ビッグ&スモールA | 懐かしのぱちすろ名機列伝xxΣ
October 26, 2007

ビッグ&スモールA

テーマ: ├   (裏物)

ミニ

【メーカー】エマ
【販売年月日】2000年7月
【タイプ】A
【特徴】ボーナス後のRTが連荘の鍵


一端は絶滅したと思われた裏物も次第に増えつつあった中、4号機は技術介入機で新たな

人気を呼ぶと共に、規制解釈の緩和により新たな時代を迎えようとしていました。


大量獲得機やCT機、RTという従来ではありえなかったゲーム性が次々と認められる事と

なり、人気に拍車をかける事となります。


その流れはやがてAT機、ST機へと繋がるわけですが、この急激な変化により裏物は非常に

苦しい立場に置かれる事となります。


ノーマル4号機が裏物より過激なスペックになってしまった為です。


連荘や大量出玉が(一応黙認の形で)合法化されてしまったのですから、それまでの裏物は

たまったものではありませんよねw


そんな過渡期とも言える時期に登場したこの台は、本来のゲーム性を上手く利用した・・というか

無視するような感じで連荘性を生み出しています。





元々ボーナス後に100GのRTが採用されているのですが、バージョンによってこれを

利用したり、無視したりと中々バラエティに溢れていましたねw


・RT突入で連荘確定

・RT無関係

・RT中のボーナスで連荘確定

・上記の複合


と、打つお店によって仕様が微妙に異なっている印象がありました(単に設定の問題なの

かも知れませんが・・・)


ノーマルのゲーム性もリール枠にドットが配置されており、このランプによって小役ナビや

チャンス演出が発生する等、なかなか工夫が凝らされていたのですが、折角のアイディアも

連荘によってほとんど無意味になっていたのが惜しまれます。


サブ基板が登場した事によって、裏物作成の手間が増えたのか、以後はプログラムが単純な

沖スロやROMのセキュリティを突破した機種がそのターゲットとなりはじめました。


特にアルゼや山佐といったそれまで裏と無縁の位置にあったメーカーの人気機種が(一部の

地域で)裏物化するようになったのは驚きでしたね。


チェリー付リ-チ目が突然出現するニューパルサーとか、不発フラッシュでリーチ目が止まる

花火とか・・・



*画像はasutarasuさん からお借りしています

hi-upさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。