こんにちは。

広島市西区横川3丁目の個別対応【子どものミカタになる】ひばり塾ですヒヨコ





先日AD/HD小学生のお子さんと話すことがありました。
その時の話の流れで「音読カードをなくした」という話題に。







目からウロコな…というかなんというかゲラゲラ
私には無い考え方を見せてくれました!






ここからは私とその子とのやりとりです。

下矢印下矢印下矢印



ヒヨコいつから無いの?

ランドセル夏休みの終わり頃から



ヒヨコじゃあ、今は宿題はしてないの?

ランドセル音読は昼休憩に先生に聞いてもらっている(だから宿題はしている)



ヒヨコカードが無いことは伝えてないの?

ランドセルカードを探しているところだから言っていない。
だって今日見つかるかもしれんから、カードは無くしてないんだ。



ヒヨコ先生に言わないの?

ランドセル怒られるかもしれんから言ってない。
それに自分では無くしたつもりもないし。
宿題も昼休憩にしてるから悪いことはしとらん。


ここまで30分くらい話してます。
まぁ、話がそれるそれる!

上三角上三角上三角上三角上三角



ハッなるほど〜おさるのもんきち

今探しているところで
今日見つかるかもしれんから
無くしたわけじゃない。


そっか。
そういう感覚だったんかー!!
(他にも同じような子がいたんです)




自分ではなくしたつもりはない

って、確かに私も物なくしたとき
「なんでーなんで無くなるん?
無くなるわけないのに!」って思うわー。



と、妙に納得しつつ



いやいや、このままだと話の落とし所が見つからんわ!びっくり

と思い直して。




本人は怒られることがいやで(怖くて)たまらない様子なので



ヒヨコ「じゃあさ!無くしたことを先生に伝えた時、
先生になんて言ってもらいたいん?



と聞いてみました。


すると


ランドセルそうか、分かった。って言って欲しい。」




ヒヨコ「そうか、分かったって言って欲しいんじゃね。
それで先生にはどうして欲しいん?」





ランドセル何も言わずにカードとかプリントを渡して欲しい」




ヒヨコ「何も言わずに渡して欲しいんじゃね」




ランドセル「うん。次からは無くさないでねって言われたくない」




ヒヨコ「無くさないでね、って言われたくないんじゃね。それはなんで?」




ランドセル「もう絶対無くしちゃダメって感じで怖いけぇ」



上三角上三角上三角上三角上三角



ほほほぉ。なるほどにやり
私たちは何気なく使ってるこの言葉。



その子は「次は無くさないでね」を
脅迫のように感じていたみたいです。




そんなわけで
「次からは無くさないでね」の言葉には
続きがあることを伝えました。

担任の先生はその子の診断をご存知なので


次からはなくさないでね。
→なくさないように気をつけてね。
→それでももし無くした時は「また教えてね」


っていうのが隠れているんだよと伝えました。




AD/HDの特性的に物を無くす、忘れ物をするのは
ある意味当たり前です。
それが通常運転にやり

そこを叱っても無意味などころか、
本人のトラウマとして残ってしまいます。

無くさないようにする。
忘れないようにする。
仕組み作りが大切になります。



上三角上三角上三角上三角上三角


この話のあとで
「さっき悪いことはしとらん」って言ってたけど、
今もそう思う?」
と聞いてみました。


すると
「いや、そんなこと言ってない」
と即答したので
メモを取っていたものを見せました。

「あ、、いや違う。悪いことはしてないことはないけど…ごにょごにょ」



ふむふむにやり

そんなわけで、
カードが無いことを先生に伝える理由は、

宿題を家で終わらせることが出来ないからだよ

と最後に伝えてこの話を終わりました。







話し始めた時は

自分はカードを無くしたわけじゃないし、
今探し中だし、
宿題もやってるんだから悪くない
→だから先生に言わないんだ!


と思っていたのが


悪いことをしてないわけじゃないのかもしれないな…
先生にカードが無いって言った方がいいのかもしれんな。



と考えが変わっていくのが分かりました。




先生にカードが無いと言うかどうかは
この子が選ぶことになります。


さて、どうするかな。



上三角上三角上三角上三角上三角


〜オマケ〜

この子と話しながら(株)おめめでどうの

どうしてメモと○×メモが頭をよぎりました。

http://omemedo.ocnk.net/product/880



「仲間はずれにしないで!セット」
おめめでどうさんHPより画像お借りしました。