長野市で活動中の電波ニューハーフ(タロット占い師・レイキマスター)☆ひばり☆です。




「新年特別鑑定のご案内」

今月末までの受付になっていますので、ご希望の方はぜひご連絡くださいませ。


特別鑑定のご案内はコチラ (←クリック)



先日の記事 (←クリック)をアップした後で思ったことを、追記します。


後半部分の、待ち合わせの場所も時間も決まっているのに、やたらに電話をする人は「結局、相手を信用していない」ってことなのかな???



ドタキャンされるのではないか?

遅刻してくるのではないか?


そんな心配をしているのかもしれないね。



きっと、この人たちの言い分は


「信用できないような相手なんだもん!

連絡されるのが嫌だったら、信用される人間になってみろ!」


と、相手に問題があると考えているのだろうけど…


逆だよ!逆!


「なんで、そんな信用できない人と、待ち合わせなんかするの?!」


と、聞いてみたい。


まあ、それでも友達だし(あるいは恋人)、その人のことが好きで、会いたいからだよね?



結局、「そんな相手でも、好き!会いたい!」わけだから、相手に問題があるのではなく、自分に問題があるのだよ?



あなたが好きな、その相手は「遅刻する(可能性がある)人間」なわけだから…


残念だけど、その人が好きなら、遅刻グセも含めて、その人を受け入れるしかない。


遅刻する可能性があると思うなら、最初から待つつもりでいれば良い。



本を持っていって、来るまで読んでいればいい。


「近くまで来たら連絡ちょうだい」と連絡をして、ブラブラ散歩していればいい。



でも、それができない理由は…損したくないから!でしょ?


待っている時間が、勿体無い。

なんで、遅刻するようなヤツのために、時間を無駄にしなくちゃいけないの?


本なんてバッグに入れたら、荷物になる。

なんで、遅刻するようなヤツのために、荷物増やして労力使わなきゃいけないの?


と、そんなとこ。



時間より早く着いたからといって、連絡をして相手を急かすのも、結局「時間が勿体無い」からだと思うしね。



だから、自ら進んで損してみたらどう?

その人のことが、好きだったらね。



と、でもやっぱり、今まで「損したくない!」で生きてきたのに、いきなり変わることは、難しいと思うので…


とりあえず携帯電話の存在を忘れてみろ!って、私は思うのね。


誰かと約束をするときには「もし、携帯電話がなかったら?」と考えて決めるようにすればいいの。


相手に「連絡しようかな?」と思った時には、


もし、携帯電話がこの世に存在しなくても、私は連絡するだろうか?

公衆電話に走ってまで、連絡するだろうか?

家族がくつろいでいるリビングにある、固定電話からでも連絡するだろうか?


って、考えてみて。


そうやって考えたら、自分がいかに、携帯電話の便利さを当たり前のこととして、頼り切っていたかがわかってくると思う。


そして、その感謝のなさから、周囲をどれだけコントロールしようとしていたか?がわかってくると思う。


っていうか、「自分が損をしたくない」という気持ちが強すぎて、周囲に損させていたことに、気付けるかもしれない。



実際に、携帯電話があることって、当たり前ではないのだよ?


それは、携帯電話を発明した人の偉大さとか、そんな話ではないよ?(笑)


今のこの時代だって、電波が届かないことだってある。

携帯電話が故障していることもある。

バッテリー切れだって、ある。

どこかに電話を置き忘れて、探している時だってある。


そう考えたら、「携帯があるんだから、連絡ぐらいできるでしょ?」が、本当は当たり前ではないと思えません?


それに気付けば、今、誰かに対して感じている不満は、うんと軽減されると思う。



例によってGirls Talkという、アメーバのアプリの話ですが(笑)


「皆さんは、どう思いますか?」というトピを立てた女性が、バンバン叩かれていました(笑)


その女性は子連れのママさんらしいのだが、年末、子供たちを連れてディズニー・シーに行ったのだと。


どこか遠方からはるばる、徹夜で行ったそうです。


現地で、地元近くの友人ママさんと落ち合って、子連れ同士で仲良く来園。


が、徹夜で向かってきた上に、子連れだし、一日遊びまくって、夜になってヘトヘトになったと。

無理もないこと。

大変だったねぇ~、って、私も思ったけど、この時点で、計画性のなさを感じなくはない(笑)


子連れなのに徹夜して、そのまま年末で混みまくっているテーマ・パークで丸一日遊ぶって、どう考えても無理でしょぉ~。


まあ、それはともかくだ。


子供たちが、離れた場所で売っているポップコーンを食べたいとか、言い出したんだと。


友人ママさんは、すぐにそこへ向かおうとしたのだけど、疲れ切っていたので「うちの子たちの分も買ってきてほしい」とお願いして、その場で待つことにしたそうだ。


友人ママさんは、快く引き受けてくれたそうなのだけど、なかなか戻ってこなかったと。

(ただでさえ、離れた場所まで行っているのだし、混み合っているのだから、当たり前)


そうこうしているうちに、パレードがはじまったそうで、自分たちはパレードを一番楽しみに来ていたとかで、子供は「見たい~」と泣き出した。


「パレードを見てきてもいいか?」と連絡をしようと、友人ママさんに連絡をすると、相手がバッテリー切れだったようで、連絡がとれず。


子供が泣いて仕方ないので、連絡が取れないまま、その場を離れてパレードを見に行ったと。


そしたら、まぐれで一瞬、相手のママさんの携帯が復活したようで、とりあえず連絡がとれて再び落ち合えたそうなのだが…


相手のママさん、超不機嫌。


とりあえず謝罪しまくったが、気まずいまま、その日はお別れ。


で、このトピの「皆さん、どう思いますか?」の質問は


「どうやったら、相手のママさんに許してもらえるでしょうか?」


ではなく


「はぐれる可能性だってあるのに、バッテリー切れとかあり得ない!

しかも、こっちは平謝りに謝っているのに、向こうはバッテリー切れに対する謝罪が一切なかった!」


という「皆さんどう思いますか?」だったのだね(笑)


どんだけ携帯に頼り切ってるんだよ!


って話。


バッテリー切れになることだって、あるだろうよ?という、他の人のコメントは、華麗にスルー。


「私たちが、パレードを一番楽しみにしていたことは、相手も知っていたのに!」


とか、とにかくバッテリーの心配をしないことが、現代人としてあり得ないという主張。


「危機管理がなってない!」


と言いたげだけだどもね…


危機管理がなっていないのは、お前だよ!


って、話。


万が一はぐれた時に集合する場所を、前もって打ち合わせしていなかったこと。

特に、そんなにパレードが楽しみだったのなら、ポップコーンをお願いした時点で「パレード見ながら待ってるね」と約束して、場所取りしてあげる体を作っておけば、良かったのにね。


「携帯があるから、大丈夫」


と、携帯電話に頼り切って、万が一の対策を一切しなかったから、こんなことになったわけだ。


友人ママさんには、私は一切の否がないのだと思う。


パレードを楽しみにしていたの、知っていたでしょ?と言っているけど、そんな自分じゃない人が「どの程度、楽しみにしていたか?」なんて、知らねーよ!って思われて当然。


パレードもどうでも良くなっちゃったくらい疲れているから、人をパシりに使ったのかな?って思ったのだと思う。


「察してくれるでしょ?」という期待を手放すこと。

携帯電話なんて、最初からないものとして計画をたてること。


それだけで、友情にひびが入ることはなかったと思うのねぇ~。




でね、この話は待ち合わせ云々の他にも言えることでね。

恋愛や友情でのトラブルのほとんどが、携帯電話が原因だと思うのね。


だから「一旦、携帯電話の存在を忘れる!」と良いのだよ。


携帯電話なんてないものだと思えば、彼から毎日連絡がなくても、あんまり気にならないものだからね。



読んでくれて、ありがとう(*^▽^*)




鑑定に関するお問い合わせ
jade-crystal5151◎hotmail.co.jp
(上記アドレス「◎」を「@(アットマーク)」に変えて、送信してください)




鑑定に関しては、以下の記事をご覧になって、お問合せください↓


対面セッションとヒーリングのご案内

(←クリック)


遠隔ヒーリングについて (←クリック)

(メール鑑定は、4月いっぱいで終了します)



【女性限定セッション】

美しさを手に入れ、愛される女性になりたい。

努力せずに、全てを手に入れる女性になりたい。

占い依存を克服して、最善の選択を自分でできる女性になりたい。


そんなあなたにお勧めのセッション。

詳しくはこちら↓


美女セッション (←クリック)



☆臼井レイキ・アチューメント(伝授)

レイキ・ヒーリングは、あなたにもできます!


詳しくは、こちら(クリック→)臼井レイキ・アチューメント(伝授)