『0と1との間には』 | 日比野真琴のブログ

日比野真琴のブログ

ブログというよりコラムに近いです

日々の生活で感じることや

自分自身に言い聞かせたいことを綴ります


賛否両論あるだろうと思いますが

あなたの心に

何か残せたり感じさせることを書ければいいなと思っています


テーマ:
『0と1との間には』





1 − 0 = 1



100 − 1 = 99





こんな計算は

小学生でも解けるほど簡単だ




しかし僕には



「1」と「100」の間にある

「99」の差よりも



「0」と「1」の間にある

たった「1」の差の方が大きい と



そう感じてしまうのです





こんにちは

日比野まことです




遅ればせながら

明けましておめでとうございます





1を100にするのは

そんなに難しくない感じがします



けれども



0を1にする

そっちの方が僕には難しく感じます




もちろん単純な計算でなら

「1」と「100」との差の方が

「0」と「1」との差よりも

数字が大きいってことはわかっています




けれども

「0」と「1」との間には

1や100なんかでは足りないくらいの

無限にも近いような差が

隠れているようにさえ感じるんです




なにか新しいことを始めるとき

とりあえず一歩目さえ踏み出してしまえば

そのあとは 二歩・三歩と続いていき

百歩 や 万歩だって

意外とすんなり進めてしまえたりする




しかし

それよりも重要なのは



まず

最初の一歩を踏み出せるかどうか




その一歩目の勇気を絞り出すことが

二歩目から百歩先まで

辿り着くことよりも格段に難しいのである




 

「0」と「1」の間には




ある人にとっては  たったの「1」


ある人にとっては  果てしない「∞(無限)」




その差を決めるのは

きっと自分の心次第なのだろう




だから


「0」と「1」の間にある

「∞」のような差だと感じているものを



できるだけ 小さく小さくして



「1」よりも小さい

「0.1」くらいの差に感じれる




そんな心持ちで

一歩目を踏み出していけたらと思う




僕はヘタレやから

最初の一歩を踏み出すまでには

まだまだ慎重になりすぎて

10000くらいの差に感じてしまうけれど 笑




それでも

立ち止まってしまっている現状を打破して

臆さず怯まず勇気を持って

最初の一歩目を踏み出していきたい




平成も終わり

新しい元号が始まる




そんな今年は

新しくやってみようと思うことの

とりあえず第一歩目だけでも踏み出してみる

そんな変化のある一年にしたいです




そんな抱負の僕ですが

今年も一年

どうぞよろしくお願いします

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス