何故出ないのだろう? | 懐かしのぱちすろ名機列伝xxΣ
June 26, 2008

何故出ないのだろう?

テーマ:・回想記
5号機になって数多くの機種が登場していますが、未だにホールで人気があるのは昔ながらの
完全告知マシンのようです。

その光景を見る度に不思議でならないのが、「何故あの告知マシンの後継が出ないのだろう」と
いう素朴な疑問・・・というか願望です。



かつて、自分を魅了したあの告知・・・それは完全次ゲーム告知システムとでも言うのでしょうか?


そんなのあったっけ?と思われる方も結構いるのではと思いますがそれも無理はありません。
何故ならば、これを搭載していたのは後にも先にも1機種しかありませんから(汗


スノーキー


平和の参入第一弾として登場したスノーキー
1000機種を越える4号機の中でも自分の歴代名機ベスト3に入る台です♪

パチンコメーカーらしく演出を重視したこのゲーム性は5号機にぴったりだと思うのですが
もしかしたらその存在をメーカーは忘れてしまっているのでしょうか?


チャンス目重視の制御となっており、演出が発生すれば次のゲームで告知の可能性があります。



     

チャンス目のベースになるのは


「左」→同一小役上下段停止

「中」→同一図柄上下段停止

「右」→ボーナスorスイカ図柄角停止


となっています。


配列を見るといかにもえらそうな形で止まるのが想像できると思います。


5号機ではフラグに対応した停止パターンは1種類しか認められていませんが

これは特殊リプや小役とりこぼし、未成立小役揃いを避ける為の制御を併用

すれば、再現はそんなに難しくないと思います。


ボーナスと小役の同時成立が認められているのですから、チャンス目のパターン

は逆に4号機よりもバリエーションが出せるのではと?


元々この台はチャンス目が出たら先ずは筐体周辺のアーチランプ点灯への

演出へ発展するだけですし・・・・(アーチ全灯でリール上部のデジタル抽選が

行なわれる)


成立ゲームでもデジタルが揃えばボーナスは確定なのですが、ここはあえて

結果をキャンセルして次のゲームでボーナスを狙う。



はさみ打ちでテンパイすればボーナスorチャンス目の連荘、仮にテンパイ否定でも小役成立の可能性あり。

小役揃いで告知されれば狙っていない方のボーナス確定(5号機では小役よりもボーナス引き込みが優先

されるので)



5号機はチャンス目系演出を採用している機種が多いのですが、次のゲームでボーナスが否定されて

いるにも関らず、演出だけが無意味に続いて辟易したりする事ってありません?



ならば、出現度を上げても、判定が直ぐに出た方が楽しいと思うんですよ。




まぁ、中には告知されてもビッグの可能性0という哀しい

チャンス目なんかもありましたが・・・w




例えは変ですけど、出目で楽しむマジカルハロウィン という感じでしょうか?

告知の熱さを演出でお知らせして、打ち手は好みの出目でその瞬間を堪能する。



正に5号機向けの演出だと思うんですけどねぇ・・・・

ゲーム性さえ継承してくれれば名前は「ジャーキー」でも「スノーグラー」でも構いませんからw



余計なATやAR、RTを幾ら考えたところで、4号機の出玉を再現できるわけはないのですから、

5号機のスペックを利用した楽しさをとことん追及することで、パチスロの人気回復を狙うのが

結局は一番の道だと自分は考えますがどうでしょう?




■ゲームで遊ぶ

バーチャパチスロEX




hi-upさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス