「企業法務」を掲げる司法書士事務所として | もし経済学を法律コンサルタントが学んだら

もし経済学を法律コンサルタントが学んだら

法律家が経済学を応用したら何が起こるのか、理系出身の私が一から経済学を学び、実務で実践した内容を公開します!


テーマ:

当事務所の対応業務の一つに「企業法務」を掲げております。

企業様から契約書のチェックや総会の開催・運営についてご相談を戴く事が主な内容ですが、
民法や会社法の知識以外にも、特許や商標、労働法など様々な知識が求められます。

そういったご相談にも対応出来るよう、日々書籍や雑誌、研修セミナー等で知識を補充しておりますが、一般的には司法書士=登記の専門家という認識が強いのか、時々ですが、法律相談は弁護士さんにしますとおっしゃる方がいます。
従来の司法書士は、言われるがままに登記手続きだけを行っており、それでも良かったのでしょうが、これからは司法書士も、実態を把握し、的確に登記申請を行ったり、また直接登記に関わらない分野であっても、様々な法的問題にもお答えしていかなければなりません。

もちろん、すべてのご質問にお答えできるわけではございませんので、そういったご判断のもと、他の事務所を尋ねて行かれるのはお客様の選択の自由です。

そこで、客観的に自身をアピールできるものはないかとおもっていたところ、東京商工会議所が主催している「ビジネス法務検定」を目にし、受験をしてみることにしました。

このビジネス法務検定は、主に企業の法務部門に所属する方が受験をされるケースが多いらしく、3級から1級までレベル別に分かれています。

3級は、初歩のレベルで日常業務で最低レベルの法律知識を持っておきましょうというもの、2級はもうワンランク上で、弁護士等の外部専門家に適切に状況を伝えられるレベル、そして1級は外部専門家と対等にディスカッション出来るレベルという感じです。

ちなみに、いきなり1級を受験することは出来ず、2級合格者のみが1級を受験できることになっています。

3級は、問題集を見るとほぼすべてわかりそうな問題だったので、2級にチャレンジしてみることにしました。

しかし・・・、2級といっても日々実務で対応していない分野の問題はこれが結構むずかしい。
全く歯が立たないというレベルではもちろんありませんが、ちゃんと対策をとらないとよもやの事態もあるな、と感じました。

さて、自分の知識を整理して、新しい知識も入れて、目指せ1級合格!!


司法書士 井原哲也さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ