ゴーゴージャグラーSP | 懐かしのぱちすろ名機列伝xxΣ
August 02, 2007

ゴーゴージャグラーSP

テーマ: ├告知主流機

【メーカー】北電子
【販売年月日】2001年4月1日
【タイプ】A
【特徴】ジャグラーの筐体変更バージョン



ジャグラーの新筐体バージョン。

基本的なゲーム性は初代ジャグラーをそのまま継承し、筐体変更に伴いマックスベット

ワイドリール・ボーナス中のゲーム数表示が追加されより遊び易いマシンとなっています。


但しこの時代、それまで不可能と思われていた4号機のセキュリティが突破され、裏物が

続々登場するようになっていました。主にマイナーメーカーや高砂系の機種がターゲット

となったのですが、次第に人気機種であるニューパルサーやジャグラーにも一部の地域で

裏物が蔓延するようになりました。



ホールでの主力機種が技術介入機や大量獲得機等の新基準機へシフトし始めた為、初心

者向けで設置台数の多いマシンが狙われたのです。


裏物はやがて沖スロが中心となった為、一時的なものではあったのですが、ジャグラーシリ

ーズで唯一局地的に裏物化されたのがこのSPでした。


但し、ジャグラーはこの頃には既に安定した人気がありましたので、ノーマルでも充分な稼動が

ありました。裏物にされた地域でさえノーマルに戻った後でも人気が衰えないという不思議な

現象が見受けられた位ですから・・・・


只個人的な感想なんですが、ジャグラーの人気は地域差がかなりあったような印象があります。

実はこの頃は結構全国を渡り歩いていたのです。関西ではジャグラーはあくまでも数多く存在

する4号機の中の1機種というイメージしかありませんでした。


告知機としてはベルコや岡崎なんかの設置が多かった為か、ジャグラーの設置自体をあまり

見かけなかったのです。


所が、北海道・博多・名古屋辺りは設置の半分位がジャグラー系で占められているお店も

珍しくありませんでした。これは実際にホールで見た時にカルチャーショックを受けましたねw



ちなみにGOジャグの裏バージョンは札幌と新潟で実際に打ちました。

札幌のは爆裂連荘タイプで最高ビッグ回数がどの台も60~80回位を記録してました。

怖くなってすぐ止めたのですが、確かはまりも青天井だったような・・・


新潟はそれとは違うタイプだったようでして、何と言っても最大の特徴はビッグ中に「GOGO」

ランプが点灯するのです(1G連確定)


又、通常時でも小役揃いでランプ点灯したりと非常に魅力溢れるゲーム性になっていましたw

hi-upさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。