クラブロデオT | 懐かしのぱちすろ名機列伝xxΣ
May 13, 2007

クラブロデオT

テーマ: ├    AT機

【メーカー】ロデオ
【販売年月日】2002年10月15日
【タイプ】AC-AT
【特徴】内部的に頻繁に突入する集中がAT出玉に影響


サミー傘下になり、ロデオと社名変更したバークレストは完成度の高いタイアップマシンでヒット機種を

連発し、一躍人気メーカーに躍り出ました。


販売元である、フィールズの戦略の上手さもあり登場前からCM等で事前アピールする事で打ち手の

興味を引いていたのです。


この台は機種名でも分かる通り、ロデオの技術を総結集した新スペックマシンとして注目度の高かった

マシンでした。何故なら・・・


ロデオの名前は伊達じゃない!


このキャッチコピーが登場前から広告やCMでも頻繁に流れていたのです。

確かに内部的な仕組みは複雑かつ斬新なものでした。


AT機でありながら、実は内部的にはACタイプであり、この集中突入率とパンク確率が非常に高いもの

となっているのです。この頻繁に発生する集中とサブ基盤で管理されているATが複雑に絡み合って

従来機種とは一味違った出玉感覚を実現していたというわけです。


集中役自体は押し順の概念がある為、通常時でもそこそこに成立しています。

この時にATに当選すると、コインが微増するRM(レイブモード)となります。内部的に集中ならばSRM

(スーパーレイブモード)でコインがガンガン増えます。


この状況が、表面的にはRMとSRMを行ったり来たりしているように見えるわけですね。


肝心のAT自体はナビの回数で管理されており、集中当選次第でダラダラ増えたり、一気に増えたりと

様々な展開となるわけです。


ところがあまりにも複雑なシステム上、バグ回避のプログラムが非常に厳しいものとなっており、特に

押し順ミスのペナルティは打ち手のうっかりでは許されない非情なものとなっていました。


元々シングルボーナス自体も6択となっているのですが、ペナルティで揃った場合にはこのナビが全く

発生しません。同様にペナルティ中に揃ったボーナスの場合もジャックゲームのナビが一切発生しな

くなっているのです。それだけでなくAT抽選契機の高確率状態への切り替えも無効になる等、何も

そこまでしなくても・・・と思わず唸ってしまう仕組みとなっていました。



しかし、この頃からスペックの情報は専門誌の解析よりもネットでの口コミが先行するようになっていました。

この台も登場直後から内部的な仕組みは露見しており、ナビを一切無視した逆押しをする事で、実際には

成立していないビッグを強制的に揃える事が可能という噂が、誠しなやかに流れていました。


目押し難易度が高かった為か実際にはあまり広まらなかったようですが、本当に可能だったみたいですね。

成功した所で、ほとんど増えない上にATに一切突入しなくなるので、効果の程は微妙なわけですが・・・



攻略の噂が先行した為か、設置も稼動も今一つで終わってしまった印象がありますが、結局この台って何だっ

たんでしょうかねぇ・・・??

hi-upさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。