みなさん、ありがとう

テーマ:
昨日の日記に書いたことに、共感してくれる人がいてとても嬉しいです
昨日は自分のHP作ってよかったなぁって思った日でした。
きっとここで、私の思ってることをいわなかったら、
きっと私はもう作詞なんかしてないかもしれません。
んな大げさなって感じがするけど、
私はあのサイトの素敵な人や、作品にいっぱい出会って、
成長したって思ってるし
誰かの成長の手助けができたらいいなって思ってる。
だから、それをけなされて普通に凹みました。ハイ。
もう、弱いですから(笑)残念…!
のわりにヒドイレスなんだけど…
(勘違いを成長させていたらごめんなさい)
チャットで相談したときも、みんな私はちゃんとレスしてるって言ってくれて。
もう、このさい内容じゃなくて数の問題だかんね(笑)
つーか自分で言わせたフシもあるんだけど!笑

やっぱりあのサイトが好きな人は、サイトの住民さんが好きなんだと思う。
だから住人の私のこともちゃんと見てくれてて、
事実無根のことだったら事実無根だってわかってくれる。
これは、詞褒められるより嬉しいことかもしれない
「ナコナ」を見てくれているってことだからね。
ホント、ありがたいです。多謝。

でも、もちろん、こうやって不特定多数の人が利用するサイトで詞を載せている以上
荒らされたり、けなされり、嫌われたり、悪いことがいろいろあっても
仕方のないことだなってことも思いました。
当たり前のことです。しかもネットは簡単に名前を消すことができるしね。
でも、感情論でいうと、同じ目標をもってる仲間みたいなものなんに
そんな殺伐としてしまったら、誰もいい詞なんてかけなくなっちゃいます。

芸術家は、奇人であっても紳士でいるべきだと思います。

作品云々以前にね。
どんなに奇行にはしっても、
「人」を見なくなったら芸術家以前におしまいです。
見る人がいるから、芸術は成立するんです。
見る人じゃないな「見たいな」って思う人がいるから。
プロならそれでいいけど、結局生き残るのは「人」をちゃんと見る人です
どんなに嫉妬深い人も「嫉妬」っていう点で「人」を見ています。

私はこれだけは見失いたくないです。