エメラージュ | 懐かしのぱちすろ名機列伝xxΣ
September 15, 2007

エメラージュ

テーマ: *お蔵入り

【メーカー】アルゼ
【販売年月日】1998年10月
【タイプ】A400
【特徴】7ライン機


技術介入機の成功で業界トップに躍り出たアルゼはグループ開発力を駆使して次々と

新機軸のマシンを登場させていました。


更には大手ホールへの優遇措置とも言える先行導入制度や、レンタル方式による入れ

替え費用の軽減化を謳い文句に、ホールでの設置シェアの確保に乗り出す等、他社の

追随を許さない積極的な販売戦略を繰り出すようになりました。


しかしながら、これらの措置は契約していないお店との差別化を図る意味からも常時新

機種を導入させる必要が生まれます。いかにアルゼグループと言えども登場させる機種

が毎回ヒットするとは限らず、これらのホールにはレア(先行導入のみで正式販売見送り)

な機種が数多く設置されました。


当時の契約内容がどうなっていたのかはわかりませんが、打ち手側から見た印象としては


新機種→先行店導入→人気機種は正式販売(不人気機種はここでお蔵入りorレンタル専用)


という販売実験的な意味合いが強かったような気がします。


当時は専門誌もアルゼ機種の掲載比率が他機種とは抜きん出ていましたので、このような

実験機種でもかなりのページを費やしていたんえすよねぇ・・・


そのお陰で今頃になって画像が見つかったりしたわけですが、物の見事に印象に残っていません。


アルゼ独特の右リールぶち抜き7ライン機なのですが、盤面全体のイメージがゴールド筐体&

ブラックリールと言う事で、大ゴケした「G」シリーズを継承していた為でしょうか?


まぁ、この頃はどんな機種でもアルゼブランドがあればそこそこ販売できたとは思うのですが、

それでも正式に出さなかったのは「他に売る機械がいくらでもあった」からなのか「先行店での

評価があまりにもあれだったので自粛した」のか「その他の事情」があったのかは、今となって

は全てが謎なわけですが・・・・w

hi-upさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス