こんにちは。

広島市西区横川3丁目の個別対応【子どものミカタになる】ひばり塾ですヒヨコ





横で比べず
縦で比べる




とある校長先生のお言葉ですが、

私が実践しているのは正にこれですハート


周りの子と比べず、
過去のその子と比べる



といっても、、
親としては
周りの子が目に入るとやっぱり気になっちゃいますよねアセアセ
そのお気持ち、とっても分かります!
以前の私は、めっっっっちゃ横で比べてましたチーン




でも今は…違いますルンルン


それは
こんな風に思ってるからなんです。


下矢印下矢印下矢印






我が家の娘は、とんでもなく


早生まれです。
3月30日に生まれました。

予定日通りに生まれていたら4月生まれのはずでした





4月スタートの日本では1〜3月は早生まれです。

「早生まれは大変」ってよく耳にします。





でも

「早生まれは大変」



って、


誰が大変なん??


主語誰なん?

子どもが大変なん?

親が大変なん??



そもそも大変って何なん?



(小藪っぽくなっちゃいましたゲラゲラ



ダイヤオレンジダイヤオレンジダイヤオレンジ


私もこの仕事をしていなかったら
3月30日生まれを嘆いていたかもしれません。
あと3日遅く出てこいやー!と本気で思ってたかもしれません。


(娘と同じ予定日だった子のパパは、
そこのママに「絶対に4月に産め!」と言ったとかチーンぎゃ





けれども
子どもの発達の順序を知った今なら


4/2生まれから始まる1学年のくくりの中で、


3/30生まれの子が



みんなと同じタイミング

みんなと同じことが出来るわけないじゃーんゲラゲラ




って思っているので全く焦りはありませんにやり




ダイヤオレンジダイヤオレンジダイヤオレンジ



娘の保育園では



同じクラスの他の子は
歩いたり走ったりしていますが、、、




娘だけ

まだ歩け歩きません。

超マイペースな娘。先生からもマイペースのお言葉を頂きました。





幼い頃は特に
発達の差が目立ちます。




小学校に上がってからも、もちろん差があります。
あって当たり前です。




差があって当たり前なので




親が焦らない


これがめーーーっちゃくちゃ大事だと思いますキラキラ





キラキラみんなに追いつかないと!

キラキラ周りの子が出来てるんだから、
うちの子もみんなと同じように出来るようにならなきゃ!



そんな風に頑張るお母さんもいらっしゃると思います。



それも時には必要なことかもしれません。







けど、一番大事なのは



他の子と比べない


ことだと思います。






他の子と比べてしまうと


キラキラみんな出来てるんだから、あなたも頑張りなさい!

キラキラちゃんとやりなさい!

キラキラ早くしなさい!

キラキラどうして出来ないの!



こんな声掛けになって現れます。





いつもお母さんにダメ出しされまくっていると


子どもは自信を失います。
自己肯定感、だだ下がりですショボーン



自己肯定感が低いと


もやもや「どうせ出来んけぇ」「無理」が口ぐせになったり

もやもや努力出来なくなったり

もやもや投げやりな行動をとったり

もやもや失敗を恐れてチャレンジ出来なかったり

もやもや怒られるのが怖くて言い訳をしたり

もやもや人からのアドバイスを素直に聞けなかったり

もやもや人からどう見られているか過度に気になったり

もやもや自分で決められずに人のせいにしたり


などなど。

そんな行動を取るようになります。






なので、



私は家でも塾でも


過去の
その子と比べる


ようにしています。



そうすると

「(前に比べて)◯◯出来るようになったね!」


と声掛けすることが出来ます。


褒めるチャンスが生まれますキラキラ

褒められると子どもたちは喜んで、
ますますチャレンジしていきます。


自己肯定感を高めていくことができます。




まとめると…

・うちの子コレ出来てない。

・あの子、もうあんなこと出来るんじゃー。


ついつい、そんな風に目がいってしまうのは仕方ないです!


でも他の子と比べる状態が続いていくと

お母さんとお子さん

2人ともニコニコ出来なくなっちゃいます。


そこからの視点の戻し方が大事ピンクハート






こんなブログも書いています。














うさぎうさぎうさぎ


早生まれは大変

下矢印下矢印下矢印




早生まれは

親が変わらなくちゃいけないから

大変。






うさぎうさぎうさぎ


親が変わらなくちゃいけないのは分かるけど、
どうやって変わったら良いのかが分からんのよ〜アセアセ


そんな時はぜひご相談ください〜流れ星
子どもの見方のコツをお伝えします。











ダイヤオレンジダイヤオレンジダイヤオレンジ

子どもたちには

自分らしくイキイキと輝いて

ニコニコした毎日を過ごして欲しい。



\子ども達の健やかな成長のために!/



ママのニコニコをサポートして、

子どもの強い心を育むひばり塾ヒヨコ



ひばり塾塾長

元高校理科教員/中高教員免許取得/発達支援コーチ初級・中級受講/学習発達支援員養成講座修了/TCS認定コーチングスキルアドバイザー



メールはこちら… info@hibarijyuku.com
お問い合わせフォームはこちら… http://hibarijyuku.com/form.html



ダイヤオレンジダイヤオレンジダイヤオレンジ

【オマケ】


たまたま見ていたすくすく子育て。

小学生以上のお子さんにも当てはまると思ったので
先生方のコメントも載せておきます。


今この子は、ゆっくりじっくり育っているんだと喜んであげたら
周りには刺激がたくさんあるから
すごく良く育つと思います。








「ダメだ」と言われて育つと、
その子の良さがなかなか出て来なくなります。

「あなたのペースで良いんだよ」
って言われた方が、子どもたちは安心して育つことが出来ます。