ナイツ | 懐かしのぱちすろ名機列伝xxΣ
October 31, 2006

ナイツ

テーマ: ├ 新基準機

【メーカー】山佐
【販売年月日】2001年2月11日
【タイプ】B
【特徴】メーカー自称「Yタイプ」


新基準機の規制を(当時)最大限に活かして、それまで全くなかった異色のスペックとして

登場したのがこのナイツでした。


ジャックインは1回しかないものの、設定1でもビッグ確率は199分の1と破格の数値となっ

ています。ビッグ中のメイン小役は左にボーナス図柄を狙い分ける3択となっており、これを

ナビするハイパービッグと自力で当てるノーマルビッグがあり、獲得枚数は従来のAタイプの

BRと非常に似通っています。


ジャックインは持ち越しがある為、ビッグがハイパーに偏れば一気の出玉が見込める変わり

に、ノーマルが続くと撃沈する事も珍しくありませんでした。


このビッグの振分けは単純に揃えた時の振分けだけでなく、ハイパーが確定するゾーンが

存在した事がこの台の最大の特徴でした。


通常時にスイカが成立するとリール右側のランプが点灯します。このランプが点灯している

間にビッグを引くと100%ハイパービッグとなるのです。更にハイパービッグ後はランプ点灯

状態からスタートする為、一旦ハイパーのループに突入すると従来機ではありえなかった、

一撃性が期待できたのです。


山佐が「Yタイプ」と宣伝していた為に、そういうスペックが存在すると思っていた人も結構

いたようですが、実際には単なるBタイプですw


ハイパーゾーンはサブ基盤管理によるもので、内部的には3つのモードが存在します。

通常時のスイカ揃いから突入するのはBゾーンで、これは10G固定されるものの、以後は

ランプ小役が成立すると4分の1でCゾーンへ移行します。


Cゾーンはランプ小役の2分の1で通常へ戻るものの4分の1でBゾーンへ復帰します。


ハイパービッグ後はAゾーンからスタートするのですが、これは50G固定で以後はランプ

小役の3分の2でBゾーンへ移行します。


それぞれのモードはランプの点灯パターンで把握できるだけでなく、小役が揃った時の

バックランプの色でも移行がチェックできるようになっていました。




ハイパーゾーン中のビッグは当然ハイパー確定ですが、通常モードからでもハイパーの

振分けがあったので、先ずこれを引かない事には話しになりませんでした。


登場初期はそのビッグ確率から甘すぎて使えないのでは?と噂されたのですが、実際に

はBRの偏りが激しいA400タイプと同じものでしたから、思った程人気は出ませんでした。

(設定6の破壊力は別格ですが・・・)



それ以前に個人的にはハイパーゾーンの存在で止め時を見失う事が結構あったのが嫌で

したね。ボーナスが確定しているわけではないのに、ランプが点灯している為、ずるずると打

ち続ける事を強制させられるのが辛かったのです。


止めようと思ったらスイカが揃ってコインを減らす・・・みたいな遠隔でもされてるのか?と思う

ような展開がしばしばあったんですよw


出目とか演出は山佐らしいこだわりがあったのですが(何気に初のバウンドストップ採用機で

もあります)たまに訪れる信じられないクソはまりのお陰であまりいい思い出がないのも原因

でしょうか?



自分が打ったわけではないのですが、2000はまりを目撃した事があるのでそれがトラウマに

なっているのかもしれませんが・・・


そういえば、ビッグ成立後のベットボタンを押すタイミングでハイパーが狙えるという噂が広まり

ましたが、真実の程はどうだったんでしょうかね?




■ゲームで遊ぶ

山佐Digiセレクション

Amazon.co.jp

hi-upさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。