・BC20000 | 懐かしのぱちすろ名機列伝xxΣ
April 29, 2006

・BC20000

テーマ:■4号機

BC20000

【メーカー】サミー
【販売年月日】1997年7月
【タイプ】B-C
【特徴】ビッグ確率を極限まで下げて集中に特化


サミーの機種の魅力といえば、一発逆転の集中役。


2号機アラジンでその地位を不動のものにしたものの、以後集中役は規制により

スペックダウンを余儀なくされました。必然的に売りをなくしたサミーは低迷を続ける

事になるわけですが、それでもメーカーの意地なのかこだわりなのか、集中搭載機を

コンスタントに登場させています。


集中役の終了条件は「ビッグに当選・パンク抽選に当選」なんですが、3号機以降は

このパンク確率が最大でも300分の1となっています。これは規定なんでどうしようも

ありませんが・・・・



サミ-はもう一つのパンク条件に注目しました。



ビッグ確率を下げる事により、必然的に合成のパンク確率は2号機のそれとほぼ同じ

になる。コロンブスの卵的発想で登場したのがこのBC20000というわけです。



設定1~5で2480分の1(6は2048分の1)というビッグ確率はあくまでも集中を最大

限に活かす為のアイディアなのです。


集中突入は告知ランプが点灯する為、アラジン程のドキドキ感はないのですが一発逆転

という期待感は当時最強だったのではないでしょうか?



「マンモスラッキー」という集中役は何か時代を感じさせるものがありますがw



BC20000の由来は「2万台売れて欲しい」という願望を込めてつけられたそうです。

今ではギネスに申請する程のヒット機種を生み出したり、新台はあっという間に数万台が

売れるというメーカーの勢いからはちょっと信じられない事なんですが・・・





■ゲームで遊ぶ

実戦パチスロ必勝法!サミーレヴォリューション
Amazon.co.jp


その他ウルトラマン倶楽部3、マツリ、テキーラ、ホンテッドパーティ2が

収録されています。この頃は複数の機種をまとめてソフト化するのが

主流でしたから、ドサクサに紛れてゲーム化された感じですねw

只、出来自体はそんなに悪くありません。

hi-upさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス