リズムボーイズ | 懐かしのぱちすろ名機列伝xxΣ
January 06, 2007

リズムボーイズ

テーマ: ├   (裏物)

ミニ

【メーカー】大東音響
【販売年月日】1998年5月
【タイプ】A
【特徴】時期によって異なる連荘システムを持った裏物が登場


4号機初期は主にパル工業の機種が裏物に改造されてホールに設置されていました。

最終的にはメーカー関与も発覚し、パル工業の解散という結末を迎えたのですが、裏物

問題がこれで解決した・・・というわけではありませんでした。



皮肉な事に技術介入機の登場によって、パチスロ人気が高まると、そういう複雑なシステム

に対応出来ない従来の客層にも、手軽に連荘や大量出玉を味わってもらう為の「受け皿的

要素」として需要が高まってしまったのです。


しかも、それまでセキュリティ面で鉄壁を誇っていた(と思われていた)高砂系列のマシンが

裏物の対象となった為、そのシェアの伸びは凄まじいものがありました。


基本的にこの頃登場していた高砂、大東のマシンは殆どが裏物だったような気がします。


そんな中、裏物の先陣を切ったキングガルフ と共に根強い人気を誇ったのがこのリズムボ

ーイズでした。ゲーム性は単純明快な「完全告知マシン」でありながら、リプレイの連荘を前

兆とした上乗せタイプで人気を誇りました。


この台は地域によって異なるゲーム性を持った裏物が登場しただけでなく、人気が高まると

共に次第に連荘性がエスカレートした事でも知られています。



又、大手メーカーのマシンが裏物化した事により、準大手やマイナーメーカーのマシンも次々

と変貌を遂げるようになりました。但し、3号機時代とは異なり人気のメインは技術介入機であり

ノーマルマシンと裏物が上手く共存を果たしていたような気がします。

hi-upさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス