ビガー | 懐かしのぱちすろ名機列伝xxΣ
February 20, 2007

ビガー

テーマ: ├   (裏物)

ミニ

【メーカー】パル工業
【販売年月日】1995年3月
【タイプ】A
【特徴】チェリー出現がボーナスの前兆(詳しい解析情報 )*の~さん のコンテンツです



4号機が登場した際、思ったほど人気が出なかったのは爆裂裏物3号機で感覚がマヒしていた

事もありますが、従来とはあまりに違うゲーム性に戸惑う人が多かった事も原因ではないでしょうか?


新たに導入された「リプレイ」は遊戯のリズムを何度も戸惑わす非常にやっかいなものでしかありま

せんでしたし、規制が変更されたお陰で、「ボーナスと小役の同時成立」は認められなくなっています。


その為、(見逃しがなければ)左にチェリーが出現した時点でそのプレイでのボーナスの可能性は0と

なってしまうのです。初期に自分がニューパルをあまり打たなかったのは、このボーナス否定のチェリー

出現率が非常に高かった事が最大の理由でした。



しかし、コロンブスの卵的発想とでもいうのでしょうか?この邪魔でしかなかったフラグを激アツ目に昇格

させたのがパル工業だったのです。ペガサスワープではリプレイの連荘がボーナスの前兆となり、この

ビガーではチェリー出現でボーナス期待度が大きくアップするようになっていました。


勿論、これらは完全確率のノーマル機では演出不可能なわけですが、この頃から「裏かな?」という半信

半疑なものではなく、「明らかに裏」というゲーム性を搭載した機種が登場するようになったのです。


ビガ-の場合、チェリーの連続がボーナスの前兆となってはいたものの、これらは解除役ではなくあくまで

も前兆として出現するものでした。又、ガセチェリーも結構な頻度で出現する為、チェリーが出現するだけで

数ゲームは非常に熱くなる事が出来ました♪


又、裏物らしく天井も存在した為、大体1000Gを越えて出現したチェリーはほぼ前兆になるという嬉しいおま

けもついています。前兆チェリーはある程度ゲーム数によって期待度が高まるポイントが存在、ゾーンを狙っ

て立ち回るというハイエナ戦法も有効となっています。



当時は裏物としてアングラな存在してたが、これらは要するに4号機末期のストック機とほぼ同じスペックを

兼ね備えていたわけです。今更ながらにパルの開発力の凄さには驚かされるばかりです・・・・



というよりは、ST機が認められて各メーカーが手本にした・・・というのが正解なのでしょうか?



■動画:777成立時



■おまけ動画

チェリ連からの大当り

nobさんのブログ から転載しています

hi-upさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス