キングオブカリブ | 懐かしのぱちすろ名機列伝xxΣ
June 10, 2007

キングオブカリブ

テーマ:■4号機

【メーカー】ユニバーサル販売
【販売年月日】1994年12月
【タイプ】BC
【特徴】集中搭載機


2号機から認められるようになったシングルボーナスの集中と、B・Cタイプ。


集中機能はその出玉性能が問題化され3号機で早くも規制がかかり(パンク確率のアップ)4号機では

更に条件が厳しくなり、その本来の魅力を失ってしまいました。


又、あらゆる面でAタイプよりも魅力が落ちるBタイプというものは、ジャンルこそ存在していたものの

実際に登場したのは4号機からとなっています。これはメーカー毎の認可台数の制限が緩和された事で

市場のニーズを探る為の実験的な意味合いも強かったような気がします。


ニューパルサーの大ヒットにより、4号機は大量リーチ目を採用したゲーム性を重視したものが主流とな

りつつあったのですが、それでもこの頃はまだ大量出玉にこだわっているメーカー(裏物時代のユーザー

のニーズもありましたが・・)の方が多く、様々な模索が繰り返されています。


しかしながら、それらはいずれもニューパルサーという巨大な壁によってことごとく姿を消してしまいました。


この台も登場時こそ話題になったものの、実際の導入状況や稼動は決して芳しいとは言えず、比較的入れ

替えの少なかった時代にも関らず設置店を見つけるのに結構苦労した印象が残っています。


確かに集中の突入確率自体は従来機よりもアップしてはいるものの、それが実際に体感できるレベルでは

なかった事と、折角突入しても「いつまで続くのだろう」というワクワク感よりも「いつパンクするのだろう」という

ドキドキ感の方が強かった為でしょうかね。


4号機はここから技術介入機という時代へ突入するわけですが、この頃になるとB/Cタイプ搭載の機種と

いうのは見事に姿を消した事からも、やはりスペック的に無理があったのかも知れません。


といってもそれはあくまでも完全確率での場合でして、ATやSTの付加で出玉性能を補う事で数多くのヒット

機種が生み出されていますが・・・・



ちなみにこの台、兄弟機でハリケーンも登場しています。


【メーカー】ユニバーサル販売
【販売年月日】1995年3月
【タイプ】BCタイプ
【特徴】中身はキンカリと同一


キングオブカリブが思ったほど売れなかったので全体的なデザインをコンチネンタルに変更

したのでしょうか?でもどうせ真似るのなら集中搭載機なんだからⅢの方にすればよかったのに・・・


残念ながらこちらは更に姿を見ませんでした・・というか実機を見た事がありませんでした。

hi-upさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス