角膜上皮剥離〜その後 | ひびきのいちにち

ひびきのいちにち

毎日お家のニャルソックをしてくれる大事な響が調子を崩してしまいました。いろいろなブログや飼い主さんを参考にしながら、がんばって闘病していく記録です。


テーマ:

今日もがんばって病院へ行ってきました響ですドキドキ

 

まだ涙や目やにが出ることもありますが

▼こんなに開くようになりました星

image

 

傷の大きさを診てもらうと

すごく小さくなってきていて

 

大きすぎて眼全体が光っていたのが嘘のように

傷の治りは順調そうですぺこり

 

Dr院長先生+若先生お二人に診ていただいて

 

眼に傷をつける原因が何なのかはわからない

けれど順調に傷も良くなっていますね とのお話。

 

正直にお話してみましたキャッ*m

 

本当のところ思い当たることといえば

顔をスリスリと角に擦り付けるしぐさ

顔を洗うしぐさ

 

それ以外は正直思い当たらない・・・

カメラを響の目線で設置してみたりしているけれど

 

先生は優しく微笑んでいました。

 

(よく考えれば外傷であるという診断が何度も出ているので、これは飼い主が考えていくことですものね・・・繰り返すから内的なものでは?という考えが出てきてしまうけれど、考えてみれば猫風邪の経験もない響です)

 

image

 

なぜかルスモ前でカメラ目線だったり

ルスモの中身をほじくり出そうとがんばっている姿だったりねこ

 

初めて見る留守中の響の姿は面白いです顔文字

 

診察の後、看護師さんに猫の行動として

角にスリスリする(しすぎる可能性?)行動はどういう時なのか?

などのお話を聞いて

 

痒み、清潔にしたい、甘えですかね

 

それと

イラツキなどのストレス・・・・滅多にないと思うけれど

 

image

 

そこまで聞きながら

私が「ストレス」などの方向で

受け取りがちな事を考慮してor危惧して

言葉を選んでくださっているなと感じて

優しく嬉しく、冷静に考えていこうと思えてきました星

 

ストレスという部分にフォーカスしすぎてしまうと

大事なことを見逃してしまう可能性があるのだなと思えてきて

まずは点眼をがんばりつつ

 

うっすらと

我が家にはケージはないのですが、そういう検討や

今は全てドアを開けて自由に移動ができるけれど

留守の時だけは1部屋にすることも考えてもいいのかな

そうすると対処法になる&原因を探りやすくなるのかな

環境を変えることがストレスになるかな

とか グルグルしています。

 

今は 点眼で傷を治そうね響ハート

 

夜ご飯の時はエリザベスカラーを外してあげています。

それが嬉しくて一心不乱に食べる響の変顔連発笑

 

image

 

image

 

 

いつも気にかけてくださってありがとうございますぺこり

コメントいただく内容は、具体的なことから飼い主の気持ちの問題まで含めて

狭い思考になりがちな私の視野を広げてくれる貴重な宝物です。

 

そういえば初めて角膜が傷がついた時

響はIBDの治療でステロイドを服用中でした。

今までこのブログを始めてからずっと

アドバイスをいただいたり、そういう可能性もあるのかと気づかされたり

寄り添っていただいたりして、こうして今日があるのだなと

 

本当にありがとうなのですぺこり

おやすみなさい月

 

p.s. 吐かない日15日目

病院通いが多くなると軟便になることがありますが

ロイカナ消化器サポートの分量を調整(多め)にすることで翌日には改善してくれています。

いまのところOK

hibiki-nyanさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス