・バーサス | 懐かしのぱちすろ名機列伝xxΣ
March 31, 2006

・バーサス

テーマ: ├技術介入機

バーサス

【メーカー】アルゼ
【販売年月日】1998年6月
【タイプ】A
【特徴】予告・フラッシュを採用した技術介入機


4号機編もST期まで駆け足ですが一通り紹介が終わりました。


ここから先は現在も設置が残っている機種がほとんどなので、個人的にレトロ・・という

感覚はありません。従って、最初の紹介から漏れた明記を再びピックアップして行きたいと

思います。


サンダーによって予告演出という新たなるゲーム性を取り入れたアルゼは、当時主力だった

技術介入機にも早速その斬新なアイディアを取り入れています。


挟み打ち小役狙いによって、小役orボーナスの停止系を中心としたそのリール制御は正に

アルゼマシンの代名詞だったと言えるのではないでしょうか?


バーサスはサンダーの進化形であり、尚且つ花火の原型という橋渡し的な役割を果たしてい

たのですが、機種そのものも充分名機と呼ぶにふさわしい完成度を誇っていました。



ビッグ中の小役確率に設定差があったのですが、3枚掛けよりも1・2枚掛けの方がその差が

顕著に現われ、「ビッグ中の1・2枚掛けで設定5・6の判別」「ビッグ後の手持ち判別で3以上の

判別」という2段構えのチェック方法が存在し、イベントなんかでは重宝させていただきました♪


確か当時の専門誌ではこのビッグ中判別は「不合格時のコインロスが大きいのでお勧めできない」

という記述があったのですが、イベントなんかではビッグ後即止めができるのですから、時間効率を

考えたら絶対お勧めだったと、俺は今でも思っています。



■ゲームで遊ぶ

パチスロ アルゼ王国3

¥6,090Amazon.co.jp

hi-upさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス