し合い、

納得の上で選択することが求められます。

 

この冊子は

広島大学病院 血液内科診療部長、教授の一戸辰夫先生監修のもと、血液がんの基礎知識から造血幹細胞移植、治療のこと、

小児がん/AYA世代のがんのことなどについて、患者支援に携わる方々が知っておきたい情報を20ページにまとめています。

また、血液がんの患者さんを支えたご家族などの体験談を掲載しています。

 

もっと知ってほしい 大切な人ががんになったとき 血液がん

 

内容は、

第1章 サポートするあなたが知っておきたい血液がんのこと

第2章 血液がんについて知る

第3章 造血幹細胞移植について知る

第4章 血液がんの治療を受けるにあたって

第5章 小児がん/AYA世代のがんのこと

第6章 血液がんとお金のこと

第7章 患者さんとあなたを支える人たち

というようになっています。

 

私もざっと目を通したのですが

患者さんのご家族の方、周りの方々が

どれほど心配して、様々な不安を感じている事を

改めて感じました。

長期にわたる治療、ケアが必要ながんですから。

 

無料でダウンロードできます。

ぜひ、読んでみてください。

 

この冊子の最後の方には

白血病、悪性リンパ腫、など疾患別の情報を知る冊子紹介も

ありましたよ。

 

 

Ameba人気のブログ